<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

まったりな午後 2

f0339434_11513280.jpg


ママもおでかけしちゃった・・・




f0339434_11473055.jpg



パパさんのおイス、かりちゃおう♪

すんすん。。。
びみょう 042.gif



f0339434_11492998.jpg


きっと、ママはいまごろ・・・




f0339434_11495797.jpg

おともだちと、たのしくおしゃべりかな♪






f0339434_11485080.jpg

ヒマだな。







f0339434_11482956.jpg


ヒマだな。






f0339434_13205130.jpg

はやく かえってこないかなぁ。。。






f0339434_13221464.jpg

もう025.gif ねちゃうぞ~。






[PR]
by JKJasmine | 2015-02-27 16:49 | ネコとの暮らし | Comments(2)

まったりな午後


f0339434_23134959.jpg


久しぶりにシアンとふたりで過ごす午後。

いつもは、ベッドと壁の隙間でお昼寝をしている時間だというのに、
今日は、隠れることなく
リビングのコーヒーテーブルの下で寛いでいました。






f0339434_23152077.jpg



生活音が少ないと、きっとリラックスできるのでしょうね。

でも、それは私とて同じかも。。。
久しぶりに静かな午後を満喫しました。





f0339434_23142343.jpg


ネコは、”相棒”というより”良き同居人”と言った存在です。
お互いに思い思いに過ごしているだけで、ちっとも疲れない。

でも、いてくれるだけで、癒されるんです。




f0339434_23162152.jpg



そして、傍らでこんな風に寝てくれる姿を見ると、
リラックスしているんだなぁ・・・と
嬉しい気持ちでいっぱいになります♪




f0339434_23335849.jpg


いつも、どんな時でもマイペース。
人に合わせることなどしないよね。

そんなところが、カッコイイなぁ・・って
羨ましく思うのです。





[PR]
by JKJasmine | 2015-02-25 00:00 | ネコとの暮らし | Comments(6)

旅行気分でタイ料理


f0339434_16204146.jpg


2月19~20日はチヤイニーズ・ニュー・イヤーでした。
この時期は、中華系の人は長期休暇を取る人が多く、
次男の学校も一週間以上お休みです。

例によって、どこへも行かないわが家。
”せめて美味しいものでも♪”と思い、
仲の良いご家族と一緒に、タイ料理のレストランへと出かけて来ました。







f0339434_16162124.jpg


タイ料理店でありながら、お祝いムードの店内。
でも、中華系の人達は、家で家族と過ごす時期なのか、
お客さんはチャイニーズ以外の人達ばかりのよう。

みんなお出かけしないのね~♪





f0339434_16155551.jpg


いつもランチばかりで、夜に来たのは初めてでした。
アラカルトで注文することに不慣れで、迷う迷う。。。
メニュー担当は、主人。
せっかくなのでと、いろいろオーダーしましたよ。






f0339434_17055634.jpg





f0339434_17023752.jpg




f0339434_17064014.jpg





f0339434_16181093.jpg




f0339434_16171933.jpg





f0339434_16183656.jpg




f0339434_17061857.jpg



いざ、メニューを見ると、
私たちがタイ料理としてイメージしているのは、
ほんの一部だということがわかります。
比較的クセのないものを選び、辛さも抑えてもらいましたが、
どれも、本当に美味しかったです♡





f0339434_16221487.jpg


さて、初めてのディナーでの訪問でしたが、感動だったのは、お庭の美しさ!
幻想的で、昼間とは全く違った趣でした。






f0339434_16191936.jpg


昼間は閉じられている個室も解放されていました。
中央の一番大きなお部屋は、16人までの利用が可能とか。

こんな場所で、美味しいタイ料理をいただけたら、
最高に贅沢な気分になりそう♪

いつか、親しい友人達と合同でパーティーを開けたらステキです。







f0339434_16200098.jpg

私たち同様、
チャイニーズ・ニュー・イヤーに、どこも行かない人達って、
案外多いのではないかな。

でも、こんな風に過ごせたら、ちょっとタイに旅行した気分が味わえますね。





f0339434_16164356.jpg


席に戻って、いつもはオーダーしないでデザートにチャレンジ。
こんなに種類が豊富でした。

”きっとものすごく甘いだろうから要らない!”
と今まで決めつけていたけれど、
上品な甘さのものも多く、見直してしまいました。





f0339434_16174696.jpg


街中は渋滞もなく、空気も澄んで、閑散としているCNY期間中。

いかに、KLではチャイニーズの人達の存在が大きいのかが窺い知れます。
きっと、観光地やリゾート地は大賑わいの事でしょう。





f0339434_17053115.jpg

でも、こんな時こそKLにいて、
静かな雰囲気を満喫するのも、良いものですね。





f0339434_16212306.jpg

夜の”RAMA V”
昼間とは全く違った表情に、魅せられてしまいました。
(お値打ちランチも、捨てがたいけど。)

グループでのお食事は、さらに利用価値大です♪
ぜひ、次のイベントにも利用したいと思います。



Rama V Fine Thai Cuisine

5 Jalan U-Thant, Kuala Lumpur
Tel: +603 2143 2663
Fax: +603 7803 6891



[PR]
by JKJasmine | 2015-02-21 17:26 | マレーシア生活 | Comments(4)

複眼になりたくて 2


帰国後15年を経て、再び海外へ。
理由は、いくつかありましたが、何より外での生活が、また恋しくなってしまいました。
日本は、快適で住みやすくて大好きな国ですが、ずっといると、どうもバランスが悪くなりがちなのです。


2か国目は、多民族国家マレーシア。
住んでいるのは、コスモポリタンシティー・KL。
この地で出会うのは、雑多で多様な環境にいる人達です。
でも、それならば複眼っぽい思考の持ち主かと思いきや・・・。

かれらは、いろいろな人がいることが大前提なせいか、そもそも自分たち以外の人に関心がないようなのです。
”常に自分が真ん中”という人が多い。

人の立場に立って物を考える日本人とは、ある意味対照的ですね。
多くの人は人懐っこく、悪気がないんですけど・・・。
ある意味、イギリスにいた時よりも、もっとずっと日本とのギャップを感じます。


でも、私たちは、ここでの暮らしを、実は、なかなか気に入って楽しんでいるんです。
気質的に穏やかで緩いところが、何とも居心地が良いと思う今日この頃。
それに、小さなトラブルに遭遇したり、時々本気で呆れたりしながらも、何よりこの環境は、複眼思考を身につけるという点でも、とても面白いのです。
                  
       
若かりし頃は、”海外生活を送れば複眼になれる!”と思い込んでいたように思います。
でも、今では”複眼”っていうのは、視野の広い思考ができて、さらに自分の考えを持っていることなのではないかと・・。
そして、複眼思考が出来る人に出会えると、とっても嬉しいしステキだなぁと憧れてしまいます♡


それでは、どうしたら、そういう風になれるのか・・・。
確かに、その方の海外経験が、一役買っていることもあるのかも知れません。
でも、やはりその人の意識の持ち方や、日頃からの努力によるところが大きいように、今の私には思えるのです。
そして、当然のことながら、時間や経験も必要ですね。
私も、なりたい自分に少しでも近づけるように、日々を過ごしたいものだなぁ。
そう考えると、年を重ねるのは、むしろ素敵な事だと思えて来ます。

                             

                           072.gif


この古い本を読み返しているうちに、”複眼思考を意識して見につけたくて、少しだけ時間の使い方を変えてみることにしました。

ブログを始めて、もうすぐ2年になろうとしています。
一区切りの意味もあり、今後は、もっとマイペースに、ブログに向き合っていくつもりです。
時々思い出して、覗いていただけたら嬉しいです。




f0339434_17360219.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2015-02-17 12:28 | 思うこと | Comments(8)

複眼になりたくて 1

”もしかしたら、捨ててしまったかも?!”
と、不安になりつつ、本棚の奥の方をかき分けてみたら、ありました~!♪



f0339434_22422722.jpg


「女が複眼になる時」という本です。
読んだのは、もう25年も前、長男が生まれる前のことでした。
外資系企業に勤務する主人でしたので、海外で暮らすこともあるかも・・と淡い期待を抱きつつ、タイトルに魅かれ、手に取った本です。

今では、もちろん絶版です。
くしゃみが出そうな程黄ばんでしまい、とても読む気になれないほど傷んでいるのですが、捨てられることなく幾度の引っ越しにも耐え、海を渡ってマレーシアまで来ていましたよ。

ノンフィクションライター・工藤美代子さんのエッセイです。
当時、まだ、海外で暮らす女性など珍しかったころ、運命的な出会いをしたご主人とカナダで暮らすことになった彼女が、いろいろな異文化体験を経て、多様性への理解を深めていく様子が描かれています。

”単一民族の統一国家”の日本で育った筆者が、それまで身に着けた自分の価値観や習慣(=単眼)で、”世界中のあちこちから人間が吹き寄せられて出来た国”カナダ社会と向き合おうとするときに、どうにも単眼では割り切れない事態に遭遇し、複眼になる術を身に着けたという内容でした。

その成長過程が、とても印象的で、そういう経験が出来る人を、当時羨ましく思ったものです。



その後、私たちは海外赴任のチャンスを与えられ、しばらくイギリスで生活をすることになりました。
経験してみたかった海外での生活でしたが、実際は、ひたすら育児に追われる日々を過ごしました。
思えば、駐在員生活、何かと手厚く守られた部分も多く、私の経験など、大変な苦労をした彼女の足元にも及ばず・・・。

けれども、常に頭の片隅にあった”複眼”というキーワード。
海外生活を通じて、私も複眼になりたくて・・・
この言葉のおかげで、不慣れな海外生活も、前向きに楽しめたように思います。
とりわけ、カルチャーショックに遭遇した時も、気持ちを立て直すことが出来たのではないかな。

いろいろな国の人がいて、それまで自分の知らなかった習慣、文化、教育、価値観、人生があって・・・。
在英時代には、本当に多くの事を学ばせてもらいました。

そして、日本に本帰国した時には、本来見慣れたはずの周りの景色が、今までとは少し違って見えるような気がしましたよ。
しばらくは、逆異文化体験をしているようで新鮮でした。


それ以来は、ずっと東京で暮らしておりました。
日本は自分が生まれ育った国。
便利で、快適で、安心で・・・。
でも、長く住み続けるにつれ、時々、無性に恋しくなる外での生活。
振り子はだんだんと大きくなって、ついに逆方向に大きく振れることとなりました。



[PR]
by JKJasmine | 2015-02-16 17:33 | 思うこと

昭和レトロな洋食屋さん




f0339434_21365517.jpg



有名店になってもおかしくないほどの日本食(洋食)のクオリティーなのに、
ほとんど話題に上らず、日本人のお客さんも少ない。
ローカルの人は、日本食という認識がなさそうなほど。。。





f0339434_21393434.jpg




無国籍感の漂うSri Hatamas ですが、
その場所に、しっかり溶け込んでいます。
なんとも不思議な空間の洋食屋さんです。






f0339434_21352334.jpg


家族経営。
お店の奥には私物が置かれ、お子さんを連れて来ている様子は、
どこか昭和っぽくて、懐かしい。



f0339434_21361066.jpg



お茶の水の学生街あたりにありそうな洋食屋さんですが、
シェフは、多分チャイニーズ系だと思います。







f0339434_21382462.jpg



日本人の元、しっかり修行したのが分かる正統派のお味です♪
シンガポールの有名店から、のれん分けしたとか。
名古屋の名店が発祥とも聞きます。





f0339434_21341603.jpg




こちらのオムライスは絶品ですよ~♪
いつ食べても、全く同じ味で出て来ます。

メニューは、日本語表記もありますが、日本語の環境はゼロ。
流暢な”いらっしゃいませ!”以外は、聞いたことがありません。





f0339434_21354971.jpg



いっつも、オムライスばかりだった我が家ですが、
最近、セットランチがなくなってしまい、
今まで頼まなかったメニューにも挑戦するようになりました。






f0339434_21333682.jpg



カツ丼(ハラルのためチキン)がまた美味しかった!
別々のものをオーダーしても、ほぼ同時にサーブするのは、
マレーシアでは、賞賛に値すると思います。






f0339434_21344655.jpg



店内は昭和
外は、ホーカー(屋台風レストラン)
エアコンの効いたお店から眺めるローカルの光景が
対照的で面白い。




f0339434_21335387.jpg



きっちりした良い仕事をするシェフの様子を
出来ることならカウンターで見ていたい!

あんまり教えたくない、でも友人をお連れしたい・・
混雑してほしくない、でも皆で支えたい・・・

来るたびにそんな風なことを思う
お気に入りの、小さくて個性的な洋食レストランなのです。




La Yosh Japanese Western


F-0-2 Plaza Damas
No. 60, Jln Sri Hartamas 1
50480 KL
Malaysia

Tel: 03 6201 8648


(2015年、夏、閉店しました。)


[PR]
by JKJasmine | 2015-02-14 00:00 | ランチ | Comments(4)

花梨の化粧水&赤ちゃんのほっぺ

f0339434_12165871.jpg



以前、天然成分で出来た花梨の化粧水についての記事を書きました。


すっかり気に入り、
今回の一時帰国では、大きなボトル入りを買って持ち帰りました。
私は、化粧品に限らず、手ごろなお値段で本当によいもの、
いわば”職人気質”のものを買うのが好き。

全くコスメ通なんかではないのですが、
広告費や容器、香料等にお金をかけず、
天然成分で作られている商品に魅かれるのです。







f0339434_12112687.jpg



撮影のセッティングの様子を、傍観していたシアン。





f0339434_12125392.jpg



興味なしかな・・と思っていたら。。。





f0339434_12175104.jpg




身体をおこして、こちらを見ています。

ちなみに、
うしろの段ボールは、ゴミではありませんよ~。
シアンの別宅です♪





f0339434_12122547.jpg


そして、今回、気になって同時購入したのが、こちらの石鹸。






f0339434_12132801.jpg



あらあら!
またしても、やって来ました。
気になって、すんすん。。。






f0339434_12115055.jpg



もはや、ないものねだり(?)。
ネーミングにも、魅かれてしまいます。




f0339434_12134656.jpg



でも、どうやらお目当ては、化粧水ではなく、
窓の外のトリさんだったようです。
シアンが横に並ぶと、630mlのボトルが小さく見えますよね。




f0339434_22184312.jpg



”メイク落としジェルが不要になる”いう方もいるようです。
もしそうなら、もっと洗面台回りもスッキリしますね♪

これからは、余計なものを買わず、
必要なものだけを長く愛用するシンプルライフを目指したい。
化粧品もしかりです。

今使用中のオリーヴ・オイルの石鹸がもうすぐなくなるので、
近々使おうと楽しみにしています♪





[PR]
by JKJasmine | 2015-02-11 00:00 | ネコとの暮らし | Comments(6)

エスニックの名脇役

f0339434_23173944.jpg



昨日作ったレッド・カレーが、中途半端に残っている・・・。





f0339434_23181957.jpg



それを活かして、簡単週末ディナーとすることにしました。

パラパラっとタイ料理の本を見て、タイ風焼き鳥を追加することに。
本によると、
お醤油の代わりにシーズニングソース(大豆から作ったソース)を使うと
より風味がタイ風になるとかで、探しに行きましたよ。

たぶん、これがタイ風醤油♪

お砂糖の代わりにココナッツ・シュガーともありましたが、
こちらは見つからず、残念。。。
カレーに入れたら、もしかしたら、
どうしても出せなかった”あの味”になるかしら!
チャイナータウンかもっと大きいスーパーで、次回は必ず見つけたいと思います。





f0339434_23200301.jpg




ジャスミンライス、シーズニング・ソース、ナンプラー、レモン汁、
そして、パクチー。
もちろん唐辛子も!

どれも、タイ料理に欠かせないモノたちですね。
日本の食材で、代用できるもののあるけれど、
ガラッと風味が変わってしまいます。





f0339434_23190248.jpg




そして、キッチンのもう一つの貴重な存在は、シアン。
じーっと見つめています。

”応援してくれてるの~。頑張るからね~!”





f0339434_23205678.jpg

というと、目をそらす。





f0339434_23193537.jpg



 タイ風焼き鳥の完成!
ジャスミンライスも、炊いている時からキッチンによい香りが広がり、
今日のメニューはエスニック!
という雰囲気が醸し出されます♪


エスニック食材を使うだけで、
不思議とテンションが上がりますね。


簡単メニューだって、
レストラン仕様になるみたいです。

これは、作る方にも、食べる方にも魅力的!
せっかく、食材の豊富なマレーシアに住んでいるのだから、
いろいろなメニューにトライしてみようと思います。


[PR]
by JKJasmine | 2015-02-09 00:00 | 食に関すること | Comments(6)

ふぞろいのケーキたち

先日、外食をしたあと、閉店間際のBen’s Bake Shop
に駆けこんで、デザートを買いました。
以前購入したアップルタルトが美味しかったので、リピートです。

thebiggroup.co/bensbakeshop


前回、1ピースのケーキの値段を見ても、
どれほどの大きさなのか、良く分からず・・・。

結果、お値段も高めだったけれど、予想以上に大きかったので、

”今回も1ピースで充分!”と思った私でした。

でも、今回は、さらにそれより大きかった!!
かなり、お得感ありましたよ♪





f0339434_17090214.jpg


先日届いたル・クルーゼのトレイに入れて、温めなおして頂きました。

酸味のある林檎がザクザク。
大きすぎて、崩壊していました。005.gif


063.gif



そして、ついつい予定外に買ってしまったチョコレートケーキ。
どうも、FLOURLESS(小麦粉不使用)という言葉に弱いな~。


お店のムスリムの女の子が、確認のため箱の中を見せてくれたので、覗き込むと、
あれっ??
2ピース入っているではありませんか!

”1つで良いんだけど…”と言うと、
”あげる!”ですって♪



閉店が近い時間帯ということを思えば、日本人的には、充分理解できます。
でも、ショーケースの中には、ホールのケーキがいっぱい残っていましたよ。
あれ、明日、普通に売るんだろうなぁ。。。









f0339434_18161711.jpg


家に帰って、箱を開けてみると、こちらも随分大きさが違いました。

どちらも、ふだん同じ値段で売られているのかな・・・。

4人で食べて・・・残しました。042.gif




何事も、現場主義(?)
当事者の裁量に任せられている部分が多いと聞くけれど、
ケーキひとつにしても、そのようなことは現れているように感じます。

1ピースのケーキの大きさ、
それは、当日のお楽しみってところかしら♪


[PR]
by JKJasmine | 2015-02-07 10:21 | マレーシア生活

夏野菜のカレー

今日の夕食は、夏野菜のカレー。

カレー好きの我が家です♪
定番の日本のカレーはもちろん、
ドライカレー、タイ風、インド風、カレーシチュー、
いろいろ代えても、時々違うものが食べたくなります。

そういう時に登場するのが、このカレー。
日本にいる時から作っていたので、
このネーミングにしましたが、
南国マレーシアで敢えて言うのは、
ちょっと違和感。(?)




f0339434_19161828.jpg



マッシュルーム、ニンジン、たまねぎ等を
フードプロセッサーで細かくし
ひき肉と一緒に炒め、
いつもより濃いめのカレー・ルーを作ります。

それに、いろいろな夏野菜をオーブンで焼いてのせるだけです。







f0339434_19153027.jpg


でも、キッチンにいる時間だけはかかりますので、
元気な時限定のメニューなんですよ。

まず、トマト、マッシュルーム、
そしてパプリカを順番にオーブンで焼きました。






f0339434_19170999.jpg


ちょっとここで、しばし休憩。

The Bread Shopで買って来た
アップル・タルトをいただきました。
想像以上に美味しい♪
リピート決定です!





f0339434_19164677.jpg



さてさて、次にナス、カボチャ・・最後にズッキーニ。
やっと、終了♪
ブロッコリーも用意したけれど、
疲れてきたので省略しました。037.gif



野菜嫌いな次男。
日頃の野菜不足 解消できそうかな♡

いろいろ選択肢があれば、
”天敵=(ナスやキュウリ系)ばかり~!”
とは、さすがに言えないでしょう。028.gif




f0339434_22045072.jpg


写真撮影のあとは、
お好みでグリル野菜をどんどんトッピング。


ひと手間かけましたが、
その分喜んでもらえました。
明日のランチの分も充分あると、
主婦的には秘かに嬉しいですね♡

使い切れなかったお野菜で、
週末は夏野菜のバスタと行こうかな♪


[PR]
by JKJasmine | 2015-02-06 00:00 | 食に関すること | Comments(6)

猫と暮らすマレーシアライフ


by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧