Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧

サンダル

マレーシアでは、一年中サンダルを履いて過ごしています。
買い物も、食事へ行くのにも、外出時は全てサンダル。
なので、その分寿命も短いんです。
以前、マレーシア一度で靴を買って失敗して以来、再チャレンジする気持ちになれず、スコールに遇っても大丈夫な素材のものを、日本で購入しています。

靴に関しては、とにかく実用性第一主義。
そして、健康志向派かな。

もともと、気に入った靴を履き潰すまで使うタイプ。
洋服に合わせてマメに履き替えるのは、面倒なのです。
子供が生まれる前は、”多少おしゃれを楽しみたい♪”と思っていた時代もあったけれど、自分の足に合わない靴の痛さや歩きにくさを経験して以来、靴の大切さを実感し、多少のこだわりを持って来ました。

育児をするようになってからは、私にとって靴というものは、子どもの手を引き走れるようなものであることが絶対条件となりました。
やがて年の離れた次男が生まれ、ずーっと子育てが続いていたこともあって、それがそのまま継続中。。。
どうしてかしら。
今では、その次男も、最早手を繋いでくれることはなくなったというのに…。
思うにその理由は、今度は、自分が家族の足手まといにならず一緒に行動出来るようにとの思いからが半分。
そして、疲れずラクな方がいいや~と思っているのが半分かな・・・。
長いこと、そんな風に過ごして来たものだから、いずれにしても、もうヒールの高い靴などは履けなくなってしまいました。(笑)

その上、KLに住んでからは、やたらと多い段差や、道にあいている穴ぼこなどに注意を払いながら歩かなければならない時もあるので、この条件は、永遠に解かれることはないかも知れないなと思っています。



さて、今履いているサンダルが傷み始めたので、いつものオンラインショップで購入しようとしたら、お目当てのものはすでに完売でした。
ショック!
でも、考えてみれば当然でしょう。
日本は晩秋ですものね。
しかも私のサイズは、22・5センチ。
セールまで待っていたら売り切れてしまうサイズなので、出会いがあったら要即決だったはず。


マレーシア生活も4年目に入りましたが、
日本がもう冬で商品も完全に入れ替わっているという感覚すら、いつのまにやら忘れ始めていることに気づきました。

この時期に、美容院で見る日本の雑誌。
シックなウィンターカラーのパンプスやブーツは、大人っぽくて素敵なぁ・・とうっとりしたりするのだけれど・・・。
冬がないこと、毎日サンダルで過ごせる日常は、それはそれで心地良いもの。
肩の力を抜いてゆったりと毎日を過ごしていく日々も、自分的には、なかなか気に入っているんですよ。



f0339434_11000262.jpg


by JKJasmine | 2015-11-30 00:13 | 日常 | Trackback

Huckleberry Food & Fare (ベーカリー)

f0339434_16142785.jpg


久々に素敵なベーカリー&カフェを発見しました!
”発見”は、ちょっと違うかな。
夜は早々に閉店しているため、その素敵さに気づかなかっただけ。
思えば何度も前を通っていたし、
そのたび気になっていたのに、つい見過ごしていました。

BSCに新しく入ったHuclkleberryベーカリー。
そのオリジナルが、こちらと知って驚きでした。
今回は、ランチをすべく訪問。
店先には、KLとしては、かなり本格的なケーキも並んでいましたよ♪




f0339434_16154888.jpg


何しろお店のディスプレイがカッコいい!
良質の材料、添加物も保存料も不使用。
当日に焼きあがったパンのみを販売しています。
(実は、当たり前の事ではないです。)



f0339434_16163144.jpg


お写真ピンボケでごめんなさい。

大きくてボリュームのあるペイストリー。
バケットやローフ類は、ハードパンが中心です。




f0339434_16215764.jpg


ランチタイムは、もっとも忙しい時間かも。
次々にお客さんが入って来て
カウンター席もいっぱいになる程の大盛況でした。

パンはテイクアウトすることにして、アラカルトメニューをオーダー。




f0339434_16185580.jpg


マレー系の人も多い場所柄、ポーク不使用のパスタ類。



f0339434_16194713.jpg


グラタン風のマカロニは、とっても優しいお味で、
思わず、”美味しい~♪”と歓声。



f0339434_16174352.jpg


それから、イチオシのスーパーフードのサラダ。
ボリュームもあって、充分満足出来そう。

出来ればシェアーをして、
いろいろなメニューを楽しみたいところです。

器や盛り付けも、とてもキレイ♡


f0339434_16171328.jpg


そして・・・
地味ながら、見逃せないのはインテリア。
内装をもう少し頑張れば良いのに…と思うお店が多い中、
シャビーシックを上手に取り入れつつも、清潔感はしっかり保たれ、
細部にも、専門家の手が入っているのが伝わって来ました。




f0339434_16182592.jpg


ピークタイムを過ぎると、一気に静かな雰囲気の一角が現れました。
通路沿いの明るい解放感のあるテーブルに対して、
こちらは、落ち着いた雰囲気で、読書などに向いているお席です。
座る場所によって、違う気分が楽しめるもの好印象。

朝7時半から開いているみたいなので、
ここで、ゆっくり朝食なんていうのもいいな。





f0339434_16372361.jpg


ドリンク類も、全般にヘルシー志向。
ソフトドリンクは、ビンにもこだわっていて、
非日常的な空間が楽しめました。

帰りにテイクアウトをしようと楽しみにしていたアップルパイは、
たちまち売り切れで残念・・・。
これも、量販しないポリシーの表れですね。

価格は多少高めでも、美味しくてヘルシーなものを食べたいという人向けの
高感度なカフェ&ベーカリーです。

http://www.huckleberry.my/


by JKJasmine | 2015-11-28 00:00 | こだわりのベーカリー | Trackback

何に使うの?



f0339434_22213774.jpg

雨季のKL。
毎日のように、スコールがあります。





f0339434_22102289.jpg

おにいちゃんたち
これ
なにに つかうのかな~。





f0339434_20504904.jpg

おうちかな?





f0339434_20550337.jpg

じゃれて あそぶのかな?






f0339434_20541287.jpg

それとも、マイクかな~?







f0339434_20435562.jpg

わかった・・!





f0339434_22204395.jpg

クッションだよね~? ママ。079.gif


by JKJasmine | 2015-11-25 00:00 | ネコとの暮らし | Trackback

キャンドル・ナイト

”そろそろ夕食の支度をしなくちゃ~”

PCの前で、時計を見ながらそう思った時、
電源がプツンと落ちました。
PCだけでなく、エアコンも扇風機もライトも全て・・・。


”また停電だ~”と息子達も、私のもとへ。

涼しい夕方でしたから、
エアコンが動かないのは、全然平気。
それに、すぐ点灯することもしばしばなので、
のんびりおしゃべりしながら過ごしていましたが、
だんだん日が落ち、リビングも暗くなって来ました。
予告停電ではないので、いつ復旧するか少し不安に・・・。




f0339434_00161863.jpg


停電は、点検を含めると時々あることなのです。
日本にいる時災害用に買った電燈の類が、
予想外にKLに来てから大活躍をしています。

それに、電池式で本物のような光を放つインテリア用のキャンドルも。
安全だし、その上熱くありませんから、
南国マレーシアではピッタリなんですよ。

各種の灯りを集めて、キャンプ気分で待機していると、
そのうちに点灯・・・となるはずが。




f0339434_00133065.jpg


一時間近く待っても直らないので、諦めて外食に出かけました。

”こんな調子じゃ、2020年までの先進国入りはムリだね~”と次男。
でも、言葉と裏腹に、のん気に構えている様子。
KLに来て以来、すっかり、逞しくなりました。

シアンも夕ご飯の時間。
かなりお腹が空いているみたいで寄ってきましたが、
冷蔵庫を開けることが出来ないので、しばらくのガマンね。




f0339434_00165408.jpg


いつもより、ゆっくり食事をして戻って来たけれど、
残念なことに我がコンドに灯りは戻っていませんでした。
遠くに見えたKLタワーの赤い光。
いつになく恋しくて、飛んで行きたい気持ちに。



f0339434_00130592.jpg


大して気にも留めない男性チームは、iPadで映画上映会を。
私も同じくi Padで読書を。
こういう時にバックライトがあると、本当に便利です。
        
      
   059.gif   

     
停電から3時間半が経過したこと、ようやく点灯!
”良かった~♪ ついた~!”
一人喜び、PCを再起動させた後にシャワーも済ませ、
しばらくしてからリビングに行ってみると・・・。

何と男性チームは、
すでに明るいリビングで、ランプの類を全て点灯させたまま、
停電時と同じ姿勢で、小さなiPadの前で身を寄せ合うようにしながら、
依然として、映画鑑賞中だったのでした。005.gif




by JKJasmine | 2015-11-22 01:10 | 家でのできごと | Trackback

TROIKA SKY DINING


ずっと前のことになってしまいましたが
トロイカビルディングの最上階にある絶景レストラン
スカイダイニングへ行った時の写真を見つけたので、
遅ればせながらのアップです。


夏休み最後の週。
この夏はいろいろあって、
息子達をどこにも連れていってあげられなかったことから、
ふと思い立って、以前から気になっていたトロイカへ。

少し分かりにくいのですが、
”スカイダイニング”は、
CANTALOUPE(フレンチ)、CLARET(ワイン&バー)
FUEGO(南米料理)、STRATO(イタリアン)
という4つからなる複合空間です。
今回は、CANTALOUPEに。
平日のビジネスランチを利用しました。


時間が経ち過ぎてしまい、メニューの名前も忘れてしまいました。
なので、お写真で雰囲気だけでも・・・。


シンプルで手を加えすぎない軽いフレンチスタイルのランチ。
女性好みですが、明るい店内でいただくのにピッタリでした。
サービスもGOOD!


f0339434_19031003.jpg
ごく生に近いキャベツを使った前菜のサラダ。




f0339434_19074827.jpg
フォアグラのムース(?)




f0339434_19022367.jpg
茹でエビのサラダも、ごくシンプルなお味。




f0339434_19004619.jpg
フルーツベースのソースに彩られた鱈のグリル。





f0339434_19101603.jpg
もう一つのメインディッシュ、ローストビーフ。




f0339434_19052053.jpg
ライスクラッカーのお菓子。




f0339434_19035505.jpg
そして、抹茶クリームをサクサククッキーと共に。




f0339434_18590430.jpg

あまりに空いていて、多少我が家は緊張気味でしたが、
おかげで良いお席を用意して頂きました。

ひとつひとつのお料理をゆっくり頂くランチは、
主婦としては、本当に贅沢なひととき。

息子達は、お腹はいっぱいにならなかったかも知れないな。
でも、非日常的空間に浸れて、
きっと良いリフレッシュになったことでしょう。




f0339434_18574611.jpg

こちらは、STRATO(イタリアン)の一角。
インテリアがまたステキでした♡
手軽なプレートランチもあるようです。
私は、イタリアンの方が好み。
次回は、ぜひこちらへ。




f0339434_19000461.jpg

お料理も雰囲気も洗練されていますが、
特徴的なのは、やはり圧巻のツインタワービューですね♪
高い天井、全面ガラス張りなので、パノラマも楽しめます。

ランチタイムでも、充分解放感があって素晴らしかったけれど、
夜は、きっとまるで別世界でしょう。

暮れなずむ街を見下ろしながら、テラスでワインを飲み、
ディナータイムには、KLCCの夜景をエンジョイ。069.gif
いいなぁ。。。

記念日や特別な機会に利用している人も多いようです。

私の拙いレポートや写真では伝わらない
スカイダイニングのスリリングな雰囲気は、
ぜひ、こちらで確認されてみて下さい。
大人の雰囲気とエキゾチックさに魅了されそう。

http://www.troikaskydining.com/



by JKJasmine | 2015-11-20 00:00 | ランチ | Trackback

やっぱりKL一番のクロワッサン


クロワッサンが大好きな私。
個人的にですが、
KLで一番美味しいと思うのが
BSC内のJason'sのベーカリーのもの。
レジ付近のカウンターに並んでいます。



三年ほど前、最初に食べた時は、感動しました~。
昨年も記事にしましたし、
その後も、いろいろ試したけれど
今でも結果は変わらず。
堂々の一位!



f0339434_16124406.jpg


思い出せば、移住開始の当日、
早朝便のため、空腹のまま自宅に到着した私達のもとへ
エージェントさんの心遣いでコーヒーと共に届けられたのが、
このクロワッサンでした。

大好きだったメゾン・カイザー風♪
バターの加減といい 引きのある食感といい、まさに自分好みでした。

”KLでも、こんなに美味しいクロワッサンが食べられるなんて!”

その”刷り込み”効果は絶大で、
KLの印象が、ぐんとアップしたような気がしています。


最近は、朝食はフルーツジュースだけなので、
このクロワッサンは、別のタイミングで登場します。


一人ランチの時、あるいはイートインカウンターでカプチーノと共に、
または、食欲がない時のエネルギーとして・・・。

日本にいた時のご馳走だった”上質なおにぎり”の代わりかな。
お気に入りのシンプルな贅沢品。

時々無性に食べたくなってしまいます。






f0339434_18052372.jpg

この日は久しぶりに、日中ひとりだったので、
お茶の時間に。063.gif

オーブンがあれば、温め直すのがおススメ。
ひと手間かけるだけで、
焼き立てをいただく幸福感に満たされます♡


by JKJasmine | 2015-11-18 00:22 | こだわりのベーカリー | Trackback

フード・ディリバリー

帰宅が遅くなってしまい、夕食の準備が出来ていないけれど外食も億劫・・・
という時、我が家が最近、頻繁に利用するようになっているのが、ディリバリー・サービス。

オンラインで提携しているレストランのメニューをもとにオーダーを入れると、そこまで買いに行って届けてくれるサービスで、おおよその所要時間も分かるし、レストランの質も良いので、なかなか気に入っています。

配達にかかる料金は、わずかにRM4(約110円)。
通常、お店で食事をする場合に支払うサービス料は、この場合でもチャージされてしまいますが、私はおそらくこれがディリバリー業者のマージンで、1件あたりのRM4が配達員へのアルバイト料なのではないかな~と勝手に推測しています。
それにしても、何と人件費が安いことか!

ところで、アルバイトの少年達はいかにも移民風で、英語をほとんど全く話しません。
金額ぐらいは言ってくれる場合もありますが、たいていはレシートを差し出すだけ。
KLでは、こういう職種は、たいてい低賃金で働いてくれる外国人頼みのようです。

マレーシアにはチップの習慣はなく、レストランでもキッチリおつりをくれるので助かりますが、単独でディリバリーをしてくれる人に対しては、ケースバイケースなのではないかと思っています。
チップをあげないとどうにも気持ち悪いという人が、特に欧米人に多そう。

我が家では、このネットを使ってのオーダーに係るのは長男の役目。
いつもは、ほぼレシート通りの金額を渡しているようなのですが、昨日、切りがよい金額に丸めて多めに渡すようにさせたところ、
”配達のコ、ものすごい嬉しそうだったよ!”
容器を受け取って振り返る彼までもが笑顔になっていました。
”やっぱり、少しでも多めに渡した方が良いね~”

それを聞いた私達も幸せな気持ちになり、何だかより美味しく食事をいただけるような気がしました。
僅かな金額なのに屈託のない笑顔を返してもらったなんて、こちらが逆に癒される思いです。



移住以来、いろいろなバックグラウンドを持った人達がマレーシアに暮らしていることを、日々目の当たりにしながら生活しています。
経済的にも、日本とは比較にならないほどの格差社会です。
一般的に、マレーシア在住の日本人の暮らしは、真ん中くらい??

明らかに存在する「違い」は、お互いどうすることもできないけれど、すっきり割り切れない気持ちにさせられることも多々あります。
たいへんそうだな・・・と思う人に対して自分達にできることは、上手に共生&共存できるよう気配りをすることくらいですが、ささいなことでも思いが伝わった時は、とても嬉しいものですね。

それにしても、日本以上に進んでいる便利なディリバリー・サービス。
笑顔をもらうと、ますます利用率アップにつながってしまいそうで、キケンです。


f0339434_21511213.jpg


いっしょにたべたい!


by JKJasmine | 2015-11-16 08:27 | 家でのできごと | Trackback

エアコン工事終了

ようやく昨日で、一連のエアコン関連の工事が終わりました。

既に一週間前から、エアコンは効くようになっていましたが、
壁にドリルで穴を開ける工事をしたので、その壁の補修に一日、
セメントが乾くのを待ってからペンキの塗装に一日
というふうに工期が延び、全てがついに昨日で完了!
次のアポまで、なぜか期間があくので、落ち着きませんでした。

お支払は小切手ですから、
我が家的にはその場で済ますことも可能だったのですが、
”う~ん。まだ請求書の用意が出来ていないから、来週また来る。”
と言って帰ったそうです。
”一日一仕事”のマレーシアです。




エアコンの調子が悪くなったのは8月中旬ですから、足かけ3か月。
最初はのんびり、後半は途方にくれつつ過ごした忍耐の日々。
それにしても長かったぁ~。

もし、これがテナントの立場だったら、
おそらく、マレーシアのオーナーさんは
ここまでの事をしてくれないでしょう。

そう思うと、オーナーさんがどういう人かということは、
お部屋を借りる時に、実は、とっても大事なポイントという事になりそうですね。




f0339434_22153408.jpg



度々の工事ににもだいぶ慣れたけれど、
作業中は、おびえ気味のシアンでした。
ようやく、平和が訪れました。


by JKJasmine | 2015-11-14 10:49 | マレーシア生活 | Trackback

A Room With a View

ディパバリのスクールホリデーが開けました。

今回は長男の試験期間にバッチリ当たってしまったため、もともと、特に予定もありませんでした。
”家で缶詰勉強をしているのなら、いっそみんなが出かけてしまった方がはかどるのでは?”
と思い聞いてみたのですが、一人になると食事の提供がなくなるのでこたえるとか。
確かに日本のように、近所で手軽にお弁当が買えたり美味しい定食屋さんがあったりという環境ではないので仕方ないけれど、男の子二人の母としては、ラクになるのは何時の日なのかしらと、内心途方に暮れる私。。。。



この連休を通して、私の体調は今一つでした。
寝込むと言うほどではないにしろ、元気が出ない日ばかり。
そんなわけで、旅行に出かけたつもりで家事は最低限。
近くで外食したりディリバリーを利用したりしつつ、基本的に自宅に籠っておりました。

でもこういう過ごし方って、実はいつものことなのです。
皆が家を気に入っていて、ほとんど出たがらない。
眺めの良い我が家のリビングは、癒しの空間です。


住宅に求めるものは、人それぞれだと思います。
広さだったり、利便性だったり、あるいは新しさだったり・・・。

私達の場合、それはずっと眺望だったような気がしています。
その時々で優先しなければならない条件は違い、願いは叶わないこともあったけれど、眺望の良い部屋であることは、何よりのポイントでした。

結婚して以来、今の家は、実に7件目。
その昔、ロンドン在住期間、2年ほど住んだ眺望の良いフラットが、中では一番好きだったかな。
中途半端に古くて、外観的にも趣があるとは言えないモダンフラットでしたが、絵葉書のようなビューがステキなお部屋でした。
そこから見える町並みと遠くの山々。
その解放感が、当時、長男の育児に追われていた私の毎日の暮らしに癒しを与えてくれていました。
バルコニーの真下のバス停に次々と停まる赤いロンドンバスを、ずっと飽きることなく見ていた小さかった長男。
パパが降りて来たのを見つけた時は、歓声を上げて喜んでいました。
懐かしいなぁ。。。

そして、今のKLの住まいは・・・。
古さゆえ、いろいろトラブルの連続。
このコンドを、決して全ての人におススメするつもりもありません。
でも、中進国のKLにおいてながら私たちが快適に暮らせるのは、気に入った住まいに出会ったからこそなのかも知れないなぁと思います。
イギリスから帰国して以来、ずっと長いこと憧れ夢見たカーテンのいらない暮らし。
たとえ豪華でなくても、今の我が家にとっては、ここがどこよりも一番居心地の良い場所なのです。




f0339434_22542219.jpg



by JKJasmine | 2015-11-12 08:15 | マレーシア生活 | Trackback

眠れる生地たち

ソファーをリニューアルしたついでに、手持ちの布からテーブルクロスを作ってもらいました。

オーダー・カーテンのお店の女性オーナーが、直接届けてくれました。
穏やかな人柄と丁寧な仕事振りで信頼を置いている彼女とは、引っ越し直後、カーテンの製作をお願いして以来のお付き合い。
細やかな仕事まで、何かと頼りにしています。


実はこのファブリックは、20年も前に、ヨーロッパ旅行先で購入したものです。
我が家のダイニングテーブルは、2段階のエクステンションが出来るタイプのものなのですが、常に一番小さな円卓の状態で使用していたので、大判のこのファブリックは、長いこと出番がありませんでした。
テーブルを拡張する機会と言えば、パーティ-や両親が来たときくらい。
その時に、端を折り曲げた状態で使用しては、そのままクローゼットへ逆戻りでした。





f0339434_22503738.jpg


最近になって、ダイニングテーブルが、食事だけでなく宿題の場やPC置き場になってきてしまい、手狭なこともあって、オーバル型に拡張することに。
それにともないテーブルクロスも必要になったところで、思い出したのが、この眠れる生地たち。
この機会にテーブルクロス用にちゃんと縫製してもらおう!
以前、カーテンをオーダーした時に出た端切れでベットカバーを作ることを提案してくれたのも彼女だったし、小さな仕事を頼むには、ベストなタイミングと思いました。







f0339434_20182114.jpg


衝動買いだったこのファブリック。
色違いでもう一枚持っております。
何度かお洗濯をしたので多少年季が入っていますが、この際気にしない、気にしない。。
厚手だしコットン素材だし、普段使いに持ってこいなのです。






f0339434_20162402.jpg


こちらも、同じ時期、プロバンスの小さな生地屋さんで一目ぼれしたもの。
どうしても...と、用途も考えないまま適当な大きさにカットしてもらい持ち帰ったものの、以来ずーっと大切にしまい込むこと20年。
ほぼ当時のコンデイションを保っています。
こちらも、トリミングしてもらいテーブルクロスとして、生まれ変わりました♪
今でも、普段使いには、ちょっともったいないかな。




f0339434_20165364.jpg


余った端切れで、テーブルセンターを作ってくれました。
女性らしい、うれしい気遣いですね♪

いつかは・・と思っていながら、そのままになっていたファブリックを毎日使えるようになって、感無量。

ちょうどそこへ
”日本からのおみやげです”
と友人からクッキー(Cookie G)の差し入れ。
焼きたてのものを持ち帰り、早速届けて下さったようです。
日本っぽい上品な甘さで、とっても美味しい♡

ようやく日の目を見たお気に入りのファブリックと懐かしいお味のクッキー。
ノスタルジックな気分の幸せな午後となりました。




by JKJasmine | 2015-11-10 08:00 | 家でのできごと | Trackback

最新の記事

小さな命に遭遇
at 2017-08-21 12:29
at 2017-08-08 17:07
Grab Carの自由人へ
at 2017-08-03 17:21
松山 ビストロ ラングドシャ
at 2017-08-02 07:30
ガーデンチェアを買い換えました
at 2017-07-31 07:22
ハトを見ていた午後
at 2017-07-29 08:13
ちょっと嬉しかったランチ
at 2017-07-27 19:07
松山 大街道の夏祭り
at 2017-07-25 10:58
緩いおもてなし
at 2017-07-22 08:19
The Last Minute
at 2017-07-20 07:03

検索

ブログジャンル

海外生活
猫