Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フード・ディリバリー

帰宅が遅くなってしまい、夕食の準備が出来ていないけれど外食も億劫・・・
という時、我が家が最近、頻繁に利用するようになっているのが、ディリバリー・サービス。

オンラインで提携しているレストランのメニューをもとにオーダーを入れると、そこまで買いに行って届けてくれるサービスで、おおよその所要時間も分かるし、レストランの質も良いので、なかなか気に入っています。

配達にかかる料金は、わずかにRM4(約110円)。
通常、お店で食事をする場合に支払うサービス料は、この場合でもチャージされてしまいますが、私はおそらくこれがディリバリー業者のマージンで、1件あたりのRM4が配達員へのアルバイト料なのではないかな~と勝手に推測しています。
それにしても、何と人件費が安いことか!

ところで、アルバイトの少年達はいかにも移民風で、英語をほとんど全く話しません。
金額ぐらいは言ってくれる場合もありますが、たいていはレシートを差し出すだけ。
KLでは、こういう職種は、たいてい低賃金で働いてくれる外国人頼みのようです。

マレーシアにはチップの習慣はなく、レストランでもキッチリおつりをくれるので助かりますが、単独でディリバリーをしてくれる人に対しては、ケースバイケースなのではないかと思っています。
チップをあげないとどうにも気持ち悪いという人が、特に欧米人に多そう。

我が家では、このネットを使ってのオーダーに係るのは長男の役目。
いつもは、ほぼレシート通りの金額を渡しているようなのですが、昨日、切りがよい金額に丸めて多めに渡すようにさせたところ、
”配達のコ、ものすごい嬉しそうだったよ!”
容器を受け取って振り返る彼までもが笑顔になっていました。
”やっぱり、少しでも多めに渡した方が良いね~”

それを聞いた私達も幸せな気持ちになり、何だかより美味しく食事をいただけるような気がしました。
僅かな金額なのに屈託のない笑顔を返してもらったなんて、こちらが逆に癒される思いです。



移住以来、いろいろなバックグラウンドを持った人達がマレーシアに暮らしていることを、日々目の当たりにしながら生活しています。
経済的にも、日本とは比較にならないほどの格差社会です。
一般的に、マレーシア在住の日本人の暮らしは、真ん中くらい??

明らかに存在する「違い」は、お互いどうすることもできないけれど、すっきり割り切れない気持ちにさせられることも多々あります。
たいへんそうだな・・・と思う人に対して自分達にできることは、上手に共生&共存できるよう気配りをすることくらいですが、ささいなことでも思いが伝わった時は、とても嬉しいものですね。

それにしても、日本以上に進んでいる便利なディリバリー・サービス。
笑顔をもらうと、ますます利用率アップにつながってしまいそうで、キケンです。


f0339434_21511213.jpg


いっしょにたべたい!


[PR]
by JKJasmine | 2015-11-16 08:27 | 家でのできごと | Trackback
トラックバックURL : https://bluesomali.exblog.jp/tb/24675545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

最新の記事

フィリピン人のクリーナーさん
at 2018-10-12 23:32
フォトジェニックな倉敷 美観地区
at 2018-09-27 11:30
6月以来のご無沙汰です。
at 2018-09-26 00:56
寝落ち
at 2018-06-19 15:59
卒業試験(IGCSE)終了
at 2018-06-08 17:25
続 お弁当の定理
at 2018-06-03 17:17
卒業試験(IGCSE)
at 2018-05-21 17:35
本日開店(らしい)パン屋さん..
at 2018-05-18 15:57
桜吹雪
at 2018-04-17 23:41
Happy Chinese ..
at 2018-02-14 17:50

検索

ブログジャンル

海外生活
猫