<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コンドミニアムでネコを飼う

マレーシアにネコを連れて来たいけど、どうなんだろう・・・?と悩んでいる方って、少なくないのではないかと思います。

実は、我が家でも、ネコをお迎えしてからKL行きを検討し始めたので、それが何よりの気がかりでした。

視察で家探しをした時に、必死の思いで、不動産エージェントの人にコンドミニアムでネコは飼えるかと聞いたものです。


日本で、ビザ代行業者さん等に聞いたり、自分で調べたりした時は、どちらかというとネガティブな情報が多く、無理かな・・
あるいは、飼うとしてもこっそり・・ヒミツという印象でしたので・・・。


でも、現地のエージェントの反応は、”犬はともかくネコは誰も気にしていないけど”というもの。

本当にそうなの???
半信半疑でした。



マレーシアのコンドミニアムは、ペット禁止が大半です。

特に、ムスリムの人が多く住む地域では、ワンちゃんはご法度です。



けれども、ネコについて言えば、実際には、

借りている人は、ダメと言われてないから良し

所有している人は、自分の家なんだからOK

と、各自が判断しているという感じではないかな。




一度、エントランスに、”いかなるペットも不可”と、張り紙までしてあるコンドの廊下を、堂々とネコを散歩させている人に、出くわしたことがありました。

思わず嬉しくなって”ネコ飼ってもいいの?”と聞くと、”何で、そんなこと聞くの”といった表情をしてから、

”平気!平気!誰も、気にしていない”とのお答え。

(ちなみに借りている人)

このあたりの感覚は、日本と相当違いますね。



何事につけても、建前としてのルールはあるものの、徹底されていないのがマレーシア。

適当だったり、黙認だったり、個人ベースだったりするお国柄です

けれども、いざというときにルールを持ち出す人もいるという事は忘れてはいけないと思います。

(マネージメントも、強くクレームする人が出ると、そちらになびく傾向あり。)



室内飼いのネコは、問題ないと思われますが、住人に迷惑が掛からないように、責任ある飼い方をするのが肝要ですね。

また、住もうとしているコンドはペットに寛大か、お隣の人は動物嫌いではないか等も、さりげなく調べてておきたいところです。

直接、聞かないことがポイント!

黙認してくれるのがマレーシア流儀です。



我が家は自己所有ですが、決めるにあたり、住人にペットの飼育にうるさい人がいないかどうか心配でした。

でも、実際は、一人(?)でエレベーターに乗ってくる飼いネコのエピソードや、外に散歩させに来たりしている住人を見て、このコンドは大丈夫と安心したわけです。


”でも、やっぱり心配”という方は、先に家を決めてから現地で、というものありですね。

マレーシアのMIXネコちゃんは、日本ネコとまた違ったルックスですし、ペットショップもあります。

(ただし、種類はごく限られています。)

また、ネット上で、里親募集や販売を行っている人もいます。



YESかNOでの結論が欲しい方には、正解を出すことが出来ないのですが、他の住人へ迷惑をかけなければ、ネコは事実上OK.。

でも、黙認してもらっていることは忘れず、大胆な行動は控えるほうがベターです。



私の周りには、ネコ好きが多く、日本から連れて来られた人も何人か知っています。

でも、諦めてしまった方は、もっとずっと多いのではないでしょうか。

今日のブログが、少しでも、誰かのお役に立てることを願って・・・・。
f0339434_12171101.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2014-01-30 11:46 | ネコとの暮らし

これは何?

これは何だと思いますか?




f0339434_11072191.jpg
 

すぐに判った方は、さすがです。目








f0339434_11081948.jpg
 
キノコ。キノコ・・・ではなく、一応、動物です。



              






f0339434_11043556.jpg
 

キツネ?

惜しい・・・・あせる。特徴のあるソマリのしっぽです。









f0339434_11003492.jpg

遠目に見ると、ハンガーに架かったフワフワ帽子みたいですが・・・。









f0339434_11033158.jpg
 



正解は、”キャットタワーのてっぺんで半目状態で爆睡中のネコ” でした。ビックリマーク





[PR]
by JKJasmine | 2014-01-28 11:21 | ネコとの暮らし

もうすぐチャイニーズ・ニューイヤー

KLの街(というかショッピングセンター)は、チャイニーズニューイヤー一色になってきました。ビックリマーク

装飾もBGMも、みーんな漢字&中国語です。


ギフト用の食料品の巨大バスケット、装飾用ランプや家具、クッキー、チャイニーズドレスに至るまで・・・。椅子ワンピースカバンキャンディーチョコレート

赤と黄色のオーナメントの下には、様々な商品が並びます。

そんなにチャイニーズ系って多かったかな・・・と思うほどですが、それだけに、経済力ではダントツの中華系マレー人の購買力の凄さを、もの物語っているようです。がま口財布


日本のお歳暮商戦や、年末の帰省ラッシュ、お年玉文化等々を合わせても、その積極性において、到底、彼らの熱さにはかなわないんじゃないかな。


一方、日本でも、地方では、しめ飾りやおせち作りや&お餅つきは、まだまだ健在なんでしょうか?

東京では、元日でも開いているスーパーやレストランだって珍しくないし、もちろんコンビニやファミレスは通常営業。


かくいう私も、お雑煮は作りますが、おせちは購入派。(好きじゃないのもありますが。)

最近では、帰省しない人も増えているようだし、親戚付き合いも希薄気味・・・。

帰省しない人、田舎の無い人は、2日目からソワソワ&ウロウロしたりして・・・。



お正月を祝う気持ち、なんか完全に負けてる気がします。



彼らの祝い方は、日本の比ではなく、ものすごく派手で賑やか。(騒音レベル ガーン


中華系マレーシア人は、歴史的なバックグラウンドもあるのでしょうが、本当に家族で団結しています。

彼らの待ち望み方、お金の使い方、長期休暇の取り方・・・・・日本人には、最近縁遠いな~。


ちょっと羨ましい気持ちで、眺めています。宝石赤


(この記事は、1月27日のものです。)

[PR]
by JKJasmine | 2014-01-27 15:32 | マレーシア生活

ピンクモスク

先週末のせっかくの3連休、ちょっとでも、どこかへ行きたいな・・・と思い、半日コースで、プトラジャヤへ出かけてきました。


ここは、行政の中心で日本の霞が関のような街。首相官邸もあります。

また、周辺の人工湖沿いには、高級リゾートホテル・カフェ・邸宅街などがあり、そのマレーシアらしくない(?)整然とレイアウトされた景観は、ディズニーリゾートを思わせるものがあります。



最近大規模に開発されたため、マレーシア人にとっての観光地でもあり、大型バスでやってくる人達で賑わっていました。


今回、我が家のお目当ては、プトラモスク通称ピンクモスクでした。



f0339434_20000086.jpg
 


数あるモスクの中では、外観はピンク系で統一され、地味な印象。

でも上品さが漂っています。



f0339434_19580606.jpg
 


ムスリムでなくてもОK。

フード付きのコートをレンタルしてもらえ、中まで入ることが出来ました。



f0339434_19532663.jpg
 



イスラム教のモスクにも、内装デザインはいろいろあるんですね~。

どこかしら、ちょっとオリエンタル。

ウエッジウッドの陶器のよう・・・。いや、和菓子っぽい・・・。

美味しそう。お茶

勝手に”サクラモスク”と名付けました。


f0339434_20012788.jpg
 


モスクのすぐ脇からは、湖一周のクルーズ船が出ています。

(所要時間45分 RM35.家族割引等あり)

”夕暮れ時のモスクが美しい”と聞いて期待して乗ったのですが、ちょっと早かった。残念・・・。汗


夜10時近くまで運航されていて、夜はまた、別の風情がありそうでした。お月見

今度ゲストを連れて、ぜひまた来よう!





[PR]
by JKJasmine | 2014-01-25 12:43 | 旅行

箱入り息子

昨年末買ったコーヒーメーカーの空き箱に、その日のうちから住人になってしまった我が家のネコさん。

(ソマリのオス)


とにかくお気に入りです。恋の矢



朝も・・・・。晴れ


f0339434_20094980.jpg
 




夜も・・・・。三日月

f0339434_20212007.jpg
 




f0339434_20160320.jpg
 




お家の前で、記念撮影カメラ


f0339434_20113019.jpg
 





 我が家の箱入り息子。にゃー   巨体ですが、弱冠2才。

 


f0339434_20220840.jpg
 




最近は、あまり夜中に甘えてこないな~と思っていたら、どうやらこのあたりで寝ているみたいです。目


 


f0339434_20134736.jpg
 


お・や・す・み~ぐぅぐぅぐぅぐぅ



[PR]
by JKJasmine | 2014-01-23 11:37 | ネコとの暮らし

Before-After

昨年の1月、リフォーム後に引っ越しを完了してからも、我が家のプチリフォームは、延々と年末まで続いておりました。

他のことで忙しく、手が回らなかったというものあったし、住みながら少しずつ慎重に、というのもありました。


まずは、カーテンから。

エージェント経由で、急いで作ってもらった子供部屋のものは、レースのカーテンがメインのものより丈が長いというお粗末な仕上がりだったので、自分達の部屋のものは、ちゃんとしたお店で作ってもらおうと、しばらくテーブルクロスで凌ぎながら、乗り切りました。


ようやく信頼できるお店が見つかってからは、順次、そのカーテンに始まり、バスルームのブラインド、キッチンブラインドとお願いしていき、最後に、懸案のソファーの張り替えまで行き着くことができたのでした。

この間、実に、一年近く・・・。


”あーでもない、こーでもない”と話し合いを重ね、変更したり小休止したりしながら、素材や色を選んでいったので、どれも自分達的には、ほぼ満足した仕上がりになっています。



そして、最後の仕事となったソファーがこれです!



f0339434_21270159.jpg
 

 (ボロボロの生地に、応急処置的に布を巻いて使用していました。)


このソファーは、長きに渡って、二人の息子達の成長を見守って来てくれました。

ここで、私たちは、子どもたちに絵本を読み、添い寝をし、共に多くの時間を過ごして来ました。



時に、ジャンプ台にされたり、かくれんぼの基地にされたり、ネコが来てからは引っかかれて余計ボロボロにされたことも・・・・。男の子にゃー


汚れも、へたりも、そんな証でした。

懐かしい思い出です。

ありがとう・・・・。




f0339434_21292185.jpg


そして、15年振りに、また新しい姿に生まれ変わりましたビックリマーク

(生地のみならず、中身もすべて作り直してもらいました。)


KLで、このソファーもまた、第二の人生ってところかな。クラッカー



[PR]
by JKJasmine | 2014-01-21 12:33 | 家でのできごと

今また気になるバスタブ

マイブームなバスタブ。恋の矢

我が家には、今はないんですけれど・・・。

”今は”というのは、完成時にはあったらしいのですが、どこかの時点で取り払われてしまったらしいからで、購入時はシャワールームとなっていました。

なので、シャワールームとしては、細長く、無駄に広いスペースとなっています。


ところで、日本人が住宅を探す際、譲れない条件としてこだわる方が多いのが、このバスタブだと聞きます。


けれども、マレーシアのコンドでは、バスタブがある方が少ないかも知れません。

うちのコンドは古いので、当時は設置がスタンダードだったようですが、ほとんどの部屋ではリフォーム時に撤去されているようだし、新しいコンドも、高級なものには見かけますが、スタジオタイプなどは、まず付いていないと言ってよい程です。


私はといえば、リフォーム時点で、全く必要を感じていませんでした。

たちまち、シャワー派になる人が多い”と聞いていたし、自分も、夏はバスタブに全く興味がなくなってしまい、完全シャワー派だったし・・・。


再設置をするかどうかは、しばらく様子を見て決めよう!という事で落ち着いていました。OK

(主人は、あれば嬉しいと思っていたようでしたが、実際リフォーム疲れで、ちょっと面倒でした。)

そして、一年経過。

一度も、バスタブの話題にはならず・・・。

それなのに、今さら、なぜ自分だけバスタブが欲しくなってしまったかというと・・・。



マレーシアで生活しているうちに、以前より体調が良くなってきているような気がしています。合格


目下、雨季で涼しいこともありますが、クーラーを全く使っていない生活を送ることが出来ています。

冷暖房機のお世話にならずに済む、温暖な毎日。

そのおかげかな。

冷えもなくリラックスした状態が保てているんです。


そして、その結果、半身浴をするバスタブが欲しいな~という気持ちになり始めました。


温泉で湯あたりをするタイプなので、冬場のお風呂も義務感に近いほどシャワー派だった自分なのに、今では、不思議なもので、逆に魅かれています。

温めのお風呂で、さらに健康になれるような気がして・・・。ラブラブ


移住前は、四季のないマレーシアは退屈に感じるのではないかと思ったりしましたが、変化の少ない気候や、室内外の温度差が少ない環境で、自分がお風呂好きになるかも知れないとは、ちょっと意外です。目


[PR]
by JKJasmine | 2014-01-20 12:32 | マレーシア生活

バス代前借り

そろそろ、次男が通うインターのバス代の支払い時期になり、思い出したエピソードがあります。

昨年11月ころだったかと思います。


バスのドライバーから電話があり、何かと思ったら、


”バス代の支払いを早めてもらえないか?”

という相談でした。バス


先日、義理のお母さんが亡くなり、出費が重なりピンチになってしまったそうです。


電話に出た主人は、 ”状況は理解できるが、うちにもそんな余裕はないので。”

とやんわり断っていました。

だって、我が家の次回の支払いは2月なので、その時点では3か月も先。

しかも、バス会社に払うべきものでしょ~。


もう、これは借金の申し込みも同然!!


実は、その直前、同じインターに通うママとの雑談中に、うちが半年分前納したバス代を、彼女は1か月ごとに支払っていることを聞いたばかり。

当時、選択肢もなかったので、つい払ってしまっていたんですが、何でもアリのマレーシアでは、そのようなことは極力避けるべきで、交渉した彼女がエライ!合格


そのことがあったので、主人はついでに、次回からは毎月ごとで支払いたいという事も、この際付け加えたそうです。


前借り要求もかなり驚きだけれど、それに応じる人と思われたのだとしたら、それも相当ショックです。叫び


誰かインターのママで協力した人いたのかなぁ・・・・・。


[PR]
by JKJasmine | 2014-01-13 12:10 | 息子たちの記録

ガードマンはミャンマー人

今日は、ちょっとトリビア気味の話題です。


わがコンドミニアムでガードマンをしている人達はミャンマー人ですが、友人の住む他のコンドもそうだと聞いていたのに、偶然かな”と大して気にも留めていませんでした。

友人が、”真面目な国民性らしい”と話してくれても、”ふ~ん、そうなのか”・・・と。

最近、長く同じコンドに住むイギリス人から、主人がいろいろなことを聞いてきたので、紹介します。


ミャンマー人は、ガードマンを派遣するエージェントに対し、政府から指定されている人達らしく、その昔、傭兵として働いていた歴史を持ち、戦闘的な気質がその職に適していると判断されているそうなんです。


我がコンドで働く彼らのお給料は、RM1200/月程度。

寮が与えられ、食事手当もあるらしい。

逃走防止の為(?)、パスポートは保管されてしまっているそうです。


決して多いとは言えないお給料ですが、その中から彼らは貯金をしたり、仕送りをしているのですから、相当慎ましい生活のはずです。



さらに驚いたのは、数々のペナルティーです。

職務時間内に、携帯を見たりすると、一日分の報酬がなくなるほどの罰金。

居眠りなどは、とても厳しく、2回見つかったらクビなんだそうです。


彼らの勤務態度は、モニターで監視されていますし、住人に密告されることもあります。

確かに、退屈な仕事だし、夜間勤務の時などは眠気との戦いのこともあるでしょう。


でも、それがガードマンの仕事。


甘い顔を見せてしまうと、たちまちサボったり、気が緩んだりしてしまう人達がいることも、住人が厳しく対応している理由のようです。

そんな話をしていると、長男が反応し、

”あの若いガードマンが、本国のお母さんに悪気もなく、嬉しそうに電話してた.

夜遅く帰宅した時に、ガードマンが居眠りをしていて、全く気付かなかったけど・・・。”

と教えてくれたけれど、それって見つかったら大変なことなんだ~。



ところが、そんな彼らのボスでもあるマネージメントの人によると、そのような待遇であっても、彼らは、このコンドで働いていることをHAPPYに感じているんだそうです。


確かに、ショッピングセンターや、ひと気の無い地下駐車場の警備などは、暑さや危険度など、環境も悪くとてもストレスが溜まってしまうと思います。



穏やかな気候の中、コンドミニアムの敷地内を勤務地に、顔見知りの住人と適度な良い関係を築けるというのは、ミャンマー人にとっては、なかなか良い仕事なのかもしれませんね。




[PR]
by JKJasmine | 2014-01-11 11:58 | マレーシア生活

往く人来る人

昨年末のこと、 コンドの入り口で、知り合いの中華系マレーシア人と、やはり住人らしきインド系マレーシア人が立ち話をしているところに出くわしました。


中国系の人は、既に引退しのんびり暮らしているのですが、インド系はまだ40代くらいかな。(インド人 は年齢不詳気味)

ビジネスマンオーラが出ていました。


イギリスで仕事をしていたこともあるそうで、なんと偶然にも、主人と同じ会社だったことも判りました。

シンガポールあたりで職を得たいと思って、探しているそうです。


”シンガポールは、若くて優秀な中国系には良いけど、自分のようなインド人には働きやすいとは言えないんだけど・・・。”


マレーシアでは、中国系もインド系も少数派なので、自らをエイリアンと自虐的に呼ぶ人もいるほどで、みな少なからず不公平感や不満を持っています。

彼はその上、マレーシアでのお給料に不満があるようでした。



自己紹介で、日本からの移住者であることを告げると、ちょっと興味を持った様子。

物価の安さに惹かれて、マレーシアへ移住してくる外国人が多いことは認識していて、


自分達のように、外へ出て行こうとしている人がいる一方で、貴方達のように来る人もいるんだよな・・・。


でも、(確かにお金は落としてくれるかもしれないけれど、)インフラの恩恵はタダで受けているんだよ。

とチクリ!


確かにそうなんです。

私たちは、マレーシアで働く人の税金で賄われるインフラを享受している立場。

謙虚な気持ちを忘れずに暮らしていかないと・・・・。



海外で学んだ優秀な人材が戻って来ない傾向にあると、何かで読んだことがあります。

好機を求めて、国を出る若いマレーシア人と、海外から暮らしやすさに惹かれて移ってくる外国人が多いこの国は、これからどのように変わっていくのでしょう。



[PR]
by JKJasmine | 2014-01-09 15:31 | 日常

猫と暮らすマレーシアライフ


by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧