カテゴリ:思うこと( 18 )

お知らせ♪ 〜新しいことを始めました。

9月に入ってブログをお休みしつつ、何をしようかとぼんやり考えていた矢先のこと。
ふと、”自分のHP風のブログを作ってみよう!”と思い立ちました。

今の自分に出来ること、学びたいこと、いつかは。。。と思っていたことのエッセンスが、バランス良く入っていることにように思えてきたのです。

PC音痴の私には、新しく来たばかりのi Macの操作もままならないというのに、ちょっとチャレンジ過ぎかな〜とも思いましたが、いざ始めてみると、HP製作の方は結構楽しくて、しばらく没頭してしまいました。
どうにかこうにかフォームだけは整ったので、とりあえず公開に至りました。

新ブログでは、マレーシア滞在に興味のある方向けに、自分のライフスタイルや情報を発信出来ればと思っています。
完全に趣味の世界なので、偏りや未熟さや伝えきれない部分も多いのですが。。。


当初は、全く別のフィールドでやっていくことも考えたのですが、ブログ休止中もたくさんの方にご訪問いただいたり、マレーシアにまつわる記事を読んでいただいたようでしたので、ご報告をさせていただくことにしました。

かつて一度記事にしたようなテーマでも、再度発信しようと思うと、また新鮮な気持ちになりますね。
もっと上手になりたいと思っていた写真についても、公開の場が増えることで、励みになる気がします。

これから少しずつ記事を増やしていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします♪
エキサイトで繋がることの出来た方々も、よろしければ、時々ご訪問していただけると嬉しいです。❤️




f0339434_12080512.jpg
 
新サイト



                 KLダイアリー マレーシア ロングステイ

[PR]
by JKJasmine | 2016-09-21 07:09 | 思うこと | Comments(10)

ベースはKL パーツは日本

日本からの一時帰国から戻っても、たいてい1~2週間は、心の一部が日本にあるような感覚のまま過ごすことになります。
日本やマレーシアの様々な場面が、頭の中でごちゃごちゃになったりして、落ち着くまでに一定の期間が必要なのです。
そうして、ちょうどお土産に持ち帰ったスイーツやおつまみがなくなる頃までには、気持ちがすっかり切り替わっているように思います。



f0339434_19465386.jpg



さて、現地の生活に馴染んで来ている反面、どうしても、当初のような新鮮さは薄れて行くものです。
最近実感するのは、よほど若い人やチャレンジャーでもない限り、現地に溶け込むという事は現実には難しいということ。
さらに、時間が経つにつれ、慣れ親しんだ日本的な元の暮らしに引き戻されて行く面もあるということ。

もちろん、個人差はあるのでしょうが、我が家の場合は、だんだんとそうなって来ました。
今ではお米は全て日本から持ち込み、日用品や調味料も、こだわりのあるものは日本で調達し、食品も味覚に合わない場合は、海外からの輸入品を購入しています。
スイーツも好みのものが少ないのであまり買わないし、マレー料理はほとんど食べない。
甘~い飲み物が苦手なので、利用するのはスタバなど日本のカフェに近いようなお店ばかり。
と、こんな感じです。
(タイ料理は大好きで、毎週ように通いますが。笑)

周囲を見ていて思いますが、自分達のみならず、先進国からの人の多くは、自国同様のスタンダートを求めがちなのかも。
生まれ育った環境を変えることは、そう簡単な事ではありません。

助かることには、KLの中心部や外国人が多く暮らす地域はコスモポリタンな雰囲気で、それぞれのニーズにもそれなりに応えてくれる環境がありますし、誰にも干渉されず自分達のスタイルを守って行ける自由があります。
だから、おそらく我が家もやっていけるのだと思います。

f0339434_20200414.jpg



ベースはKL、パーツは日本。
今の我が家の生活はそんな感じなのですが、今後は、この割合や内容は、次第に変わって行くのかも知れません。
年齢と共に、ライフスタイルの変化と共に。

海外生活では、あまりムリをしないのが大切なことだと思うので、たとえば一時帰国のあり方にしても、色々変えてみても良いかなと思っています。
今迄は、夏休みと年末年始のお休みを利用した里帰りばかりでしたが、今回のような春に関西へ旅行に行くという試みは、リフレッシュとリラックス効果をもたらしてくれたので。。。
マレーシア人が、日本旅行が大好きなのがわかる気がしましたよ。
また次回の訪問を楽しみにしながら、当分、新鮮な気持ちで過ごせそうです。



[PR]
by JKJasmine | 2016-04-19 00:00 | 思うこと

ブログ3周年


明日で、ブログ3周年です。
何度か途中で、”もう、やめようかな・・・”と思った大人のブ活(ブログ活動)。
飽きっぽい自分にハードルを課すのも良いと思いつつ、なんとか3年間は頑張ってみようと、その都度、気持ちを立て直してきました。


今年の初め頃だったかな。
そんな話を主人にしたところ、
”趣味でやっているのに、やめるとか続けるとか迷う必要があるの?”
と不思議がられ、
”どうして書きたい時だけ書くんじゃダメなの?”
と全く別の見地から聞かれてしまったら、自然と今までの迷いも薄れ、気持ちが緩んで来ました。

これで取りあえず、自分の目標は達成!
これからは、より風まかせで行こうと思います。


当初は、マレーシア移住を検討する方の参考になればとの思いからスタートしたブログですが、今では、かなり内容も変わって来てしまいました。

さらに、アメブロからエキサイトへお引越して以来、訪問して下さる方の顔ぶれも一変しました。
けれども、その一方で、ずっと読んで下さる方の存在も感じています。
嬉しいことですね♡

3年って意外に長いものだな~と思います。
この間に、ブロ友さんも多くの方がやめてしまいましたし、マレーシア在住だった方も、いつの間にか日本に帰国されたりもしました。
一方で、ネコ繋がりの方、同世代の方、若い方との繋がりなども出来たりして、楽しく国や地域を超えて訪問させて頂いています。
一見気楽に見えるブログも、続けていくことは、思いのほか根気がいるということも学びました。


相変わらず他愛もない日々のできごと、息子達のこと、時々愛猫シアンのことなどを綴っていますが、平和に暮らせることに感謝し、小さな幸せをお伝えできるようなブログになればとの思いは、今も変わらずにいます。

ふとした瞬間にこのブログを思い出し、再訪して下さる方がいてくれたなら嬉しいなぁと思いながら、これからものんびり更新していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


f0339434_23095561.jpg


さて、次の目標は、ブログのフォルダーがいっぱいになるまで。 笑
一体、あとどれくらいなのかな。
ちょっと気になるけれど、敢えて知らずにいた方が良さそうですね。


[PR]
by JKJasmine | 2016-03-19 00:00 | 思うこと | Comments(26)

5年。。。

クアラルンプールに住み、日本のテレビを観ない生活をしている私にとって、今年の3月11日は、それほど意識するものではないように思われました。
でも、ブロ友さんが次々と発信するメッセージに触れ、もうあの日から5年が経つのだということを、遠いマレーシアにいながらも、何度も思い起こすこととなりました。

外出先から家に帰り、ふと時計を見ると、ちょうど午後2時46分でした。
マレーシアと日本には一時間の時差がありますから、既に一時間遅れだったのですが、それでもデジタル時計に表示されている3/11と2:46を同じ画面で見た時は、5年前のあの日の事を思い出さずにはいられませんでした。

3・11という日には、それぞれの思いがありますね。
それを言葉にする人にとっても、敢えてしない人にとっても。。。


震災の年の夏に生まれたシアンも、もうすぐ5歳になります。
我が家は震災後の年月を、シアンとの暮らしと重ねあわせながら、様々な感情と共に、これからも過ごしていくことになると思います。



f0339434_09381262.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2016-03-11 23:19 | 思うこと

ミャンマー人の美容師さん

KLにいると、いわゆる外国人労働者と言われる人が、いかにたくさん働いているかが分かります。
危険な工事現場にはさすがに女性はいませんが、ウエイトレスなどのサービス業には、東南アジアからの出稼ぎ女性が多いですね。

また、あまり表面に出て来ないところでは、住み込みのメイドさんとして働いている人も、相当数いると思います。
ここが、実はトラブルの絶えない領域のようで、メイドさんというと、”信用していたのに被害にあった”というようなお話をよく耳にしますが、それは日本人のような”やさしい”ご家庭に多いケースかも。
劣悪な環境で働かされているメイドさん達もかなりいるようで、同じ女性として本当に胸が痛みます。



さて、私の身近なところには、ミャンマーからの美容師さんがいました。
いましたと過去形になったのも、先日美容室に行った際、めずらしく姿が見えなかったものだから、”今日はお休みなのかな~”と思っていたところに、実は辞めて国に帰ってしまったと聞いたからです。
”彼女が?どうして急に?”とにわかには信じがたい思いでした。


美容師のインターンとして働いている人には、今までもミャンマーからの女性が多かったのですが、おおむね好印象な人ばかり。
純朴でシャイで、まるで一昔前の日本人のように(?)大和撫子っぽい人が多いんです。


私が大好きだったそのミャンマー人のスタイリストさんは、中でも仕事ぶりがピカイチで、いつも、どんな時でも、一生懸命に働いているのが印象的でした。
担当してくれている間も、いっさい手を抜かないので、私が褒めたりすると驚いたような表情を見せて、”I'll do my best”と言っていました。
まだ若い彼女でしたが、母国を離れで一人暮らしのようだったので、あまりプライベートに立ち入ることは控えていました。
それでも、雑談として休日の過ごし方などを聞くと、嬉しそうにいろいろと話してくれて、”飛行機代が高いから、里帰りは出来ないの”って、言ってたっけ。
芯が強くて、決して弱音を吐かないタイプ。
真面目に働く彼女の表情には、そんな性格が滲み出ていました。




他の美容師さんに辞めた理由をきいてみたところ・・・。
どうやら、彼女にはミャンマーに残して来たまだ小さいお子さんがいたらしく、”一緒にいる時間が欲しいから帰りたい”という申し出があったそうです。

その理由を聞いたとき、私は心底納得してしまいました。
際立つほど一生懸命働いていた理由が、ようやく全てわかったような気がしたのです。
彼女には守るべき人がいたから、あんなに頑張っていたんだなぁ・・・と。

”KLで高い技術を身につけたら、将来ミャンマーで自分のお店が持てるかもね!”
という私に、”うん♪何時の日かわからないけど。”と笑って答えていた彼女。
本当は、”子供のために頑張ってるの”と言いたかったのかな。

彼女が一人でマレーシアまで働きに来た目的が、スキルを習得するためだったのか経済的な理由だったのか、今ではもう分かりません。
でも、未だ内戦の続くミャンマーに子供を残して来た彼女が、母親として下した決断は、私には十二分に理解できる気がしました。

人は生まれる国を選べず、様々な事情を背負って生きているのですね。


美容院に行くたび、当分は彼女の姿を探してしまいそうです。
もう会えないのはちょっと寂しいけれど、どうかミャンマーでお子さんとお幸せにね。。。

[PR]
by JKJasmine | 2016-03-03 00:00 | 思うこと

スマホの忘れ物

先日、KLCCのカフェにひとりで入った時のことです。
何気なく座った私のお隣にいたのは、20代の日本人のカップルでした。
日本語が耳に入って来て、初めて気づきました。

どうやら観光客のようでした。
ガイドブックをテーブルに広げ、女性の方は身体をねじり気味に座り、窓の外に見える建物についてあれこれ話をしていましたっけ。

しばらくして、そのカップルはお店を出て行きました。
読書に没頭していたので、ほとんど記憶もないうちに。

その後、ウエイターの若い男のコが、
” Excuse me. Is this your Phone?”
と、突然声をかけてきたのです。
指さす方をみると、さっきまでその日本人の女性が座っていた椅子から、ケータイのストラップを摘み上げています。
白い椅子と、白いケースに入ったスマホ。
まるで保護色のような忘れ物だったせいか、全く気付きませんでした!
おそらく、ひじ掛け部分とクッションの隙間に入ってしまっていたのかも知れません。

自分のではないと答えると、そのウエイターの男の子の表情はパッと明るくなり、たちまち、近くにいた他のもう2人のウエイターも加わり、そのスマホを囲んでなにやら話始めました。

"おそらく、この忘れ物は持ち主の元には戻らない” そんな気がしました。

先ほどの女性が気づいて戻って来ないかと、あたりを見回しましたが、その気配はなく、少しして振り返るとその男の子たちは、もう私の背後にはいませんでした。

日本では、こういう場合、お店の人が大切に保管してくれて、無事に戻って来ることがありますね。
でも、この手のエピソードは、日本に旅行したことのあるマレーシア人を通じて語り継がれている程の”伝説”。
マレーシアでは、失くしたものや忘れ物は戻って来ることはないと、ローカルの人にハッキリと言われました。
私や知人の過去の経験からも、同様です。
ましてや、スマホ・・・。emoticon-0161-phone.gif
忘れたら、きっと完全にアウト。
たとえ、日本人が見向きもしないようなどんなに安いケータイであっても、欲しい人はいくらでもいるでしょうし、流通もしているようです。


KLでは、飲食店のウエイターの多くは、外国人労働者です。
低賃金の上、その中からやりくりして、仕送りまでしていることが多い彼ら。
普段はごく普通の青年でも、月給の何倍もの最新のスマホの忘れ物に対して、日本の”常識”は通用しないと思う。
残念ながら・・・。

私がいるうちに、戻って来ないかしら・・・
と、その後は、どうにも落ち着かない私でしたが、間もなく主人からお迎えの電話が来てしまい、気になりつつも、急ぎ足でそのカフェを出ました。
”自分も気をつけなければ!”と、今一度、座っていた場所を振り返ってから。



KLCCのカフェは、東京と同様、モダンで平和な雰囲気なので、つい気が緩んでしまったのかも知れませんね。
けれども、日本を一歩出たら、どんな場所でも、ある程度の緊張感は必要だと思います。
いろいろなバックグラウンドの人がいることに気づいて配慮し、彼らの目線に立ってモノを考えないと、自分もトラブルに巻き込まれてしまう可能性が・・・。

その日本人女性にはお気の毒な気持ちでいっぱいだけれど、海外旅行をするのであれば、いやな思いをしないように、まず、自分の持ち物に充分気をつけることが大切。
もう、それしかありません。

[PR]
by JKJasmine | 2015-11-04 08:06 | 思うこと

便りがないのは・・・

マレーシアに暮らして、そろそろ3年になろうとしています。
3年という期間は、いろいろな例えに使われるように、ひとつの区切りになるのかも知れませんが、私の生活も、ある意味だいぶローカル化してきたように感じます。

”海外移住生活お試し期間”という意味では、無事にソフト・ランディング。
見るもの全てが新鮮という時期はとうに過ぎてしまいましたが、穏やかに落ち着いて来ました。

日本のように効率的な生活とは程遠く、クルマ社会であり、日中は暑くて室内にこもりがち。
”どこが良いの?”と言われると、うまく説明できないのだけれど、物事には表裏あるように、そののんびりとした時間の流れや暮らし、人種や文化のクロスロードのKL生活が、居心地が良くて気に入っています。

さて、そんな自分のKL生活。
時間があるようなないような、自由であり不自由でもあるような毎日の中で、これからはもっと意識して、今までなかなか出来なかったことに時間を使おうと思っています。
最近は特に、内容的にあまりお役に立てないブログとなっていて一時休止も考えていましたが、KL生活のアルバムを閉じるようで迷いがありました。
毎回欠かさず読んで下さる方もいて、とても感謝していますし、友人への近況報告も兼ねているブログですので、ノンビリと更新していくことにしました。

みなさまのブログへ遊びに行く機会は減ってしまうかも知れません。
ごめんなさい。

あまり更新がなくても、それは元気にやっていますということですので、どうぞご心配なく。
気長に末永く、お付き合いいただけたらと願っています。


f0339434_11545823.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2015-09-20 11:14 | 思うこと | Comments(14)

エキサイト一周年


5月1日は、エキサイトブログへの引っ越し一周年でした。
わざわざ書くほどの事でもないかなと思いましたが、過ぎてからも、やはり自分的には記念日のように感じています。


当時からすると、ブログのテーマはもちろん、こだわりも思いも、どんどん変化してしまいました。
なので、アメブロ時代から読んでくださっている方がいるとしたら、本当に感謝です。



ゴールデンウィーク中で、新参者の私のブログを訪問して下さる方も少なくて、とても淋しいスタートでしたが、一年経過した今、エキサイトに移って良かったな~としみじみ思います。
初めてのブログだったアメブロでは、反省点がたくさんありました。
お引越し当初は多少の試行錯誤はあったものの、ようやく最近になって、とても落ち着いたように感じます。


地味な自分のブログを見つけてもらって、いつも、あるいは時々思い出して訪問してくださる方々がいること。
それだけでも嬉しいことだなぁ・・・と思っています。

何度となく、”止めようかな病”にかかりましたが、温かいコメントや訪問者のアクセスに支えられて続けてきたように思います。


ムリして続ける必要などないように思いつつも、続けているとわかってくる面白さもあります。
また、ブロガーさん達ともコミュニケーションも楽しい。
ブログの世界はバーチャルなようですが、その方のブログを通じて伝わって来る人間味もあって、興味深いですね。


そんなブログの世界を楽しみつつ、もうしばらくは続けて行きたいと思っています。
人を取り巻く環境や心境は、常に変わって行くものですから、できるだけ自然にマイペースにと・・・。




f0339434_00504444.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2015-05-06 00:33 | 思うこと | Comments(12)

3年目に入ります。

はやいもので、ブログをスタートして2年が経ちました。

タイトルは、迷うことなく直観的に決まりました。
当初は写真もなく、ただ日記風に移住の日々を綴ったものが中心。

当時、マスコミ等で、マレーーシア移住の特集が組まれていた時期でしたので、
”事前情報や視察ではわからない実際の生活を伝えたい”
そんな思いで書き始めました。
どなかのお役に立てるブログにしたかったのです。




f0339434_15442767.jpg




でも、いつの間にやら、当初のお役目も終わってしまい、
昨年春、心機一転、アメブロからお引越し。
一からスタートの気分でした。
実際、ご訪問者は、一変したように感じています。








f0339434_20045706.jpg



近頃では、
毎日アップしている内容に、ちょっと疑問を持ち始めたりして、
この先どうしようかなぁ・・とぼんやりと考えていました。
2周年が目前だったので、”取りあえずそれまでは”
とだけ決めて、迷っていました。







f0339434_17124488.jpg



でもその後、色々な方から、感想や励ましのお言葉を頂きました。
ずっと読んでいて下さる方の存在が、とても嬉しかった。

また、多くの方からいただいたイイネやコメントの数々を読み返すと
”決して一方通行ではなかった”と実感しました。


当分続けていこうかな・・と今は思っています。





f0339434_17095660.jpg



ネコや日々の事など、本当にとりとめのないことばかり書いていますが、
私にとって、そんな毎日こそが大切な時間。

今日から3年目に入りました。
気負わずにゆるりと
普段着のKLライフを書き留めて行こうと思っています。

ご訪問下さる方が
”マレーシアの風”を感じてもらえたら、なにより嬉しいです。



[PR]
by JKJasmine | 2015-03-15 00:00 | 思うこと | Comments(10)

複眼になりたくて 2


帰国後15年を経て、再び海外へ。
理由は、いくつかありましたが、何より外での生活が、また恋しくなってしまいました。
日本は、快適で住みやすくて大好きな国ですが、ずっといると、どうもバランスが悪くなりがちなのです。


2か国目は、多民族国家マレーシア。
住んでいるのは、コスモポリタンシティー・KL。
この地で出会うのは、雑多で多様な環境にいる人達です。
でも、それならば複眼っぽい思考の持ち主かと思いきや・・・。

かれらは、いろいろな人がいることが大前提なせいか、そもそも自分たち以外の人に関心がないようなのです。
”常に自分が真ん中”という人が多い。

人の立場に立って物を考える日本人とは、ある意味対照的ですね。
多くの人は人懐っこく、悪気がないんですけど・・・。
ある意味、イギリスにいた時よりも、もっとずっと日本とのギャップを感じます。


でも、私たちは、ここでの暮らしを、実は、なかなか気に入って楽しんでいるんです。
気質的に穏やかで緩いところが、何とも居心地が良いと思う今日この頃。
それに、小さなトラブルに遭遇したり、時々本気で呆れたりしながらも、何よりこの環境は、複眼思考を身につけるという点でも、とても面白いのです。
                  
       
若かりし頃は、”海外生活を送れば複眼になれる!”と思い込んでいたように思います。
でも、今では”複眼”っていうのは、視野の広い思考ができて、さらに自分の考えを持っていることなのではないかと・・。
そして、複眼思考が出来る人に出会えると、とっても嬉しいしステキだなぁと憧れてしまいます♡


それでは、どうしたら、そういう風になれるのか・・・。
確かに、その方の海外経験が、一役買っていることもあるのかも知れません。
でも、やはりその人の意識の持ち方や、日頃からの努力によるところが大きいように、今の私には思えるのです。
そして、当然のことながら、時間や経験も必要ですね。
私も、なりたい自分に少しでも近づけるように、日々を過ごしたいものだなぁ。
そう考えると、年を重ねるのは、むしろ素敵な事だと思えて来ます。

                             

                           emoticon-0171-star.gif


この古い本を読み返しているうちに、”複眼思考を意識して見につけたくて、少しだけ時間の使い方を変えてみることにしました。

ブログを始めて、もうすぐ2年になろうとしています。
一区切りの意味もあり、今後は、もっとマイペースに、ブログに向き合っていくつもりです。
時々思い出して、覗いていただけたら嬉しいです。




f0339434_17360219.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2015-02-17 12:28 | 思うこと | Comments(8)

猫と暮らすマレーシアライフ


by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧