猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新の記事
ルアンパバーン旅行記 ラオス..
at 2019-02-15 00:24
獣医さんへお出かけ
at 2019-02-11 19:05
作り方がわからない??
at 2019-02-04 18:33
ラオス ルアンパバーン旅行記..
at 2019-01-30 08:18
ラオス ルアンパバーン旅行記..
at 2019-01-28 10:48
ラオス ルアンパバーン旅行記 1
at 2019-01-27 14:21
年の瀬 マラッカ半日旅行 
at 2018-12-31 00:33
Merry Cristmas..
at 2018-12-25 22:55
五反田のショコラ専門店 Le..
at 2018-12-15 21:37
師走の東京にいます
at 2018-12-13 21:31
記事ランキング
カテゴリ
全体
はじめまして
日常
マレーシア生活
ネコとの暮らし
息子たちの記録
健康
旅行
家でのできごと
こだわりのベーカリー
ショッピング
好きな曲
思うこと
英語
教育
ランチ
食に関すること
シアン動画
未分類
みんなの投稿ランキング採用記事
検索
画像一覧
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
ブログジャンル
タグ
(29)
(24)
(21)
(13)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)


カテゴリ:教育( 5 )

教育移住ブームに思う

先日、移住者増加について書きましたが、特に母子教育移住については、心配に思うことがしばしばあります。

特に、小さなお子さんを連れて、父親を日本に残して二重生活をなさるご家族。

いろいろ思い悩んだ末のことと察しますが、とにかく大変です。

というのも、経済面、健康面に始まり、日々のインターの宿題、日本語の維持、躾等、すべて母親の仕事となって来るからです。

我が家などは、一人インター校の学生がいるだけですが、大人3人総動員で回しています。

( 中には、そのあたりが緩いインターもありますので、ラクすることも可能ですが、実は放置されているだけだったりも・・・)

確かに、低学年のお子さんの場合、すぐに適応し英語を覚えるのも速く、一見時期は早ければ早いほど良いように思われがちですが、あっという間に日本語を話さなくなり、コミュニケーションに困ってしまう母親もいるようです。



今、日本では、テレビ等で教育移住について取り上げているようだけれど、良い面ばかりが強調されていてどうかと思う、というような事は、こちらの知り合いの方とも話題になります。


つい先日も、東京でインターに通う小学生の男のお子さんを連れて、学校視察をしていたママさんとお話する機会がありました。

彼女いわく、”マスコミが良いというので来てみたけれど、首都KLの有名校ですら、全然大したことない。この後、ジョホールの名門校の分校を見に行く”とのことでした。

確かにそうかも知れませんね。


何を求めてわざわざマレーシアまで来るのかを聞きそびれてしまいましたが、学費が安いローカルインターはもちろん、有名校であっても、スタッフはローカルですから、当然訛りはあるし、仕事振りも日本人のほうがキッチリしているはず。
そのあたりが気になるなら、日本でインターへ通ったほうがよいでしょうし、なにより家族離散をせずに済みます。


また、ジョホールの名門校の分校については詳しくありませんが、インフラや治安の面で、相当日本と違う生活を強いられるでしょう。



最近は、セミナーやトライアル的なサマースクールも企画され、同じ境遇の知り合いを作るチャンスもあり、とても良いことだと思います。

けれども、教育方針やバックグラウンドは、ご家庭によってみな違うでしょうから、”良い話”にばかりとらわれず、自身でよく考え、目的をはっきりさせてから移住をするほうが、後悔が少なくて良いと思います。


試行錯誤も後悔もない移住なんて、おそらくないです。

我が家も初めは、日々、悩み戸惑うことの連続でした。

けれども、自分で決めたことならば(人のせいにせず)、前へ進んで行ける。



私たちは、マレーシアで教育を受けることの良さは、アジア人としての日本人の立ち位置がわかることだと考えます。

それには、やはり日本人としてのアイデンティティーが欠かせません。

そして、アイデンティティーを確立するためには、家族も日本語も、日本で暮らした経験やその記憶も、どれもとっても大切。

ある程度、期が熟するのを待ち、それから移って来ても遅くはないように感じますが、どうでしょうか・・・。


by JKJasmine | 2013-08-25 18:17 | 教育 | Trackback

転校しようかな・・・。PART3

日本人の我が家のように、外国人の子供がマレーシアの学校に通う場合、インター校(日本人学校を含む)に通うしか選択肢はありません。

苦労して気に入った学校が見つかったとしても、必ずしも家の近くとは限らないですよね。

お引越しをする方法もありますが、事情は人それぞれだと思います。


日本と違い、転校は頻繁なマレーシアですが、学校を決める際、事前に確認しておく必要があることがあります。

それは、始業時間と実際に家を出る時間。

都心にある学校は、一見便が良いようなのですが、朝の大渋滞を避けて、早い時間に始業時間が設定してあるところが多いのです。

8時はまだ良い方で、7時半という学校もあります。

そして、自分で送り迎えをするご家庭は別として、スクールバス(バン)を利用する場合が、要確認!

子供たちの送迎は、学校は直接は関与せず、バス会社(会社と呼べないようなものも多い)に外注している場合が多いようです。


今の学校のバス業者も、実態はよく分かりません。

そもそも、申込み書も規約もないまま、電話一本でスタートしました。

バスのルートも、バンの大きさや定員も、全てバス業者本位。

なるべく少ない台数で済ませようとするあまり、片道2時間バスに乗っている子もいます。


時には、用事で早い帰宅を望む親からのリクエストがあると、ドライバーが順番を入れ替えるのですが、連絡をしてくれないため、突然帰りが遅くなり、こちらの都合に響いてしまったことも多々ありました。


次男も真っ暗なうちに家を出でいますが、通りに出ると、いろいろな学校のスクールバスを見かけます。バスの中で、寝ている子も多いようです。ちょっと、可哀そうですね。特に低学年のお子さんは・・・。


気になる学校を見つけたら、次はバスルートの確認。

これは、実は重要なポイントになるかも・・・・です。




by JKJasmine | 2013-07-02 15:16 | 教育 | Trackback

転校しようかな・・・・。PART2

マレーシアでは、史上最悪と言われるヘイズのため、行政指導によって、月曜日はすべての学校が休校となりました。

火~水曜日は、学校によって基準がバラバラだったようですが、引き続き休校となったところも多かったようです。


この休みを有効にと思い(?)、とある学校の編入試験を受けて来ました。


試験科目は、英語(国語)と算数で、各1時間半。

学年末のため、次の学年相応の内容が出題されると聞いて、かなりプレッシャーを感じていました。

そもそも、英語は太刀打ち出来そうにないし、算数は、日本と比べると易しい問題もあるようですが、英語の用語を理解していないと解けない場合も多いからです。


全てのインター校に当てはまるわけではないと思いますが、学校見学時に聞いたところ、”試験を受けるのは、いつでもOK!何なら今日でも!”と”言われた程だったので、電話でアポを取って、急遽受験。


その言葉に集約されているように、テストだというのに、日本では考えられない程の軽いノリには少々驚きでした。

算数と英語どちらからスタートしてもよし。

早く終わったら、退出してよし。

テストの合間に、適当に休憩してよし。(飲食も可!)


マレーシアですね~。


息子は、もちろん休憩タイムをもらい、おやつを食べ、キャンティーンで、私と雑談に花を咲かせました。

その上、”そろそろいいかな~”とお迎えに来たスタッフの姿を見て、”本も読みたかったのに。もう?”という始末・・・。


あの~。これ一応、編入試験なんですけど・・・。


で、結果ですが、英語の不出来を算数でカバーしたようで、OKを頂きました。

その上、英語に関しても、結果を見た先生は、”確かに良くないけど、子供は習得が早いから、さほど心配いらないでしょうと言って下さいました。(ホントかな・・・。)


手続きは、急がなくて良いようなので、しばらく考えて結論を出したいと思っています。



by JKJasmine | 2013-06-26 15:14 | 教育 | Trackback

転校しようかな・・・。PART1

 今、次男の転校を考えて、学校見学をしています。学校


とはいえ、まだ英語力が不十分で、選択肢が多いわけでもなく、ただただ、”今の状況から脱却したい”という一心から、というのが本音です。


多少なりとも、英語力はついたものの、なかなか、学力面に反映されてくるには程多いのですが、英語漬けの環境でも、何とか一日過ごせる自信や慣れ、友人とのコミュニケーション力はついてきているように見受けられるので、そろそろステップアップをしたいと考えています。


マレーシアでは、転校は頻繁に行われるようで、様々な理由(些細なことも含め)で、簡単にやめてしまうし、同様に簡単に(?)受け入れてくれる学校もあります。

ローカルの人にとっては相当高額な授業料ですが、少なくとも、それを支払える財力と一定の学力があれば、選択肢はぐんと広がります。

このあたりが、日本の中学受験と最も大きく違うところです。


彼の学校でも、編入してくる子が多い一方で、転校して行く子もい多いようで、ある日突然、いなくなったりするようです。

次男いわく、先生も敢えてその子の話に触れないし、生徒もさして話題にしないと。叫び

(本人が聞き取れない、もしくは、興味がないという可能性は十分ありますが・・・。目)


こんな点も、日本の中高一貫校と違い、チャンスや方向転換の機会が与えられているという点では、良いことだとは思います。


けれども言い換えれば、このことは、それだけ学校が信頼を得られなかったり、いい加減だったりするわけで、親が常に目を光らせ、必要に応じて苦情を言い、自己責任で学校の勉強のフォローをする必要があるように思います。


自由なイメージの強いインター校ですが、先生も自由に振る舞っています(?)。

管理主義と放任主義の先生が同じ学校に共存し、自己中心的な先生のレベルも日本より高いという報告を息子、より受けています。


でも、他の学校はもう少し、ちゃんとしているかも知れませんね。

あれこれ、悩んでいる最中です。あせる




by JKJasmine | 2013-06-23 15:13 | 教育 | Trackback

バイリンガルって何?

海外で子どもを育てるにあたって、とても参考になったバイリンガル教育の本があります。


中島和子さん(トロント大学名誉教授)というバイリンガル研究者が著した

「言葉と教育」は、様々な角度から、ヒントを与えてくれる良書です。


(財)海外子女教育振興財団で購入可能( \600) 


カナダという国は、土地柄バイリンガル教育が盛んなようで、主には英語とフランス語のようですが、日本語を母国(母国語)とする研究している学校もあるようです。



移住は自らの意思決定となるわけですから、様々なことを考慮する必要があるかと思いますが、その一つは何といってもお子さんの年齢ではないでしょうか?


学校選びの際、日本語のみの環境にいた子どもが、いきなりインター校への入学を希望する場合、残念ながら、一般的に、こどもの年齢が上がるにつれ、選択肢(受け入れてくれる学校)が減るのが現状です。

(当然といえば当然ですが。)


そんな現実の中、この本の中に登場する、英仏バイリンガル教育をしているカナダのある小学校の校長先生が言った、相反するような言葉が印象的だったのですが、


(”どういう子どもを受け入れるのですか”との問いに、)


“それまで家庭で使ってきてきたことばで成功しているかどうかで新しいことばはゼロでもかまわない”



私たちの住むKLのインターで、もしこんな素敵なことを言ってくれる学校があるなら、感激して”即決”したいくらいですが、現実に、全く英語の下地のない子どもを歓迎してくれる学校は少数です。

(受け入れる=しっかりケアをするということでは、必ずしもありません)


けれども、私が今まで見聞きしてきことから鑑みても、この言葉は多くのことを示唆していると痛感してしまいます。


たとえ、学校側の事情は何であっても、もし、親が子どもに日本語の習得を望む場合は、「 母語(日本語)の形成期は0~12歳ころで、この時期がとても大事」とありますから、”年齢による傾向と対策”は充分考慮しておくことが大切なのではないでしょうか。

インター校は、必ずしもバイリンガル教育に精通しているわけではありませんので、親の役割がとても大切なようですね。



ちなみに、二つの言語を話すも、どちらも中途半端な状態を”セミリンガル”というのだそうです。
我が家はやはり、日本語をしっかり確立してもらいたい派なので、しっかり頑張らなくちゃ・・・です。









by JKJasmine | 2013-04-05 20:09 | 教育 | Trackback