人気ブログランキング |

猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
十九代目鈴木飯店 VIP ル..
at 2019-05-24 18:10
母の日の花束
at 2019-05-17 17:31
母の日に
at 2019-05-12 19:11
Aレベル(前期)試験始まりま..
at 2019-05-10 19:29
マレーシア フィルハーモニー..
at 2019-05-06 17:32
改元の週に始めたこと
at 2019-04-30 20:06
4月の終わり、あれこれ。
at 2019-04-26 00:05
小さな引っ越しが始まっています。
at 2019-04-16 23:21
採血の日
at 2019-04-04 20:35
平成〜令和へ
at 2019-04-02 23:43
記事ランキング
カテゴリ
全体
はじめまして
日常
マレーシア生活
ネコとの暮らし
息子たちの記録
健康
旅行
家でのできごと
こだわりのベーカリー
ショッピング
好きな曲
思うこと
英語
教育
ランチ
食に関すること
シアン動画
未分類
みんなの投稿ランキング採用記事
検索
画像一覧
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
ブログジャンル
タグ
(30)
(26)
(24)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)


カテゴリ:英語( 7 )

たかが発音、されど発音。

英語のレッスンを受けつつ、いろいろ考えを巡らせているのですが、やはり、別の英語の先生探しをし始めようかなと思っているところです。

今の時代、ネットで先生への条件を打ち込むと、適当な先生を紹介してくれるサイトもあり、見るにつけ、もっと検討の余地がありそうな気がしてきました。

英語を聞く場、話す場は、確かに私にとって必要なことなんです。
聞く場は、多いに越したことはないですが、それは、DVDやニュースでも充分プラスになりますので、どんどん取り入れたいところ。

話す場。。。
これは、作っていくしかありませんね。
けれども、予算内で回数を増やそうと思うと、今の先生の条件では無理、スケジュール調整もタイトになってしまいます。
そして、もう一つ、ちょっと気になること。
それは、彼女の発音。

”ネイティブ・スピーカー”ということなので、お会いしました。
確かに、英語が第一言語のようで、アクセントも、さほどきつくはなのですが、中華系マレーシア人の彼女は、もちろんマンダリンも話します。
また、おそらく、交友範囲も同じような環境の人が多いのではないかと思われます。
そのため、早口になったり、興奮して来たりすると、アクセントが単語の後半につく、チャイニーズ独特の発音になってしまうのです。
もちろん、さほどではないのですが、やはり、発音全般も”ネイティブ”のそれとは違うんです。


確かに、こちらの人の英語を聞き取るうえで、必ずしも悪いこととは言えませんし、マレーシアのことをいろいろ聞けるというメリットもあります。
でも、やはり、それは私の求めるものと違う。。。

たかが発音、されど発音。

人によって、アクセント(なまり)があるのは仕方ないし当然のことなのですが。

都会であるKLでは、ローカルの人の多くが英語を話しますが、たいていの人は複数の言語を話すので、英語を話すとき、それぞれのアクセントがあります。
暮らしていると、職業によっても、ある程度共通のアクセントがあることにも、気づきます。
それは、英語が上手下手という事とも、ちょっと違う。
それぞれが受けた教育のバックグラウンドと、リンクするもののような気がします。

そして、私は日本人。
学ぶべき相手の発音が、ローカル特有のものというのは、出来れば避けたいところです。

また、そもそもローカルの先生でもOKという事ならば、もっと良い条件で探せるのが現実なのです。
人柄は良い方なので、悩ましいところなのですが、やはりこだわりを持つべきかなと思って。。。
また、がんばって探し直しです。



f0339434_22574222.jpg
       
                          めんどうくさいにゃ・・・・。



by JKJasmine | 2014-10-04 00:00 | 英語 | Trackback | Comments(8)

英会話レッスンスタートしました 3

英会話レッスンをしている先生とは、コミュニケーションのための英語ということで、その時に話したいことを、自由にお話するというスタイルを取っています。
雑談と言ってしまえば、雑談なんですが・・・。

話が盛り上がってしまうと、相手も興奮して、ものすごいスピードで話すので、レッスンという感じではなくなってしまうんです。042.gif
主人いわく、
”それがネイティブの話すスピードなんだから、いいんだよ!”


たとえば、先日もそう。
自分は、集中して物事に打ち込むタイプではないけれど、色々なことに関心があるタイプという彼女。
雑学通というあたり、さすがに話題が豊富です。


食の安全について話が及び、私が”ローファットミルクを飲んでいる”と言うと、
”それはNGよ!私は、フルクリームのものしか買わない!”と彼女。
牛乳については、私も以前、多少調べたことがあり、今はかなり控えているのですが、ローファットミルクについては、知識がありませんでした。

彼女の従妹が、さんざん調べた挙句、このメーカーのものが良いと言っているというもの(あくまでも、受け売りだそうですが)があるとを聞いて、取りあえず買ってみました。
理由は、これから自分で確認したいと思っています。



f0339434_21513725.jpg




スーパーで、ミルク売り場を注意して見てみたところ、長期保存が可能なミルクのコーナーに、豆乳等に混ざって、ライスミルクなるものを発見!
個人的には、ロングライフのものには、ちょっと抵抗があるのですが、興味があって買って来ましたよ。


f0339434_23212682.jpg



f0339434_22112717.jpg


”有害”とされている成分が入っていないということです。
大人の自分は牛乳を既に控えているとはいえ、成長期の次男に対しては、賛否ある牛乳の摂取について、今ひとつ、はっきりと態度を決めかねていました。

飲んでみたところ、ライスミルクには、自然な甘みがあって、とてもサラッとしているため、次男には抵抗がなく飲めるようです。
アイス・カフェオレ風にして、喜んで飲んでいます。

しばらく、続けてみよう♪




一応、英会話のレッスンなんですが、お互いの関心のある話題だったので、あっという間の2時間でした。
”会話”ですから、面と向かった時に話したいことがないと、キビシイですよね。
その点、彼女とは気が合うのですが、ローカルとしては、レッスン料が相場よりかなり高く、条件も彼女に有利なものなので、この先も続けるかどうかは、迷うところ。
それから、同じ人と長くというのは、デメリットがあることも経験済みなんです。

どうしようかな。。。


牛乳について、ご参考まで。
お掃除は効率よくね♪


人気ブログランキングへ
by JKJasmine | 2014-09-25 00:01 | 英語 | Trackback | Comments(8)

英会話レッスンスタートしました 2


たった週一回の英会話レッスン。
その時間は、実践の場にしかなりません。

そこで、英会話レッスンの合間に、自分がしたことといえば、音読です。
シンガポールの子どもたち用に書かれた英語のテキストなんですが、実は、次男の英語の補習用に私が買ったものなんです。
購入時に、”これは私にも役立ちそう♪”と、ひそかに思っていました。

小学生向けなんですが、内容に含まれる単語、言い回し、文法・・・
これが、結構使えるんです。




f0339434_12022782.jpg


日本人は基礎が入っているのに話せないとか、日常会話は中学英語程度で充分とか言われますが、読んでいると、まさに、そんなことを実感させられたりします。

このテキストでは、日常生活を中学英語程度の文法で表現してあるので、私にとっては、覚えるというより思い出す作業になります。
これは、苦になりません。

音読することで、次第に呂律が回るようになるので、実際の場で、自分が思うように発音できないために相手に通じず、そのもどかしさから、思考停止になってしまうということが減って来ます。

また、何となくでも頭に入っている文章の一部に、実際の場では、単語を入れ替えて使う事が出来ます。
たとえ短くて簡単はフレーズでも、並べたてることによって、会話が繋がっていくことを実感することが出来ました。


ある程度のスピートとリズム感のある会話をするためには、口に出して表現する練習をすることは、必要不可欠のように思いますね。
日本人は、多くの単語を、学生時代に既に学んできていると思うので、もし総動員出来れば、(一部を思い出すだけでも)、かなり違ってくるのではないかな?


本当は、もっともっと隙間勉強に時間を割きたいのですが、なかなか・・・。

焦らず、ゆっくり、マイペースにと自分に言い聞かせています。

by JKJasmine | 2014-09-22 01:11 | 英語 | Trackback | Comments(2)

英会話レッスンスタートしました

昨日、我が家にて、初回の英会話レッスンがありました。

初日なので雑談風な内容になりましたが、ほぼ2時間、一対一で向き合ったのは久しぶりのこと。
その時は、あっという間に感じたものの、しばらくして、疲れが襲ってきました。076.gif
でも、心地よい疲労感なので、徐々に、慣れて行くのではないかなと楽観しています。


この2時間弱のレッスン、たとえ雑談風といえども、目いっぱい有意義なものにしたいと思っていました。
こんな短時間だけで英語を覚えようというのは、そもそも無理なお話です。

実践の場として徐々に慣れて行き、それを外でも積極的に活用できるようにと願っています。
使う場がない~使えない~使う場を避けるという負のスパイラルの歯車を、逆に回していきたいのです。



とはいえ、この1週間、バタバタとしている毎日の中で、まとまって準備をする時間は、案の定、取れませんでした。
隙間時間を見つけて、いままで買った英会話の本をパラパラと見たり、
次男に買った小学生用の教科書を音読したり、
スピーチ用の文章を音読したりしたものの、
それはもう本当に、細切れの勉強時間しかなくて・・・。

ただ、次のレッスン日時が決まっていたので、そのことが私の背中を押してくれました。
もっと時間を作りたいという意識だけは、常にあったように思います。





それにしても、この歳になっての英語学習は、決してラクなものではありませんね~。042.gif
本を見て、センテンスを覚えようとしても、すぐ忘れてしまい、定着しなくて焦ります。
音読しても、速さを優先すると、あまり頭に入らないんです。
正確さよりリズム感やスピードが求めらることも経験済みなので、やはり、速さに慣れることも大切だし。。。

思うように進まなくて情けない思いを抱えつつ、当日、先生をお迎えした私でした。



でも、いざ、レッスンが始まると、わずかに変化を感じることができました。
地味すぎて、自分にしか判らないほどの変化だけど。。。


たとえば、少し話すスピードが上がったり、クリアーに聞き取れるバーツが増えたり、とっさの言い回しがきいたと思う部分があったり・・・。
そして、ちっとも定着していないと嘆いていた自習でしたが、思わぬところで、自分の中の引き出しが開いて、それらの一部が飛び出して来たのを、何度か実感しました。

無駄じゃなかった!!



                                   


でも、英会話レッスンを受けて実感するのですが、ただ英語の勉強だけではダメですね。
英会話において、何より大切なのは、言いたいことがあるかどうかだと思うのです。

次に、話せる内容が、まず日本語で、頭の中にあること。
日本語でもお手上げなテーマは、英語で話すことなどできません・・・。


なので、話していて楽しいと思える人=話題の豊富な人を先生として選ぶことも、とっても大切ですよね。
自分の言いたいことに興味を持って向き合ってくれる、いわば相性の良い人。
言葉は本来、コミュニケーションツールとしてあるものですから、それが”楽しい!”と実感出来れば、勉強は苦になるどころか、こんなに楽しいことはないはずだと思います。


まだまだ、始まったばかりですが、良いスタートが切れたように思えて来ました。

隙間学習、少しずつでも、頑張ろう!056.gif





f0339434_19013132.jpg
                              また、おきゃくさん?


by JKJasmine | 2014-09-05 12:44 | 英語 | Trackback | Comments(4)

プライベート・レッスン始めます。

英語のプライベート・レッスンを、スタートすることにしました。
”忙しい、忙しい”と、言い訳いっぱいの毎日でしたが、長かった夏休みも終わり、新しい学校生活も落ち着いていたので、ようやく、また、英語の勉強に向き合おうと思えるようになりました。

ただ、自宅で独学というのは、やはり正直なところ難しいなと、ずっと思ってきました。
使う場がないとあっという間に、モチベーションが下がってしまいます。


KLにおいては、自分の生活圏で、皆、英語を理解してくれるので、ほとんど買い物等で困ることはないのですが、正しい英語、ましてやキレイな発音となると、それに触れる機会は、ほとんどありません。
時に、どこが間違っているかさえ分からないまま、マングリッシュを英語として聞き、中国語やマレー語にしか聞こえない英語の発音に、触れ続けることになります。

確かに、生活していく上では、マングリッシュだって、ちゃんと聞き取る必要はあるんですよね。
そうでなければ、立ち行かない場面もたくさんあります。
けれども、それだけで用が足りてしまうとなると、英語を習うモチベーションは、かなり維持しにくい環境かと。
実際、自分のまわりでも、英語の勉強をしている人は、あまり多くはないように思いますね。
途中で、意義を見失ってしまうのではないかな。


2年前、ゼロから英語を始めた次男も、今では、学校で一日過ごすのも苦にならないんだそう。。。
今、家族の中で、英語が怪しいまま日々をやり過ごしているのは、もはや自分だけです。
自分で使う場を作って動き出さないと、もう、どうにもならないと感じました。
つい、費用対効果を考えてしまい、謙虚そのものだった私ですが、必要最低限のコストを計上してもらおうと思います。006.gif


                   
                             063.gif




今日、自分で連絡を取った英語の先生と、カフェでトライアルレッスンをしました。
一時間半近く話したけれど、疲れることもなく、コミュニケーションを取りやすそうな先生だったので、とりあえずスタートしてみようと思っています。
それで、もし不都合が起きたら、また考えれば良いこと。

事前に、お互いの条件等を確認。
英語だと交渉もしやすくて、彼女の条件の中に、自分の体調面や旅行等の都合を考慮してほしいというリクエストも、承諾してもらいました。

週一回、たった一時間半程度のレッスンでは、もちろん限界はあります。
なので、その場で習うという発想ではなく、むしろ、その時間に話したいことや、聞きたいことを用意したりして、そのレッスンを活用しようと考えています。
そう決めたら、テンションも、再びアップしてきましたよ。♪


在マレーシア生活一年半にして、ようやく、自分が思い描いていたような生活に近づいて来たかな。。。
家族それぞれのペースが、出来つつあります。

~与えられた自分の領域で、楽しみながらも頑張っている~
そんな生活を、各自が送れたらステキだなと思っています。





f0339434_23460897.jpg

by JKJasmine | 2014-08-29 00:01 | 英語 | Trackback

英会話を上達させるには・・・。


先日から、英語の自宅学習をスタートしたのですが、一人で学ぶと、モチベーションがすぐに下がってしまう私です。
なので、通訳さんや、英語のプロによるメルマガ等を、日々読むことで、なんとかぐうたらしないで済むように・・・と他力本願チックに頑張っていこうと思っています。



●「話す力」を高めるために

「英語っていうのはね、スポーツのようなものです。
たとえばテニスをしているとするじゃないですか。
そうすると8割は素振りとか、基本練習なんですよね。
17% 練習試合で、
残りの3%が対外試合なんですよ。

英語も同じで、
毎日毎日基本練習が必要なんです。
そして練習試合としてたとえば週に一回英語学校に行く、とか。
対外試合として何か月に一回外国人と話すとか、
そうやっていくとうまくなるんです。」 (マックス石田さんの言葉)


とあるメルマガにあった文章です。

なんか、とっても、説得力があるなあ・・・と思い、主人に話してみました。
きっと、共感してもらえるだろうと思って。


すると、

”ふ~ん。自分なんか毎日毎日試合だったなあ(会社では)。
しかも時として格闘技のような。
文法なんか久しく考えたこともない。
言っちゃいけない表現を口にして、失敗して叩かれて、それで覚える。 ような感じだったかな。”

と、上達の影に、色々と苦労があった様子。


”テニスも、上手い人=試合で勝てる人とするのなら、試合経験の豊富な人が圧倒的に強い。
たまにあるんだけど、試合前の練習で相手のフォームを見て、これはもらったと思ったら、いざ試合が始まるとミスはしないは、嫌な所に返してくるは、気がつくとなんでこんなフォームのやつに振り回されてんだっ!とカッカしてきて自滅。っていうことがある。
プロかその手前位のレベルでも、そのようなことはあるらしい。(次元は違うが)
いつか、「ある程度までいったら、試合に出ないと壁は越えられない」と言われたが、その通りだと思う。”


・・・テニスもするので、熱く語ります。


”あ、英語の話か。 
でもまあ、この歳になって久々英語の勉強なんてしてみると、結構新鮮だよ。
こんなに書いたり喋ったりしてきたつもりだけど、まだまだこんなに知らない単語があるのかとか、逆に、中学の時に「よくある間違いだが文法的には間違いです」と断言された表現を、言いやすいし、回りの人間も言ってるような気がしたから無視して使っていたら、今見てるテキストに 「口語表現ではこのようにも言う」とはっきり書いてあるっていうようなこともある。
だからたまに練習もいいんだけど、やっぱり自分は試合9割、練習1割だな、持論としては。”


と、最後に、言われてしまった!


そうか。。。
でも、なんだかテンション下がっちゃうな。。。




f0339434_00085219.jpg

                   いいなあ・・・シアンは。


f0339434_23504043.jpg

まだまだ、先は長そう・・・。042.gif

                                    





by JKJasmine | 2014-05-31 00:37 | 英語 | Trackback

私も学生

主人が、英語の勉強を始めたことを、以前の記事で書きました。

長男が、大学に通い始めたため、使い残した語学学校のチケットがあるのですが、その権利が、家族間でなら引き継ぐことが出来るというので、名乗りを上げたわけです。
主人は、塾や英会話学校で英語を習ったことはなく、もちろん帰国子女でもないけれど、仕事を通じて長年鍛えられてきたので、普段、海外で生活するうえで、不便を感じることはありません。
けれども、話題によっても得意不得意があるということで、自分から申し出て、上級コースの中でも、レベルチェックで指示されたものより、少し低めの地点からスタートしました。

横で、単語を暗記したり、オンラインレッスンを受けたり、宿題をこなしたり・・・。
日ごろ、そういう姿を見たことがなかったので、ちょっと刺激を受けました。


私はといえば・・・。
今まで学校へ行ったからといって、大して効果もなかったので、もう同じ道を行くのは、ちょっと考えもの。
なおかつ、時間に縛られた生活をするのは、今の自分には厳しいので、”独学”を決め込みました。
私の場合、読み書きよりも、まず会話が大事!というわけで、眠っていた教材を引っ張り出してきて、CDを使っての勉強開始。
発声等のトレーニングも始めました。


マレーシアでは、キレイで正しい英語に触れることは、ほとんど期待出来ません。
ブロークンなマングリッシュが、まかり通っているので、上達しなくても、たとえ苦手でも、なんとか生きて行けるんです。

でも、”やっぱり、せっかく習うなら正しい英語と発音を”と思います。
マレーシアでは、かつての宗主国・イギリス英語が正当と思われているようだし、自分もイギリス英語の方が親しみがあるので、マレーシアに来る直前に、日本で購入してきたイギリス英語の学習セットを使って、自宅で学習をスタートしました!(今頃・・・)


時代は変わって、今は、専門家の発信するメールやブログ等を通じて、お金をかけずに、英語を学ぶことも出来るんですね。

いつも思うのですが、英語学習に必要条件は、時間と継続。
でも、これが、なかなか出来ないんですよね。
もう一つ必要な条件=モチベーション、その維持が難しいんです。

最近、気がついたことですが、そのモチベーションも、今なら、以前よりずっと維持できる可能性が。。。
学校へ通わなくても、専門家の方が、日々更新するブログ中で、新しい気分と刺激を与えてくれるんですから、便利になったものですね~。♪
一日の中で、自分の好きなタイミングで学べるやり方が、今の自分には、一番合っていると思います。

あとは、使う場を、生活の中で広げていくようにしなくちゃ。
幸い、マレーシアの人は、間違った英語でも、笑ったりすることなく受け入れてくれるので、(自分達も間違っているし・・・?)
日本人には、気楽で良い環境かも知れませんね。


f0339434_17302655.jpg

by JKJasmine | 2014-05-26 20:18 | 英語 | Trackback