Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バンコク 視察の旅 2 歴史的瞬間



f0339434_18051839.jpg



バンコク旅行を計画している最中の今月13日、タイのプミポン国王が崩御とのニュースが流れました。
世界最長の70年の在位を誇り、国民から絶大な支持と尊敬を集めた国王だったそうです。
全国民から父親のように慕われ敬愛されていた存在であり、翌日は会社や工場が休業になったり、ショックから休暇を取る人も多かったという記事を読んだりしたので、安全な旅行が出来るかどうか不安になり、しばらく様子を見ていました。

それでも、街の機能として落ち着いた日常生活が送れているようでしたので、予定通り訪問することに。

”歴史的瞬間”と在住者の記事に書いてあったり、国民感情を刺激しないような言動を旅行者にも求めるという政府のコメントがあったりしたので、実際に街を歩くまでは、一抹の不安が拭えませんでしたが。。。。



タイ政府から一年間の服喪期間の発表があり、国民には最初の30日間は黒か白の服装着用が求められているようですが、実際、私が目にした光景は思っていた以上。
まるで、白か黒のドレスコードがある国に来たみたいでした。

デパートの洋服売り場に並んでいる衣類は白か黒のモノトーンで、デイスプレイは、ほとんど黒一色。
道行く人の服装も、それがTシャツ等の軽装であれドレスアップしたものであれ、黒を中心としたモノトーン。
露天で売られている黒の衣類を買い求める人の群れ。
正直これほどまでとは。。。

私たちも、さすがに旅行者にも求められたようにモノトーンとまではいかずとも、紺や黒をベースにした服装プランで行ったのですが、本当に正解でした。
たとえ外国人や観光客とはいえ、あまりカラフルで派手な服装の人はタイ人の感情を逆なでする可能性がありそうです。


f0339434_17403095.jpg


駅の改札口付近のスクリーンには在りし日のビデオ映像が流れ、電車の中には追悼文が掲載され、ホテルやデパートの入り口には写真や肖像画に献花。
学校や公共施設の外壁には、白と黒の布が広範囲に飾られていました。
ネットを覗けば、タイのグーグルもこの通りの黒文字に変わっています。



f0339434_18025489.jpg



国民がプミポン国王の死を悼む”歴史的瞬間”に居合わせるとは、このような風景に身を置くということだったのですね。
その後いろいろな記事を読むにつれ、いかに、国民に愛された国王だったかということが伝わって来ました。



f0339434_18161730.jpg

プミポン国王は、社会的弱者の救済に熱心だった方だそうで、タイの全ての国民の生活が向上するようにと願い、数多くのプロジェクトを手がけて経済発展に尽力されたとありました。

また、政治的にも影響力が強く、政治的混乱や政変が絶えないタイで安定の象徴と見られて来たため、神格化する人も多かったそうです。
そのため、国王の崩御を歴史的転換期と捉える人もいて、今後のタイの経済や政治の行方を心配する声も。

日本人同様に、あまり感情を表に出さない国民性もあるためか、訃報からすでに2週間あまりが経ち、タイ人たちは外見上は穏やかに振舞っているように見えました。
けれども”喪服”を着て過ごす人々の心中は、まだまだ悲しみに包まれていたり、将来への不安を抱えていたりするのかも知れません。


[PR]
by JKJasmine | 2016-10-28 07:52 | 旅行 | Trackback

バンコク 視察の旅 1

学校の休暇を利用して、タイのバンコクへ出かけてきました。
タイはマレーシアのお隣の国。
クアラルンプールーバンコク間は飛行機で2時間の距離なのですが、なんと20年ぶりの訪問でした。


f0339434_16035165.jpg



実は、ロンドンからストップオーバーで立ち寄った20年前のバンコクで、家族で激しい食あたりを起こしてしまった苦い思い出があります。
食事とお水には、細心の注意を払ったにも拘らず。。。

ホテルのクリニックでお世話になり、深夜のフライト直前まで部屋で休養して何とか帰路に着いたものの、帰国後もしばらく体調不良が続きました。
そのことがどこかでトラウマになっていたのかも知れず、近いのになかなか実現しなかった旅でした。



20年ぶりのバンコクには、いろいろな意味で衝撃を受けました。
何しろ、ほとんど記憶も薄れていて、いかにも東南アジア風の町並みと屋台の食事風景と交通渋滞ぐらいのイメージしかなくなっていましたので。

今回は、特に観光が目的でもなく、どちらかというとフラっと出かけて行きました。
強いて言うなら視察旅行という感じ。
例によって、興味のあることを元に、街歩きをすることがメインでした。

でも、かなり刺激や衝撃を受けた旅だったのに、帰ってみると写真がとっても少なかったことに気づきました。
思うに、写真を撮ることを忘れるくらいの盛りだくさんな内容だったんだなぁと実感。

次回から、とても文章では書ききれず、写真でも紹介しきれないほどの旅行記のほんの一部ですが、備忘録として残していこうと思います。



[PR]
by JKJasmine | 2016-10-26 16:28 | 旅行 | Trackback

パリの街角風カフェ Tous les Jours



f0339434_23165656.jpg



たまたまエンパイアーダマンサラを探検中に、パリの路地裏にあるような素敵なカフェを発見しました。




f0339434_12561263.jpg



Tous les Jours はブキビンタンやバンサーにもお店があって、一目を引くフレンチな外観のベーカリー&カフェですので、ご存知の方も多いかと思います。






f0339434_12551510.jpg


でも他の店舗と違って、こちらは広い通りに面していないので、こじんまりとした雰囲気が魅力。
気に入ったので、予定外でしたがランチの後にお茶を飲んでいこうと立ち寄ることにしました。





f0339434_12595636.jpg


f0339434_12591239.jpg



Tous les Joursは、 確か韓国系の経営と聞いたことがあります。
そのためか、外観はフレンチでもパンは日本風で、あんぱんやカレーパンもあります。
その他にも、どことなく日本のベーカリーを思わせるテイストのものがメイン。
マドレーヌやフィナンシェも美味しいので、テイクアウトやお土産として時々利用しています。





f0339434_13004794.jpg


そして何と言っても、このお店はマレーシアでは珍しく生クリームを使ったケーキを作っているところが嬉しい!
個人的には、もう少しあっさり系が好みなんですが、綺麗で繊細なところも日本風なんです。





f0339434_13014067.jpg



マレーシアでも、おしゃれなカフェが少しずつ増えてきているのですが、店内と外の雰囲気がミスマッチなことが多いのです。
その点、こちらのカフェは、路地の反対側も同じお店の経営。
そのため統一感があって、エキゾチックな雰囲気に包まれて落ち着いた時間を過ごすことができました。


ただ、残念なことに、このお店のある周辺一角は、すでに寂れてしまっています。
かつては、相当斬新で話題性のある施設だったような名残が随所に残っていますが、周辺のお店の多くは閉店後、そのまま長いこと放置されているみたい。
隣接するホテルやオフィスビルも、途中で頓挫した様子です。

でも、この日は月曜日。
定休日の店舗もありましたし、日系のカフェなど良さそうなこじんまりとしたお店が点在しているようだったので、また機会を見つけて探検に行ってまいります!




[PR]
by JKJasmine | 2016-10-21 00:02 | こだわりのベーカリー | Trackback | Comments(4)

札幌農学校のミルククッキー




f0339434_23190288.jpg


先日、北海道からいらした方から、お土産にいただいた”札幌農学校”というレトロなネーミングのお菓子。
ミルククッキーという表現がぴったり!
北海道らしいイメージのある風味とパッケージだと思いました。
”札幌農学校”が前身の北海道大学認定とあります。


何とも言えない優しい味でとっても美味しい〜。
この夏に行ったばかりの北大を思い出しながら頂きました。

”製造元のきのとやさんって地元では有名なのかな?”
くらいに思っていたところ、長男が調べたらしく、興奮気味に教えてくれました。
実は、BAKEというチーズタルト専門のお店を経営している会社だったのです。

自由が丘の駅近くで開店して以来、常に長い行列が出来ていたので、興味を持ったものの、時間がない一時帰国時には並ぶ気持ちにはなれず、ここ1〜2年は前を通っては諦めるの繰り返しでした。
ついに先日の一時帰国時に、小雨の降る午前中という条件下でようやく並ばずに購入することができたのですが、もしかしたら、今でもなかなか買えないのかも。




f0339434_23205553.jpg

   お約束の撮影現場にやってくるシアン。



f0339434_23200450.jpg

良い香りに惹かれて、お皿に顔をつけて、すんすん。
本当は、その表情を撮らなければいけないと思いつつも、ついついおちりにカメラを向けてしまいました。笑




[PR]
by JKJasmine | 2016-10-19 00:00 | ネコとの暮らし | Trackback | Comments(10)

結婚記念日でした

先日、結婚記念日を迎えるにあたって、いつものように、我が家の記念日の定番である笹川さんへ出かけて行きました。
当日の予約をしたところ電話に誰も出なかったので、開店前の時間だからかな?と思い、直接向かいました。
すると。。。。
まさかの閉店!?

KLにあって、日本以上のクオリティのものが戴けるお店として貴重に思っていたのですが、とっても残念です。。。








f0339434_22295031.jpg




急遽、華家さんにお店を変更をして、記念日ランチをしてきました。
記念日といっても、息子たちの話題の中心は、相変わらずポケモンGO。
いつものランチと大して変わらない会話でしたけど。013.gif





f0339434_22314368.jpg



結婚記念日なのだから、この日くらい夫婦二人でゆっくり会話を楽しめたらとも思うのですが、何だか一緒に来るのが当たり前のように思っている息子たち。




f0339434_22283497.jpg


笹川閉店ショックを抱えての訪問でしたが、こちらのお寿司もなかなか美味しい♪
茶碗蒸しやお味噌汁そしてサラダまでも、すべて同時のサービスというところだけが残念かな。




f0339434_22302485.jpg


そうそう、女性パティシエが作る繊細なデザートが、こちらのウリです。
お寿司のあとにデザートの盛り合わせがつくセットコース。
ショックから、早くも立ち直りつつある自分でした。笑





f0339434_22400904.jpg


夕方、インターフォンが鳴り、いきなりランの花が届いたのでビックリ。
主人が、いつの間にかオーダーをしてくれていたようです。
実は、先日、知人の奥様の退院祝いに一緒にランを選びに行ったばかりでした。
その時、もしかしたら、羨ましそうな顔をしていたのかな〜私。笑

思いがけないプレゼントに感激でした。
南国のマレーシアでは、ランはとてもポピュラー。
気候にも合うようで、長持ちしてくれることも理由なのだと思います。

パープルのランの大きな鉢植えのおかげで、リビングが一気に華やぎました。
どうもありがとう〜。


[PR]
by JKJasmine | 2016-10-17 00:07 | 日常 | Trackback | Comments(16)

i Phone 7 本日リリース!

日本の方であれば、”え?何かの勘違いでは。。。”と思われるかも知れませんね。
すでに9月中旬から販売開始になっているi Phone7 シリーズですが、マレーシアなどの中進国は第二次販売国という位置付けとなり、主要先進国や中国などでの販売開始から通常約一ヶ月遅れのリリースなんです。
”通常”というのも、実際のところはっきり決まっているわけではないらしく、マレーシアでも、事前にネット上でリリース日についての憶測が飛び交っておりました。
今日が販売開始日と公式サイトで公表になったのは、つい1週間ほど前のこと。
価格にいたっては、今朝公開された次第です。
ローズゴールドのケースが、とっても素敵〜。学生時代に流行った香水、ディオリシモの箱を思い出しました。
香水NG派の自分でも持っていたほどの可愛らしい外箱でした。
この箱も、捨てられそうにないな。




f0339434_18412176.jpg



今までは、スマホの最新モデルにほとんど関心を持ったことがない私でしたが、今年は、7Plusのカメラ機能が充実しているとあって、事前に買い替えを決めていました。

特に、持っていないコンデジ用の望遠レンズの代役を期待しています。

重たい望遠レンズを持ち歩かなくても、遠目のシャッターチャンスを捉えられそう♪

日本への一時帰国時に、免税扱いで購入することも検討しましたが、日本仕様のものはシャッター音が消せないので、お店などでの撮影を考えると、この違いは私にはかなり気になるところなんです。





f0339434_18415736.jpg






昨年、家族がリリース日に購入した際、開店少し前に行ったところ一番乗りだったという経験を踏まえ、今年は午後から買い物ついでに出かけでみましたが、やはり余裕で購入することができました。

昨年と違い、売り切れ機種も全くなし。

マレーシアは、このところ景気が良くないというのは本当みたいですね。



KL Note ~  マレーシア ロングステイより


[PR]
by JKJasmine | 2016-10-14 18:45 | マレーシア生活 | Trackback | Comments(8)

海外お米事情〜我が家風

海外で暮らす時に、日本人なら気になることの上位は、美味しいお米の調達方法ですね。
日本のお米は、それはそれは美味しいので、食べ慣れている銘柄と同じものが現地調達できればそれが一番ですが、KLで売られている日本のお米は、あきたこまち等2−3種類のみで、しかもかなり割高なのです。
いわゆる”日本種米”も出回っていますが、これはもはや別物と言って良いと思います。


我が家では一時、比較的割安で、日本のお米に近いとある銘柄の韓国米を利用していたのですが、たまの一時帰国の時に食べるお米の美味しさを何とかKLの普段の生活の中に取り入れたいと、次第に強く思うようになってきました。

海外生活。
その内容は、どんどん変化してきます。
短期なら気にせず我慢できることも、長期となると日本と同じスタンダードを求めてしまうことがあるものですが、その一つが、我が家にとってはお米でした。


f0339434_10471324.jpg




そうは言っても、重たいお米を大量に持ち帰るのは大変なこと。
いろいろ試みた末に、産直米を出発直前に空港受け取りできるように送ってもらい、ダンボール箱入りのまま、持ち帰る方法に行き着きました。
でも、やはり精米したお米というものは劣化が激しく、大量に買うものではないですね。
とりわけ南国マレーシアでの常温長期保存には耐えられないことが、よく分りました。
唐辛子をたくさん米袋の中に入れ、可能な限り冷蔵庫に保存したりしますが、それでも限界があります。




f0339434_10451068.jpg



そこで、ついに家庭用精米機を購入し、お米を玄米のまま持ち帰ることに。
この方法なら、数少ない一時帰国時に、可能な限りのお米を持ち帰ることができそうです。

玄米を、定期的に必要に応じて精米する。
実際、これは良いアイディアでした!
ようやく、少しだけの手間で、フレッシュで美味しい日本のご飯をいただけるようになりましたよ。





f0339434_10455160.jpg



通販の担当の方に相談したりもしましたが、長期保存には、玄米の状態のままの方が望ましいようです。
その上、精米時に、栄養価の高いぬかを同時にゲットできるのは嬉しいですね。
我が家は、ぬか漬けは作らないのですが、栄養価の高いぬかは、そのままカレーやお味噌汁に混ぜても良いようです。
我が家では、それでも余ってしまうぬかを、先日、友人に喜んで持ち帰っていただきました。
ぬかは他にもお掃除や洗顔など、利用価値大とか♪


家庭用精米機ですが、機能的にもなかなか素晴らしく、いろいろとカスタマイズできる上に、時間が経ったお米を”リフレッシュ”する機能もついています。

我が家では、完全に精米せず、7分づき程度にして栄養価を残すようにしています。

精米している時間には、子供の頃に母と行ったお米屋さんのにおいに包まれ、ノスタルジックな気分になることも。

忙しい時に白米を切らすと、作業が面倒に感じることも正直あるのですが、ついた直後の炊き立てご飯の美味しさは格別です。
この方法になってからご飯にまつわるストレスが随分と解消されました。
ご参考まで〜。




f0339434_10463464.jpg


撮影現場が今日も気になるシアン





f0339434_10481334.jpg
新しいふりかけが来たのかにゃ〜??



[PR]
by JKJasmine | 2016-10-09 11:06 | マレーシア生活 | Trackback | Comments(10)

たまには、テラスでランチでも♪

3連休の週末でしたが、特別予定もなかったので、気分転換にテラスでランチが取れるところへ出かけることにしました。
向かったデサパークシティーは、広大な敷地を一つのコミュニティーとして丸ごと開発した地域で、セキュリティーゲートの中に、インター校あり、病院あり、ショッピングセンター、共有ジムありという充実ぶり。
マレーシアには珍しくオープンな公園も併設されています。





f0339434_11374895.jpg


一見すると外国人居住区のようですが、実際はローカルの富裕層が住む欧米風の町並みが美しいKL郊外の住宅地です。
もし、我が家にも小さな子供がいたり大型犬を買っていたりしたなら、憧れたかもしれないなぁ。
実際は、クルマがないとコミュニティー内の移動すら厳しいという環境なので、我が家には無理そうですが。。。



f0339434_11335461.jpg



せっかくエアコンなしのお外ランチをしようと思って出かけてきたのだからと、少し迷ったけれど、Social のテラスに決めました。
やはり外だと少し暑いものの、幸い湿度が低めだったので、直射日光が当たりにくい隅の席へ。




f0339434_11360436.jpg



人工池のある公園ビューが広がるテラス席は、開放感があって最高です。
公園も、とてもキレイにメンテナンスされていますよ。
ここは、なんだかマレーシアではないみたい。






f0339434_11312010.jpg



メニューも、洋食、オリエンタル、ローカルフード、そして日本食らしきも。
なぜか、日本食のカテゴリーが、”Japanese"ではなく”いただきます”となっていたので、直感的に避けました。笑





f0339434_11303988.jpg



一番奥のコーナーは、ペット同伴もOK!
早起きして、ここで朝食をとったら気持ちよさそうですね。


f0339434_11400486.jpg



湿度の高い日だと、外ランチは暑くて苦手ですが、この日は風が爽やかで快適でした。
お酒が好きな方は、ビール片手の夕涼みもよさそう♪
でも、やっぱり私は、この公園の景色が楽しめる昼間の方が好きかなあ。。。





[PR]
by JKJasmine | 2016-10-06 20:50 | 日常 | Trackback | Comments(8)

シャトレーゼがやってくる♪

マレーシアでは、日本品質がとても信頼されているので、日本風のお菓子やパンはローカルの人にも人気です。
ローカル向けには、”高品質で、ちょっと贅沢”っぽいものが人気♪
大家族の人が多いので、まとめ買いが出来る手ごろ感のある価格帯のものが受けているようです。


f0339434_00402014.jpg





​​ 先日、KLCC のISETAN内にシャトレーゼ一号店がオープンしました。
すぐ脇の輸入品のロイスチョコレートは、日本の2倍の値付けとなっているため、ローカルの人にはかなりの”高級品”ですが、その点、単価が手ごろなシャトレーゼは、目新しさも手伝ってか、オープン当初は行列が出来ていたそうですよ。

”Welcome to シャトレーゼ~♪ Welcome~♪”とマレーの店員さんが、笑顔でスイングしながら呼び込みをしている姿は、なんともおかしかったです。037.gif
完全に、”そういう風にせよ!”と教育されているのが有り有り。
なぜならば、マレーシアでは、大抵の場合店員さん達は、売り上げには全く興味がないといった風情で立っていたり、スマホと見ていたりしているのですから。​​





f0339434_00393550.jpg


ところで、PUBLIKA内にも、近日中にシャトレーゼがオープンするみたいです。
場所的にいって、カフェ併設になるかも。
楽しみですね〜。
日本の味は懐かしいし、マレーシアでなら文句なく”高品質”と言えます。笑
きっと予定開業日より大幅に遅れますから、気長に待つことにします〜。


このところずーっと、なぜかエキサイトとの接続に難ありで、思うようにブログ訪問が出来ずにいる状態です。
イイネの表示にはさらに時間を要します。
マレーシアは”遠い”のかなぁ。。



[PR]
by JKJasmine | 2016-10-03 07:36 | マレーシア生活 | Trackback | Comments(12)

一応、ポケモンGOはだめですよ

10月に入りましたね。
ひと月前、”ブログをスリープモードにします”とお伝えした私でしたが、意外にも程なくしてサイト製作に没頭することになるとは。。。
作り終わったら、記事を更新していかなくては〜という気持ちも出てくるので、それなりに忙しいです。笑
メインは新ブログになる予定ですが、エキサイトにも愛着があるので、ブログタイトルに合うような記事は、今後共有していこうかと思っています。



f0339434_09545808.jpg


さて、マレーシアでも、大流行しているポケモンGOです。
でも、大人も子どもも歩きながら遊ぶのは 、なんとかならないものかなぁと思いますね。
夢中になりすぎで、全く周囲が見えていないので、こちらの方が気を使います。
ショップ店員さんが、仕事中に堂々とスマホ画面を覗き混んでいるのは、マレーシアではごく当たり前の光景なのですが、今は、かなりの人が、仕事そっちのけでポケモンGO に熱中しているのではないかしら。





f0339434_00494939.jpg




​​ 今日、お役所に用事があって出かけてきた主人が”面白い写真を撮って来たよ〜!”というので見てみると。。。​​
建物内でのポケモンGOを禁止する張り紙。




f0339434_00505614.jpg



果たして、役人さん向け?、それとも一般向け?。
でも、おそらく、張り紙効果はあまり期待できないんじゃないかなぁ。
まず読まない可能性が大。
その上、読んだとしてもスルーの人が多いお国柄なんですよ。
日本人だったら、指示を守るところでしょうが。。。
きっと、お役所も、その辺りは重々承知のこと。
いざトラブル時のために、”ちゃんと張り紙を出しました”という事実こそが大切なんですね。



[PR]
by JKJasmine | 2016-10-01 09:57 | マレーシア生活 | Trackback | Comments(6)

最新の記事

シンガポールで一番美味しいク..
at 2017-06-25 08:09
シンガポール街歩き  住人目..
at 2017-06-23 08:26
オーチャード・ロードで朝食を
at 2017-06-19 12:41
シンガポール街歩き  東京探..
at 2017-06-17 07:02
Level 33 in Si..
at 2017-06-16 11:46
旅行前後はタイ料理で
at 2017-06-14 00:58
癒される瞬間
at 2017-06-12 18:41
喉が渇いたよ。。。
at 2017-06-10 23:37
1日オリンピック選手に
at 2017-06-08 22:25
パパ先生は大変。。。Part3
at 2017-06-07 17:58

検索

ブログジャンル

海外生活
猫