Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Its’a small world!

インターのスクールバスには、いろいろな国籍の生徒が乗っています。


最近では、ずいぶん打ち解けてきたようですが、国籍の壁は子ども間でもそれなりに厚い様子。

中には、日本では、ちょっと(絶対?)考えられないような行動をとる子もいるようです。


*毎日、決まって時間に遅刻する子。


*帰り道ドライバーに、寄り道をさせ、お菓子を買う子。


*自分の都合で、”今日は先に降ろして”という子。



そして、極めつけは、たびたび寝坊で遅刻してくるドライバーです。

最高一時間の遅刻経験あり。

で、その時の言い訳は、”TrafFic jam !" (渋滞)でした。


これでは、生徒に注意が出来るはずないですよね。むかっ


苦情を言っても、改善の兆しなし・・・。DASH!


日本人の私たちがカタブツなのか、相手がルーズなのか・・・。

自分の心が狭いのか、それとも相手がわがままなのか・・・・・。

ホント、よく判りません。



クラスは、さらに多国籍です。

といっても、ローカルインターなので、ほとんど広義のアジア系です。

インドネシア人、イラン人、マレーシア人(マレー・インド・中華)、韓国人、日本人など。

そして、ここにもいます、困った人たちが・・・。


*思いこみに満ちた発言ばかりする子。


*勝手に人のリュックを開けて、物を持ち出そうとする子。


*日本が大嫌いで、敵対心むき出しな子。


次男いわく・・・・”なんか、動物園っぽい。”



ほとんどの子が、友好的というより、他人を気にしていないという感じのクラスの雰囲気。


マナーが良いことは美徳か、それとも言ったもの勝ちなのか・・・。

客観的に物事を見る日本人型は貴重か、主観的な中国&インド型が有利なのか・・・・。

考えても、答えは出ません。



親も子も、ホント、疲れます~。



でも、思い直してみれば、この環境は、これからの日本や日本人が置かれる世界そのものではないでしょうか?

もう、既に、アジアは一つのコミュニティーになって来ているように感じます。


プールで泳ぎの練習をしていた子が、一転、今度は海で泳がされているような日々。


我が家では、時に、手取り足取り”泳ぎ”の指導をするのは、父親の役割です。

波の高い日もあるかも知れないけれど、”今日も頑張れよ!”と毎朝送り出しています。


バス、ちゃんと来るかなぁ・・・。


でも、いくらマレーシアンタイムという言葉があるお国柄とはいえ、学校に遅刻という巻き添えを食うのは、どう考えてもおかしいですよね.。




# by JKJasmine | 2013-04-19 18:16 | 息子たちの記録 | Trackback

最新の記事

at 2017-08-08 17:07
Grab Carの自由人へ
at 2017-08-03 17:21
松山 ビストロ ラングドシャ
at 2017-08-02 07:30
ガーデンチェアを買い換えました
at 2017-07-31 07:22
ハトを見ていた午後
at 2017-07-29 08:13
ちょっと嬉しかったランチ
at 2017-07-27 19:07
松山 大街道の夏祭り
at 2017-07-25 10:58
緩いおもてなし
at 2017-07-22 08:19
The Last Minute
at 2017-07-20 07:03
エール
at 2017-07-17 09:35

検索

ブログジャンル

海外生活
猫