<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

特大サイズ


弾丸ツアーの日程で、一時帰国をしていました。
写真は、出発前夜のシアン。


f0339434_11360450.jpg


帰りに手ぶらで戻ってくるのはもったいなさ過ぎですから、
食料品や書籍等を持ち帰れるように、
かなり大きなスーツケースで出かけます。




マレーシアから真夏の日本への移動の場合は、
往路の荷物はほとんどないので、
機内持ち込みサイズのものをかのこにして、
できるだけコンパクトに。




f0339434_11344652.jpg



ビッグサイズのスーツケースにちょうどよく収まる
特大サイズのシアンです。




f0339434_11364186.jpg


あらら。。。
相当居心地良いみたいです。

夜中も、ここで寝ていましたよ。




f0339434_11353066.jpg



でも、さすがに翌日出発時間が迫ると、気配を感じて、
クローゼットに入ってしまい、ふて寝気味でした。
”行って来れば?”
という表情。

でも、短い期間でしたので、元気に待つことが出来たようです♪
帰って来た時も、すぐ機嫌を直してくれました。
良かった♡
当分、スーツケースは片づけないであげようかな。




[PR]
by JKJasmine | 2015-08-31 11:57 | ネコとの暮らし

Back To School

先日、(母親の私が)待ちに待った新学年を迎えました。
初日から、スクールバンが15分遅れという いかにもマレーシアらしいハプニングがあったけれど。
事前に、テスト運転くらいしないのかしら。
原因は、寝坊?
早朝、道路はガラスキなので、その可能性大です。
遅刻の理由が何であれ、大抵”渋滞”と言えば許されてしまうお国柄なので、真相は明かされることはないまま・・・。

まあ、去年は、初日に学校に置いて行かれ、お迎えに行ったことを思えば可愛いものですね。


どこかのご家庭からクレームがあったのか、次の日からピックアップの時間を5分早めるとの連絡が来て、次男は不満気。021.gif
たとえ、5分でも早朝なので切実のようです。


制服も新調しました。
サイズ的には、まだまだ着られるのだけれど、マレーシアでは、洗濯機を使って洗っているうちに色落ち、色移り、縮みなどがじわじわと。
以前、同じTシャツで比較したところ、オリジナルの色はいずこへという程、その差が歴然で驚きました。
次男の制服は一年もずっと着ていたので、生地もかなり傷んで黒ずんでしまっています。
なので、新学期を機に、シャツのみですがリニューアル予定でした。

学校の売店で、BOY’SかGIRL’Sかと聞かれたので、ハッキリとBOY’Sと言って購入してきたのに、家で開封してみると、それは紛れもなく女の子用。
しかも、3枚全部!

ブミプトラ(マレー人優遇政策)の影響か、日本だったら一人で担当しているような部署に5~6名の事務系スタッフがいて、それはそれはの~んびりお仕事している様子なので、それなのに、こういう手違いが起きるのは何故?と不思議なくらいです。
が、マレーシアでは、この手のことは多々あるので、その場でチェックすべきでしたね。
私たちも、夏休みボケかな。

翌日、次男に交換に行かせたら、またまた予想外のことが!
何でも、仕入れメーカーが変更になったので、サイズの規格も変わったとかで、Sサイズのところ、なんとXSを持ち帰って来ました。005.gif
驚く私達に、次男曰く、
”XSとLしか在庫がないって言われたから、仕方ないよ。”

着てみると、若干小さいような気がする程度で、ほぼ同サイズだったので安心しましたが、そもそも在校生の中には、それを知らずに買う人もいるでしょうに。
それにしても、新学期当初から在庫ナシってどういうことでしょう。042.gif

成長期なので、やはりSサイズも気になるけるけれど、入荷時期を訪ねたところと、”少なくとも一か月半はかかる!”と堂々と言われたとのこと。
本当にもう・・・。
少しでいいから、こちらの立場に立った言い方してほしいものです。
いずれにしても、開封は一着だけにしました。
まずは、お洗濯数回してみないことには、信用できませんからね。(笑)


まあ、マレーシアとしては大したトラブルもなく、無事に学校がスタートしてくれました。
夏休みが終わって、母はようやく夏休み!と行きたいところですが、さて、少しでも自分の時間、取れるかなぁ。。。


f0339434_18590430.jpg


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-27 00:00 | 息子たちの記録

淋しいAfternoon Tea

f0339434_19153352.jpg


とある日、ランチの予定がキャンセルになってしまい、急遽思い立って、かつてから行ってみたいと思っていたMaison Francaiseを訪れました。
ランチには既に遅めでしたし、Afternoon Tea をやっているようでしたので、たまには、それもいいかなと。
パンもデザートも大好きなんだけれど、量を食べられない私達夫婦には、なかなか行く機会がない”Afternoon Tea”
フレンチ風で軽めの印象が決め手になりました。



f0339434_19145470.jpg

場所がとにかく分かりずらくて、電話で聞いてもそれでも迷う・・・。
途中で休憩中のタクシードライバーに聞いて、ようやくたどり着きました。

この周辺は、主要な大使館が点在するディプロマティックなエリア。
ゆったりとした敷地に旧大使公邸風の朽ちた洋館が立つ一角が、続々とコンドミニアムやホテルへと変わろうとしている一帯に、ひっそりポツンとあるレストランです。
きっと、この建物も、かつては由緒ある邸宅だったのではないかな。





f0339434_19140693.jpg

テラスの先には小さなプールもあり、その淵でもお食事が取れるようになっていました。
緑に囲まれたコロニアル風のシャビーシックな良い雰囲気。。。






f0339434_19132545.jpg

予想通り、定番のスコーンなしのシンプルなアフタヌーンティー。
それに、フレンチレストランだけあって、コーヒーの選択肢もありましたよ。
ラテやアイスコーヒーもOKって、コーヒー好きには嬉しいですね♪




f0339434_19160841.jpg

でも・・・。
淋しいことに、お客さんは私達だけ。。。
なんだか、ちょっと緊張してしまいます。042.gif

フレンチレストランだし、日曜日の午後だし・・・と思ってみたものの、もう少し活気が欲しいところです。
もしかしたらその理由の一つは、周辺一帯の工事現場の影響かしら。

緑が揺れる窓辺に近づいてみると、こちらも例外ではなく建設現場となっていました。
もとは邸宅か大使館だったであろう古木に囲まれた雰囲気の良い土地なのですが、既に取り壊されて、工事が始まっていました。
せっかくの借景がクレーンやトラックに取って変わり、さらに騒音まで加わったら環境も一変です。

歴史を感じさせる緑の多いエリアなので、数年後、コンドやホテルの建設ラッシュも終われば、趣きとスタイリッシュさが混合したステキな街へと生まれ変わることでしょう。
そんな中、このように素敵な元邸宅風のレストランが、ずっと残って行けたら良いのだけれど。。。

http://www.maisonfrancaise.com.my/

[PR]
by JKJasmine | 2015-08-24 00:00 | ランチ

エアコンいらず?

我が家では、リビングのエアコンがかれこれ2週間も壊れたままです。
購入してまだ2年半、一応○○ソニック製です。
日系とはいえローカル生産なので、お値段も安く喜んでいたのですが、今では、”所詮ローカル品なのかなぁ・・・”と思わざるをえません。
マレーシアのメーカーで、もっと安価のものもありますので、一応は”高級品”。
でも、これがなかなかにトラブル続きの代物なのです。

ヘビーユーザーの次男のエアコンは、2度ほど水滴が垂れてきてバケツがすぐにいっぱいになるというトラブル発生。
水滴を屋外に排出するパイプに傾斜がないことが原因らしく、ホコリ等が詰まってしまい、時々お掃除が必要になるみたいです。

リビングの2台のうち、一台は購入当初から、なぜか自動でタイマーがかかってしまいます。
しかも、10分で切れてしまうのです。042.gif
プラス、ガス欠とか、要クリーニングとか、室外機の故障とかの超問題児。
コストはかさむばかりです。

そして、ついに頼みのもう一台が・・・。
症状は同じで、10分で切れるタイマーが自動でセット。
しかも送風のみで、冷気は出て来ない。

実は、この症状が一番やっかいで、どの業者さんにも直せないのです。
正確にいうなら、その場は直ったように見えて、しばらくするとまたタイマーがかかってしまうので困ってしまいます。
1台でも効いてくれれば問題なく凌げる程度ですが、全くつけないと、やはりもわっと暑い。

もう、次はどこへ連絡したらよいものやら・・・。



ところで、日本では猛暑のようなので、マレーシアで、どうして2週間もエアコンが壊れたままで暮らせるのか?と思われるかも知れませんね。
実は、ある意味、その程度の暑さなのです。
我が家では、リビングにはキッチンも隣接していて、そこはエアコンなし。
当然、調理中は室温もさらに上昇します。
それでも、扇風機とシーリングファンが起こす風だけで、なんとかなってしまうレベルなんですよ。

息子達は、自分の部屋にエアコンがあるので、リビングに出て来ると、度々“この部屋、暑っ!”とは言いますが、扇風機の近くに座っているうちに慣れてしまうみたい。
私は、涼しい自分の部屋に基本引きこもり気味ですが・・・。
対照的に、暑さ寒さに耐性のある主人は、”暑い”の一言も発せず、長時間リビングにいても平気な人。
平然としていて、自らは、扇風機すらつけません。
なので、ちゃんと直せる業者さんのあてがないことで、ずーっとそのままになってしまっているんです。。。


KLでは、コンドミニアムの生活をしていると、特に高層階は風が通り抜けるので、窓を開け放っていると良い風が入ってきます。
実際、エアコンが苦手で、ほとんど使わず暮らしている方も多くいらっしゃいます。
そのうえ熱帯夜もほとんどないので、夜間はエアコン不要です。


でも、暑さに強いのは主人だけという我が家には、やはりエアコンは必要。
ネコもいるので、事故防止のため、日中でも窓を閉めてエアコンをゆる~くかけていることが多いのですが・・・。
目下、修理の予定なし。
やれやれ、無事に直るのはいつかなぁ・・・。



f0339434_00075598.jpg

[PR]
by JKJasmine | 2015-08-21 00:09 | マレーシア生活

疲れた寝

f0339434_22014819.jpg

尿路結石騒動も、ようやく一段落してきました。

入院中、ライオンのしっぽスタイルにトリミング(?)。
これも、なかなか可愛い♪





f0339434_21572880.jpg

でも、病院では、ほとんど眠れなかったのか、
帰宅直後は、すっかり疲れた表情でした。






f0339434_22010697.jpg


そして、その後は、眠って・・・






f0339434_19105223.jpg

ひたすら眠って・・・





f0339434_22192154.jpg

もう、ご覧のありさまでした。085.gif





f0339434_22144481.jpg

さつえい きんし !




f0339434_19064277.jpg


おかげさまで、10日経った今、
すっかりいつもの様子に戻りました。

苦手なお薬も、あと一種類のみ。

入院は、本当に辛かったね。
シアン、おつかれさま。。。


f0339434_22113461.jpg

あれっ?
またそんなところで寝てるのね・・・ 042.gif 


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-19 00:00 | ネコとの暮らし

リフレッシュ願望

日本は、お盆休みですね。

しばらくPCから離れていました。

息子達は夏休み中でも、母はそれなりに多忙。
この夏は、本当にいろいろなことがあって、ちょっと疲れてしまったので、リフレッシュ願望がマックスレベルに到達。

どうしたものかしら・・・といろいろと考えてみました。

まず、視覚的ストレスを排除したい。
スッキリをした部屋で過ごしたら、少しはリラックスできるのでは・・と。
そこで、お部屋の片づけをし始めたらハマってしまい、部屋のレイアウトを変えてみたり、不用品の処分をしたり・・・。
収納家具を見に行ったりもして、数日、没頭していました。
こういう気分の時は、思い切って断捨離してみるのも良いですね♪


そして、一日、自由時間をもらってKLのホテルでボーっとしてきました。

施設内から出る意思がなかったので、人の少ないプールサイドでひたすらのんびりしたくて、中心部から少し離れた場所にあるホテルでしたが、自分で選びました。
今回の宿泊先選びのポイントは、インフィ二ティー・プールがあること。
でも、いざ出かけるとなると、自分ひとりだけのゼータクはちょっと気が引けてしまい、結局、途中で家族が訪ねて来て、一緒に夕食を取ったのだけれど・・・。




f0339434_22452354.jpg


天空のインフィ二ティー・プール。






f0339434_23555425.jpg

まるで、屋上から地上まで
水が流れ落ちるような錯覚がスリリング。





f0339434_22503782.jpg


夜も夜景がきれいで、昼間とは別世界。

ここで朝まで寝たいくらい(?)




f0339434_22462393.jpg



朝食後もチェックアウトまで、空を眺めたり読書をしたりして、久しぶりに一人の時間を満喫しました。

KLには、これといった観光地は多くはないのですが、リゾート感のある宿泊施設がとてもリーズナブルな料金で利用できるのは、嬉しいことです♪
次は、いつ行けるかな?

さあ、明日からまた頑張ろう♪


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-15 01:13 | 日常

HOME

シアン、何とか無事に戻って来ました。
”何とか”と条件が付いたのは、実は、こういう事なのです。

順調そうに見えたので、先生は予定より早く導尿用カテーテルを外し、しばらく様子を見ていたそうです。
でも、なかなか自力で排尿できないようだったため、先生が一度、シアンをケージの外に出してみたところ、かなりまとまった量が出た・・・・。
その為、シアンは、ケージ内では強いストレスを感じてしまいリラックス出来ていないと判断し、それならば、早く家に帰してあげた方がベターと判断したようです。

入院中、(エリザベスカラーを付けていた期間もありましたが)拒食をしていたようで、ストレスが強かったことは、先生にも見て取れたと思われます。
私たちが、”デリケートなタイプなので”と当初から心配していたことも、理解して頂けたと思います。



前回駆け込んだ時の検査同様、今回も”結石”はなかったそうです。
けれども、はっきり特定できないものの何らかの理由で、尿が固まって、完全に詰まってしまったようです。
最初は、再発の原因として、”フードを普通食メインに戻していたことでは?”と推測していた先生ですが、退院時には、”確かに何等かのストレスもあったのかも・・・”とおっしゃっていました。

いずれにしても、このまま病院にいるよりも帰った方が・・という判断で、帰宅許可が出ました。



f0339434_22025192.jpg


帰宅準備が出来ていたシアン。
点滴も外れ、スッキリしていました。



f0339434_22044238.jpg


                対照的なタイプのお隣さん。
           お泊り中でしたが、”出してくれ~”コールで、スリスリ。




”レスキュー部隊”が現れ安心したようで、クルマの中ではすっかり落ち着いていました。
ずっと狭いケージに内にいたせいか、最初は歩行もぎこちないシアンでしたが、やはり”HOME”は落ち着くらしく、急速にらしさを取り戻しつつあります。
あちこち探検し、確認し、そしてトイレにも何度か行きました♪
毛づくろいをしたり、爪とぎをしたりとの日常的な行動も出来ずにいたので、一心不乱でしている姿が微笑ましかったです。
そうそう。
ものすごーくお腹が空いているらしく、テーブルの上に大胆に上がって、息子達のおやつのお皿を舐めようとしたり、キッチンのカウンターを覗いたり、驚きの行動も!005.gif
たくさん美味しいフードをあげたいところだけれど、当分はお預けですね。
苦そうなお薬も2~3種類出ています。
何とかごまかして食べさせなければ。。。


それに、しばらくは・・・、いえ無期限で療養食のみになるかも知れません。
これが、どうやらあんまり美味しくないみたい。
なんとか、食べてくれると良いのですが・・・ちょっと苦労しそう。


f0339434_22032946.jpg

治療のため、前足の一部とお尻回り、そしてしっぽを剃毛されてしまいました。
まぁ、ご愛嬌ですね♪

おかげさまで、無事に退院することが出来ました。
心配をしてくださった方々、どうもありがとうございました。040.gif


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-08 00:10 | ネコとの暮らし | Comments(22)

再び、入院 2

旅の思い出を綴る予定が、入院のパプニング。
相変わらずバタバタの我が家です。

シアンのお見舞いに行って来ました。
”面会は、日曜日も含め何時でも良いよ”
って、先生が言って下さっていたので、たまたま都合の良い早い時間に伺ったのですが、ふと見ると、院内の張り紙には、
”お掃除や治療の関係上、面会は12時以降で”とありました。
ルールはあっても、徹底されないのがマレーシア流。
ここでも、そうなんだ・・と可笑しくなりました。


二階へ案内されると、先生たちが治療中。
大型の闘犬風ワンちゃんは一階へお引越ししたようで、ケージは空っぽでした。

シアンは、点滴をしていて、導尿用のカテーテルから床の上に置かれたボトルへとおしっこが。
尿管が詰まってしまっているので仕方ないですが、かつては注射とお薬で即退院していたので、今回は以前より大がかりな治療となり、ちょっと驚きでした。
呼ぶと反応し、小さな声ですが、その都度答えてくれました。
震えていたので、切なかった。

舐めて点滴を外してしまったりしないようにと、エリザベスカラーのようなものを付けていたため、視界が極端に狭くなっていたので、私達の顔がちゃんと見えたかどうかは分かりません。
それでも、声や匂いで、少しは安心してくれたのではないかと思います。

”明日の夕方、カテーテルを外して、自力で排尿が出来ることが確認出来たら、帰宅できるよ”
と言ってもらえ、ホッとしました。

”また明日、会いに来るね。”


家に帰り、一息ついた頃、先生から電話が。。。
一瞬、何かあったのかとドキリとしましたが、何と電話の要件は、”近くのケージに別の猫が入る予定だけど、OKか?”という趣旨のものでした!
聞くと、病気のネコちゃんではなく、単なる”宿泊”なんだそう。
わざわざ許可を取る電話をかけて来てくれるなんて、ありがたいやら不思議やら。。。

私達のリクエストって、そんなに無茶なものだったのかしらと、改めて考えてしまいました。
でも、希望を伝えたことで、要望に応じて、きちんと対応して下さったことに改めて感謝ですね。
(やっぱり、言ってみるものだなぁ。。。笑)





[PR]
by JKJasmine | 2015-08-06 15:45 | ネコとの暮らし

再び、入院 1

シアンが、突然の尿路結石再発で、また入院となりました。
振り返ると、もしかしたら私達の長期不在のストレスも一因となったのではないかと思われ・・・責任を感じてしまいます。
長男が一緒だから大丈夫かと思ったけれど、今一つ役不足なのかなぁ・・・。

前日丸一日、トイレが難航してしまい、あわててチャイニーズ系マレーシア人の獣医さんの元へ連れて行きましたが、そこでも手による導尿が出来ず、唸り声を上げるほど痛がったので、その場で即入院が決定しました。
最低でも2~3日とか。
ただ、マレーシアなので、この辺は極めて曖昧。
前回もそう言われつつ、入院翌日、学校帰りに面会に行った長男に対し、そこのインド系獣医さんは思い立ったように帰宅許可を出し、急遽連れて帰って来たという経験もあるのです。



入院は初めての病院だったので、気になってどれくらいの大きさのケージか聞いてみました。
すると、
”え? 個室じゃなくて、他のネコと一緒だけど・・・。”
というお答え!

それはストレスになるから、家からケージを持参しても良いかと聞いた私は、
”それなら二階がいいかな。そこは、イヌか一匹いるだけだよ”
という先生の言葉に、再び衝撃を受けることに。

頭の中に浮かんだ光景は、広い部屋にワンちゃんと一緒に同居するシアンの姿。
思わず絶句してしまいました。
イエネコ生活しか送ったことなく、窓越しに見るハト以外の生き物に接していないシアンなのです。007.gif


そうこうしているうちに、パーキングを終えた主人が到着。
よく聞けば二階にはケージがあるそうで、希望なら見せて下さるとのことで、気を取り直し階段を上がって行きました。


そこは、治療が出来るような一角もあり、思ったより動物病院らしくて安心しました。
確かにケージはあり、大きいケージ3~4室、その上に小さなものが数室の二階建て構造。
けれども、そこにいたのは、なんと大型犬!
しかも、闘犬風。
私達に向かって、ものすごい声で吠え立てて来ました。



これ以上文句は言えないかなと思い私は黙っていましたが、主人は、”これもストレスだと思う。”と、穏やかな口調でですが、先生に打ち明けました。
おそらく傍目にも、私達の表情がこわばり、完全に固まっていたのが分かる程だったのではないかと思います。

そうしたら、先生が、
”ならば、この犬を一階へ移動するよ”
とおっしゃってくれたのです!
”それは助かります♪”とお礼を言って、シアンをお預けして帰って来ました。



私達は、ワンちゃんも大好きなのですが、今回の件に関しては、獣医さんの感覚が、日本人の先生と大きく違う事に戸惑ってしまいました。
マレーシアでは、概して、ペットの衛生管理や気遣いは、日本人のように繊細とは言い難く・・・。
特に聞かなければ説明もしてくれないし、注文をつけなければ相手のペースになってしまう事は、獣医さんに限ったことでもないのですが、こういう場面では、特に注意しなければいけないと感じました。
何しろ初めて入院する動物病院ですから、日本の獣医さんの環境と同様だという思い込みは禁物ですね。

その一方で、リクエストしたこと、意思表示をしたことには出来るだけ応じてくれようとするのがマレーシア人でもあり、”日本人的な遠慮は禁物だなぁ”と、今回も実感しました。
この国には、自分達の感覚ではありえないと思うほど、大ざっぱであったり、細かいことを気にしない感性の持ち主も数多くいるので、こちらの考えをしっかり伝えなければ理解してもらう事は出来ないわけです。

たとえば、レストランでも、座ってメニューを見てからでも、気に入らなければお店を出てしまう人がフツーにいるお国柄。
ましてや、大切な家族であるペットが、どんな環境でどのような治療を受けるのか、飼い主には、病院を選ぶ権利も責任もあるわけですね。

いいのか、悪いのか。
こんな時は、ちょっとテンション下がります。。。



f0339434_19093374.jpg


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-05 19:43 | ネコとの暮らし | Comments(16)

松山 衣食住 爆買い編

再び、旅の記憶、松山がテーマです。

その土地が暮らしやすいかどうかは、衣食住のバランスで決まるかと思いますが、松山という土地は,その点文句なく全てクリア。
上品で、穏やかでこじんまりした地方都市として、とても住みやすそうな街だと思います。

まず、”衣”ですが、ローカル店はもちろんのこと、ユニクロから有名ブランド店まであり、一通りの物は全て揃う印象。
特に、路地にある個性的でこだわりのあるブティック風のお店が多いことには、正直驚きでした。
時間もなく、個性的な方でもないわが家なので、覗いてみる機会はありませんでしたが、もし、お気に入りのお店が見つかったらご贔屓にしてしまいそう♪
きっと、松山には、四国のお洒落な方が集まっているのではないかな。
そんな印象でした。


我が家的に嬉しかったのは、大好きなヨーロッパのブランドを高島屋デパート内で発見したこと!
主人と息子達が、以前からずっとお気に入りなのです。
日本では店舗数が少なく、かつ割高なので、海外で購入しては大切に着てきました。

でも、さすがにいつも着ていると痛むし、次男は背が伸びているので、いずれにしても、この旅行で日本製の夏物を買う予定でいました。
そんな絶妙なタイミングで、ましてや松山で出会うなんて感動だったようで、報告してきた主人も嬉しそう♪
しかも、セール中!
それならば・・・二人で出直しました。
次男の夏物を中心に買っているつもりが、主人用にも、そしてKLでお留守番中の長男のもTシャツをおみやげにと・・ついつい段々とエスカレート。
そんな私達を見て、お店の人は”爆買い派”と思ったみたいです。(笑)

”いつもこんなに買っている訳じゃないんですよ~。
なにしろ3人分!しかも、一年中夏ものを必要とするので、このタイミングは貴重なんです~”

事情を話すと、
”出店して間もないこともあり、当地ではほとんど知られていないブランドなんですよ。
わざわざ海外から来た人にファンですと言ってもらって嬉しい♡”
と、喜んで下さいました。

その他、ちょこちょこと他のお店でも夏物を買い足しましたが、冬物を必要としない暮らしなので、結果的には、南国暮らしはリーズナブルと言えるかと思います。


着ることに関して、KLでは購買意欲が湧かない私。
洋服は、ほとんど夏の一時帰国の際に調達しています。
海外で生活していても、”衣”に関しては、好みも体型も日本人そのものです。
主人は時々、KLでTシャツ類を買いますが、たとえデザインは良くても劣化が激しいと嘆き始めていたところでした。
なので、”日本のデザインとクオリティーを持つ洋服がセール価格”と思うと、本当にお得感でいっぱい!
やはり、日本は買い物天国かも!?
外国人が爆買いする気持ちがよーく分かるような気がしました。

そんなわけで、たくさんの夏服と共に戻って参りました。
もう、当分は、買い物しなくて済みそうかな。


f0339434_16145796.jpg
                          もう、スペースないよ。。。


[PR]
by JKJasmine | 2015-08-04 06:00 | 旅行

猫と暮らすマレーシアライフ


by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧