Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2016年 08月 11日 ( 1 )

小樽滞在3時間

f0339434_20071685.jpg


雨天続きで、予定変更を余儀なくされていた私たち。
後半の晴れの日に、郊外へ足を伸ばそうと小樽へ向かいました。
ほとんどの人が半日観光で済ませるという小樽にて、かつて2泊もしてしまったことがある我が家ですが、次男は小さかったので全く記憶になく、せめて運河だけでも見せてあげたいと思いました。
札幌からバスで1時間ほどの距離。
小樽運河に着いてみると、ものすごい観光客でした。
それも、外国人ばかり。

ガイドさんに率いられ、元気いっぱいなアジアからのお客様さまたち。
集合写真に写る人の群れから聞こえる韓国語や中国語。
この10年で、ずいぶんと変わったものだなあ。。。
晴天で、気温も30度近くになっていたかと思います。
傍らで、暑さでバテ切っている地元の人たちの姿が対照的。
なんとも微笑ましかったです。






f0339434_00203818.jpg


アップした写真は、どれも、できるだけ人を写さないようにして撮ったものです。

日本にとっても、地元の人にとっても、海外からたくさんの人が観光に訪れてくれるのは喜ばしいことなのでしょう。
けれども、見せてあげたかった”旅情”という雰囲気に関しては、ちょっと期待はずれ。。。。

もともと、倉庫の中は、観光客相手のお店ばかりでしたが、中でも巨大な免税店には驚きました。
私もこの際、外国人旅行者目線になって興味深く見て回りましたが、やはりここは小樽。
電化製品や高級茶器等の爆買いは、なんともミスマッチに思えました。






f0339434_20144874.jpg




小樽運河沿いを散策後は、次男のお目当ての名物海鮮丼ランチ。
どちらかといえば、観光より食が楽しみで着いてきたようなものです。
近くで食事をしていたのは、身なりもマナーも良い中国人のファミリーたち。
両親の間に座るお子さんはみな”ひとりっ子”でした。


メルヘン交差点付近も、以前は、もっとのんびりとした雰囲気が漂っていた沿道でしたが、海鮮丼屋さんやお土産屋さん、そして地元の有名スイーツのお店がひしめき、すっかり様変わりしてしまっていました。
主人などは、途中まで、”別の場所なのでは?”と言い張っていたくらい。笑






f0339434_23554381.jpg


以前訪問したのは、たしか8月下旬だったかな。
その時は、”哀愁漂う大正浪漫チックな町”との印象でしたが、真夏の今年の小樽はメジャーな観光スポットになっていました。

もう少し小樽らしさを味わうなら、やはり秋に、できれば一泊したいものですね。
今回も、とんぼ返りでなく、以前のように、夕方の小樽運河を散策したり、地元の人たちが利用するお店で食事をしたり、レトロ感漂う建物が点在する街をのんびりと歩いたり。。。
そんな風に過ごせたら、小樽らしさをもっと味わえたでしょうに。
確かに当時の2泊はやや長く感じたけれど、小樽を再訪したこの日、私の記憶の引き出しから飛び出してきたのは、写真にも残っていない一見無駄に過ごしたような時間の思い出でした。

夜には別の予定があり、足早に駅へ。
わずか3時間では、残念ながら、小樽らしさは十分次男に伝わり切れなかったように思えます。
私たちも、青の洞窟に行く時間が取れなかったことが心残り。

いつの日か、また。。。




[PR]
by JKJasmine | 2016-08-11 07:48 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

最新の記事

フィリピン人のクリーナーさん
at 2018-10-12 23:32
フォトジェニックな倉敷 美観地区
at 2018-09-27 11:30
6月以来のご無沙汰です。
at 2018-09-26 00:56
寝落ち
at 2018-06-19 15:59
卒業試験(IGCSE)終了
at 2018-06-08 17:25
続 お弁当の定理
at 2018-06-03 17:17
卒業試験(IGCSE)
at 2018-05-21 17:35
本日開店(らしい)パン屋さん..
at 2018-05-18 15:57
桜吹雪
at 2018-04-17 23:41
Happy Chinese ..
at 2018-02-14 17:50

検索

ブログジャンル

海外生活
猫