Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本格日系レストラン

KLには、日本食レストランが、数えれないほどあります。

私たちは、ネイティブの日本人なので、実はローカルや韓国系といった”なんちゃってレストラン”かどうか、お店の名前やメニューの作り方などから判断がつくので、この手のお店にわざわざ入るということは、ほとんどしなくなりました。


では、どういうところで外食するかというと、最近では、もっぱら日本ぽい洋食屋さんやイタリアン、ラーメン屋さんなどばかり。日本人が手掛ける本格的B級グルメですね。

日本の味を求めて・・・がテーマになっています。


この、お気に入りのお店達。日本でも、超有名店がKLへ進出している場合が多く、資本や、出店手続き等の難しさが連想されます。

おいしい日系レストランが増えることは、在住日本人にとっては嬉しい限りですが、ひとたびお店に入ると、やはりそこで働いている人は、ほとんど移民も含めたローカルスタッフばかり。

ちよっと淋しい気になりますが、明るいローカルスタッフから、”ヘンなアクセントで、”らしゃいませ~”とか”まっせ~”と言われると、ついつい笑ってしまいます。



ところで、知り合いから聞いたのですが、これらの日系レストランへは、オープンしたての時期に行くべしなんだそうです

なぜかというと、オープニング時は、日本からスタッフがたくさん来ていろいろ指導するけれど、軌道に乗ったら、あとはローカルに任せて、ほとんどの日本人スタッフは帰らざるを得ないらしく、そうすると、だんだん味が変化していき、日本人のお客さんの求めるものと違ってきてしまうんだそうです。


そういえばよく利用する有名なラーメン屋さん、ここにはいつも、珍しく数人の日本人スタッフがいて、元気いっぱいに迎えてくれるのですが、たまたま周辺が閑散とする日曜日にいったところ、彼らはお休みのようで、ローカルスタッフだけ。出されたラーメンのスープが冷めていてガッカリでした。



また、昨日行った、お気に入りのとんかつ屋さん、開店後数か月(?)ですが、今回は、明らかに味が劣化していました。

衣が、びちゃっとして、中身も火がやっと通った感じです。次行くのがためらわれる程。

もちろん、以前はいた日本人スタッフの姿はありませんでした。

きっと、こういう事なんですね~。



いくら職人さんが、目を光らせても、きちんと教えようとしても、どうしても、ゆる~い態度の人達のようですね。

日本のラーメン店ののれん分けのような、超体育会系とは無縁なメンタリティーなんだろうな。きっと。

ローカルスタッフへ教育は、さぞ大変なことでしょう。



ところで、これらの本格的な日系店、お値段も当然高めなのですが、お客さんの多くは、ローカル(主に華人)で、日本人は少数派です。

この光景からも、今さらながら、この国の人達は、どんどん豊かになってきているんだなぁと、実感させられます。

そして、そのような光景を見ることは、私にとっても幸せなことでもあります。

舌の肥えたローカルのための日系レストラン。

時代は変わってきています。



# by JKJasmine | 2013-06-03 01:13 | マレーシア生活 | Trackback

最新の記事

星乃珈琲店オープン!
at 2017-12-15 14:37
1ヶ月振りの更新です。
at 2017-12-12 15:29
帰省のあり方
at 2017-11-10 07:12
ブランク
at 2017-11-08 18:22
雨の朝
at 2017-10-31 10:45
KLに戻っています。
at 2017-10-23 14:03
東急線の車内にて
at 2017-10-13 21:20
秋を見つけた。
at 2017-10-04 19:07
シンガポールフライヤー 初体験
at 2017-10-01 00:07
シンガポール街歩き いつもの..
at 2017-09-29 20:09

検索

ブログジャンル

海外生活
猫