猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
再び受験モード
at 2019-03-19 19:22
ホーチミンシティ ドンコイ通..
at 2019-03-13 14:54
サプライズ
at 2019-03-11 19:44
ホーチミンシティ GRAND..
at 2019-03-10 20:32
バイクの街 ホーチミンシティ
at 2019-03-09 16:19
Lemon
at 2019-02-26 00:03
"何もない"ラオスにあるもの 2
at 2019-02-25 07:55
”何もない”ラオスにあるもの 1
at 2019-02-22 17:05
ルアンパバーン旅行記 ラオス..
at 2019-02-15 00:24
獣医さんへお出かけ
at 2019-02-11 19:05
記事ランキング
カテゴリ
全体
はじめまして
日常
マレーシア生活
ネコとの暮らし
息子たちの記録
健康
旅行
家でのできごと
こだわりのベーカリー
ショッピング
好きな曲
思うこと
英語
教育
ランチ
食に関すること
シアン動画
未分類
みんなの投稿ランキング採用記事
検索
画像一覧
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
ブログジャンル
タグ
(29)
(25)
(21)
(13)
(13)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)


<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブログ休止の一週間

一週間振りの更新です。
ずっとコンスタントに更新をしてきたので、手持ち無沙汰な感じもした一週間でした。

この間も、私のブログを訪れて下さる方が多くいたことは、とても嬉しいことでした。
ありがとうございます♡
今後のことは本当に未定なのですが、”マレーシアの生活をお伝えすることでお役に立てたら”と思っておりますので、時々更新していきたいです。


            
                         063.gif


この一週間、ブ活(ブログ活動)を控えめにして、読書をして過ごしています。
今まで買っても読めなかった本や、読み返したい本、調べたかったことなど・・・
あっという間に、短い自分の時間は終わってしまいますが、それでも今のところは満足かな。

最近は、i Padにダウンロードした本を”何冊”でも持ち歩けるので、本当に便利ですね。
いつでも、どこでも、たとえ暗い所でも、好きな本や雑誌やニュースを並行して読むことができるようになり、重宝しています。

思い切って、カメラは持たずに外出。
以前より小振りになったバックを肩にかけると、心もとない気もするし、軽やかな気もします。
いつか、上手に写真が撮れるようになりたい!
そのための時間も作りたいけれど、”それはまだ少し先に”と、自分に言い聞かせ・・・。



マレーシアにいると、まるで竜宮城にいるかのような錯覚に陥ることがあります。
ずっと永遠に続くような、ゆる~い時間の流れ方です。
でも、人生は有限だし、折り返し地点も過ぎている自分。
そのことを意識し、小さな幸せを感じつつ、KLでの生活を楽しみたいものです。


また、その一方で、ものすごいスピードで、目まぐるしく変化する世の中。
本当に、複雑で難しい時代に生きている私達ですね。
ニュースを読み解けるよう勉強もしたいなぁと思っていますし、息子達が、しっかりと生きて行く力がつくよう、応援もしたい。


息子達が自立するまでは、私の時間は限定的でも仕方ないことだと思っています。
あれこれやりたいことは多いけれど、叶わない日があっても、まぁいいか。
ただ、今日一日をゆうるりと大切に過ごせるように。

今週は、そう心がけるだけで精いっぱいだったけれども、自分的には、充実感のある一週間でした。
まだ、そのささやかな嬉しさには、家族は全く気付かないようだけど・・・。
でも、私の気分は空気を通じて伝染しているらしいので(笑)、きっとみんなにとっても良いことでしょう。



f0339434_22361768.jpg


☆ご訪問、ありがとうございます♡
当分SNSは、お休みさせて下さいね。
足跡を残していただく場合は、プロフィール欄からお願いします。


by JKJasmine | 2015-09-27 00:10 | 日常 | Trackback | Comments(8)

便りがないのは・・・

マレーシアに暮らして、そろそろ3年になろうとしています。
3年という期間は、いろいろな例えに使われるように、ひとつの区切りになるのかも知れませんが、私の生活も、ある意味だいぶローカル化してきたように感じます。

”海外移住生活お試し期間”という意味では、無事にソフト・ランディング。
見るもの全てが新鮮という時期はとうに過ぎてしまいましたが、穏やかに落ち着いて来ました。

日本のように効率的な生活とは程遠く、クルマ社会であり、日中は暑くて室内にこもりがち。
”どこが良いの?”と言われると、うまく説明できないのだけれど、物事には表裏あるように、そののんびりとした時間の流れや暮らし、人種や文化のクロスロードのKL生活が、居心地が良くて気に入っています。

さて、そんな自分のKL生活。
時間があるようなないような、自由であり不自由でもあるような毎日の中で、これからはもっと意識して、今までなかなか出来なかったことに時間を使おうと思っています。
最近は特に、内容的にあまりお役に立てないブログとなっていて一時休止も考えていましたが、KL生活のアルバムを閉じるようで迷いがありました。
毎回欠かさず読んで下さる方もいて、とても感謝していますし、友人への近況報告も兼ねているブログですので、ノンビリと更新していくことにしました。

みなさまのブログへ遊びに行く機会は減ってしまうかも知れません。
ごめんなさい。

あまり更新がなくても、それは元気にやっていますということですので、どうぞご心配なく。
気長に末永く、お付き合いいただけたらと願っています。


f0339434_11545823.jpg

by JKJasmine | 2015-09-20 11:14 | 思うこと | Trackback | Comments(14)

Croisserie Artisan Bakery


かつて、KLでも美味しいパンが食べたくて、
ベーカリー探しをしていました。
でもそれも最近は一段落というか、やや行き詰まり気味。042.gif

数が少ない上、通ううちに感動も薄れてしまうので、
目下2~3件のお店のみしかリピートしない日々でしたが、
久しぶりに新しいお店を発見しました♪



f0339434_22564591.jpg

Damanasara Heightsと言えば、
田園調布のような場所でしょうか。
外国人居住区ではなさそう。
マレー系マレー人の著名人が多く住んでいそうな
超がつくほどの豪邸街です。

この一角、
今までは、横目に見ながら、通り過ぎていただけでした。
なぜなら、既に古びて、一件良くあるショップロットのように見えるのです。

でも、今回好奇心から探検してみると、
さすが、お土地柄!
良さそうなレストランや雑貨店、カフェなどが点在して
なかなか面白い一角なのです♪





f0339434_22552092.jpg


Croisserie Artisan Bakery

14 Jalan Medan Setia 2,
Plaza Damansara,
Bukit Damansara, Kuala Lumpur 50490, Malaysia





f0339434_22495337.jpg


店内は、お写真を撮りづらく、
充分にお伝え出来ないのが残念ですが、
入ってすぐのこのケースの中は、
日本風のパンがズラリ。





f0339434_22502749.jpg


奥には、欧風パンが並べられていました。

一見、フランス風のベーカリーなのですが、
良く見ると、日本の面影が随所に。

ご覧のように小麦粉に拘って、
貴重な日本産を使用しているようです。

日本のベーカリーでさえ、
国産の小麦粉を使用しているところは、少ないのではないかな。




f0339434_22510120.jpg



嬉しいことに、2階はイートインのコーナー。
こじんまりした屋根裏風です。






f0339434_17365478.jpg



東京で普段使いに利用していたベーカリーに近い品ぞろえとお味で、
とても親しみを感じました。

子供達へのおみやげにもなるドーナツやメロンパンの類もあるので、
日本の暮らしに戻ったような感覚になります。

やはり、日本で勉強した方が経営しているのでしょうね。




f0339434_22514856.jpg



この近くにお住まいのマレー人セレブの人達が行きかう一角で、
ほっとする日本の影響が強いベーカリーに出会い、
なんだか不思議な感覚でした。


和洋折衷的な日本のパンの美味しさが、
この地区の方たちにも愛されているのだと思うと、
やはり、嬉しいものですね♡
私たちへ向けられる親日感情を垣間見る思いです。

我が家のレパートリーに、ずっと残りそうな気配のベーカリーです。





by JKJasmine | 2015-09-15 08:00 | こだわりのベーカリー | Trackback

DV Ristrante Pizzeria


最近、ショッピングモール内ではなく、郊外のショップロットにあるレストラン巡りがマイブームです。
その良さは、チェーン店にないオリジナリティーのある雰囲気と、丁寧なお料理にありますね。
チェーン店では、冷凍食品かな?と思しきメニューもあったりして、リピートは少ないのです。




f0339434_23464883.jpg

名前は、一瞬引きますが・・笑
今、気に入っているのは、こちらのイタリアン。


"DV Ristranre Pizzeria"



f0339434_23445888.jpg

一見カフェ風のシンプルな内装ですが、
日本人好みで安心感があります。






f0339434_23444881.jpg

最近涼しいKLですので、
エアコンを離れて外テーブルでランチというもの良いかも。

周辺はコンドミニアムもない高級邸宅街で、
静かで解放感もありますし、クルマの往来もありません。



f0339434_23423821.jpg


脇の小道が、なんともステキ。

こういうマレーシアらしい自然な雰囲気に癒されます。



f0339434_23003449.jpg


f0339434_23461662.jpg


この日は週末でランチセットはありませんでしたが、
平日は指定のメインとデザートと飲み物付きで、RM25。
お値打ちですね!






f0339434_23454698.jpg

こちらは、生麺のカルボナーラ。





f0339434_23441923.jpg

上手く撮れませんでしたが、ピザは窯焼きです。

f0339434_23000412.jpg
   
香ばしいピザは絶品! 


イタリア人の店員さん♪
おそらくシェフも!と確信するほど、
日本で食べるイタリアンのお味とは別物でした。


まさに、マンマの味♡
良い意味で大味なところが、
いかにも家庭料理。
まるで知り合いのお家でご馳走になっているみたいで
食べ飽きない美味しさでした。


セットのメインも良いけれど、
お気に入りの一皿見つけて食べに行きたいお店です。



DV Ristorante Pizzeria



by JKJasmine | 2015-09-13 00:00 | ランチ | Trackback

松山 衣食住 職人気質編

書きかけて、途中になってしまっていた松山旅行記、今回は、”食”についてです。

以前も書いたけれど、松山という土地は飲食店が密集し、かつ競い合っていて、長期滞在しても決して飽きることがないほどなのですが、さらに嬉しいのはお値段がとってもリーズナブルなこと。

自分達の直感をもとに入ったお店も、カフェであれイタリアンであれ、どれも全くハズレがなくて美味しかったけれど、地元の方のアドバイスをもとに出かけたお店は、さらにその上を行くクオリティーで感動ものでした。
出来ることなら、いつか取材して特集を組みたいほどです。笑

お店の方がマレーシアから来た自分達に興味を持ち、お話をしてくださる機会もあったので、いろいろ伺ってみましたが、松山には、職人気質の方が多そうだという印象を持ちました。

職人さん達にとっての第一のこだわりは、何と言っても、新鮮な食材が手に入ることのようです。
食材ありきで、松山という土地を選んでいるわけです。
確かに地産地消が出来る土地柄だし、とりわけお魚の鮮度が高いので、どこで何を食べても美味しかったことも納得です。

でもこんなゼータクなことが、もしかしたら地元松山の方には当たり前のことなのかなと思うと、本当に羨ましい。
いいなぁ・・・。


良い食材が職人さんの手にかかり、ハイレベルな作品へと変身。

とあるお店の職人さん曰く、
”松山の料理人は、研究熱心。
良いものを安くというサービス精神も、旺盛です。
ビジネス面で、あまり欲がない人が多いのかも知れませんね”

中には、いつ休んでいるのだろうと思うほど、熱心に仕入れや仕込みをされている職人さんもいらっしゃるとか。
実際、一生懸命調理をする姿を拝見する機会もありましたが、その姿はとてもステキでした。♡





f0339434_13510756.jpg

とりわけ、我が家が気に入ったお店がこちらです。




f0339434_13584322.jpg


前菜の盛り合わせ。




f0339434_23455495.jpg

ランチセットには、スープとパンも付きます。




f0339434_13560960.jpg


イサキのポワレ。
ディナー並みのボリュームで、大満足でした。





f0339434_13565831.jpg


ランチセットのドリンクの選択肢に、
なんとワインあり!
主人曰く、セットドリンクのお味を超えて、
とても美味しかったそうです。





f0339434_23464431.jpg

ランチでも、デザートが選べるなんて
女性には嬉しいですよね♪


063.gif


帰り際、ベレー帽の似合うシェフがわざわざ手を休めて、
私たちのテーブルまでお話をしに来てくださいました。

松山という土地で、レストランを経営する理由として、
東京などの都会と比べて、
まずは、良い食材が安く手に入ること。
いろいろなコストを抑えられるので、
内容の良いメニューを低価格で提供できること。

そして、そのことが自分のやりがいに繋がる
というお話をして下さいました。

私たちはもちろん、次男までも、
すっかりシェフとそのお料理の大ファンになりました♪

また、必ず参ります。
ごちそうさまでした!


Bistrot Langue de chat
〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-14-14 かね八ビル1F
アクセス:伊予鉄道松山市駅 徒歩10分
http://r.gnavi.co.jp/a2d753jk0000/?sc_cid=ptg_rtop






by JKJasmine | 2015-09-10 00:00 | 旅行 | Trackback

どこかで見たような?




f0339434_18583326.jpg


久しぶりにお買いものに来たスーパーで、
ワインフェアをやっていました。

ワイン好きな主人は、あれこれ物色中です。





f0339434_19010997.jpg


でも、お酒がNGな私の視線は、ユニークなディスプレイへ。
ピンクのプードルかな?
華やかですね~♪





f0339434_19004005.jpg


なんだろう・・・。
この親近感。。。♡♡




f0339434_18535703.jpg


そうか!043.gif

シアンのシッポ♪




f0339434_11191842.jpg

オチリまわりは、未だにコアラ風ですが、
退院直後に比べると、
だいぶ ふんわりしてきました。

すっかり見慣れ
もはや、スタンダードになっています。笑






f0339434_22435760.jpg

プードル、ライオン、コアラ、キツネ・・・
見方によって、いろいろな動物に見えるけど
一応ネコです。


なかなかオシャレでしょ?




by JKJasmine | 2015-09-08 00:00 | ネコとの暮らし | Trackback

自由ヶ丘 Cafe Lisette



f0339434_19021105.jpg


たった2日の東京滞在でしたが、
親友と会う時間を持つことが出来ました。

"ステキな場所を見つけた!"
と彼女が選んで下さったのは
自由ヶ丘の熊野神社近くのお店。

懐かしい路地を入っていくと、
その昔、お花屋さんだったところが、ブテイック兼カフェになっていました。





f0339434_19292575.jpg



静かな店内には、一人で食事やお茶に来ている方も。
お店の雰囲気と一体感のある佇まいにハッとさせられました。



まるで、このカフェに来るために選んでいるかのような
上質素材の洋服に身を包み、ひとりの時間を過ごしていました。

そんな女性たちに対して
あまり大きな声でおしゃべりをしないよう気配りも必要なほど、
秘境っぽい雰囲気が漂います。





f0339434_19284454.jpg


オイルをほとんど使用していないランチは、ヘルシー♪

カンパーニュの上にのっているのは、
生ハム、リコッタチーズ、そして、なんとスイカです。







f0339434_19013042.jpg



オリジナルの天然素材の洋服や小物は
肌に優しくて、とても着心地よさそう♪
ナチュラルでキレイな発色でした。

8月の終わりでも、店内は秋モード。
夏物だったら欲しかったなぁ・・・。



手作りのスコーンや焼き菓子もあって、
テイクアウトできます♪






f0339434_19250428.jpg


コーヒーカップ等の雑貨もありました。
二子玉川&鎌倉にもお店があるそうです。





f0339434_18595893.jpg


寛げる空間での楽しいおしゃべりで、あっと言う間の時間でした。
名残惜しいほど居心地がよかったです。

”また次回もここでね!”と約束。



お忙しいのに、わざわざお時間を作って頂き、
どうも、ありがとう♡



  • 〒152-0035
    東京都目黒区自由が丘1-24-6
  • ◆ ブティック tel : 03-5726-9590
  • ◆ カフェ tel : 03-5726-9591
  • 定休日 : 水曜日
  • 営業時間 : 11:00~19:00 Cafe/L.O.18:30

  • by JKJasmine | 2015-09-06 00:44 | 旅行 | Trackback

    ひとりの午後

    ひと足先にKLへ戻って来て、主人はまだ東京にいたこの日。
    息子達も、授業があって不在だったので、
    久しぶりに束の間のひとり時間を持つことが出来ました。


    出掛ける前に、いつもは主人の仕事の郵便BOXをチェック。

    外部の人らしきが、
    ”HELLO!アリガト・ゴザイマス!”
    と声をかけてすれ違って行きました。
    日本語をかじった事のある人って、とても多いようなんですが、
    その人は、”おはようございます!と混同して使っているみたい。(笑)

    親日国家マレーシアですが、
    人種を見分けることにかけては天才的なので、
    きっと私が日本人だって確信したんですね。



    バタバタとしているうちに午後2時を回ってしまいました。
    ラクして、一人ランチをすることに。
    日本滞在中は、朝食を食べていたせいか体重が増えてしまったから、
    軽めのキッシュにしよう♪



    飲み物をオーダーする時に電話が鳴って、
    ”ガムなしで”と言い忘れてしまったけれど、
    ラッキーなことに入っていませんでした。
    ガムなしのリクエストをしてもガム入りの事もあれば、
    言い忘れても入っていないこともある。
    それがマレーシアのカフェの常識です。





    f0339434_17135705.jpg


    しばらくして届いたキッシュの写真撮影。

    いつものカメラを置いてきてしまい、
    使い勝手の良く分からないiPadで撮ったので、
    うまく行かず時間がかかってしまいました。

    ”さあ、食べよう!”と思ったら、今度はカトラリーがない!
    ウエイターさんを呼ぶのって、ちょっと面倒なんです。
    何しろ、なかなか目が合わないので・・・。

    遠くからジェスチャーで伝えて持って来てもらいましたが、
    日本のようにすみません的な表情も言葉もないのがフツーです。

    キッシュが冷めちゃった。。。

    でも、お客さんたるもの、苦情はNG。
    カンペキを期待せず、大らかにふるまうのがマレーシア流。
    そんな風だから、サービスは一向に改善されないままなんでしょうね。
    ただストレスは少なさそうに働いている姿に、
    見ている方もほっとします。。。




    f0339434_18223732.jpg

    今回、日本から持ち帰ったクアラルンプールのガイドブック。
    今までのものとは全く違った内容で、居住者でも参考になります。


    ”大人のガイドブック”とでもいうのかな。
    ページ数は少ないけれど、情報の質が高い。



    063.gif


    さて、お会計に、また時間がかかります。
    テーブル会計なのですが、おつりがとにかく戻って来ない。
    忘れて帰る人がいそうなくらいです。(笑)

    マレーシアの人は、時間の流れに身を任せているように見えるほど、
    緩くのんびりな人が多いですね。

    そんなマレーシア時間を、私は結構気に入っているんです。
    ひとりで過ごすと、その感覚が直に伝わって来て、
    穏やかに癒されてしまいました。


    by JKJasmine | 2015-09-04 00:00 | マレーシア生活 | Trackback

    真夜中の機内食

    KLへの復路便は、深夜発の早朝着でした。
    いつもなら、機内食など一切不要。
    出来ればずっと寝て来たいところです。
    でも今回は、機内食を事前予約してあったので、ちょっと気になっていました。

    実は、午前中に成田を出発する便を予約していたのに、航空会社の都合で突然その路線が廃止になってしまい、一方的に羽田発の深夜便へと振り替えられてしまったのです。

    同日便とはいえ、それなりの理由があって便を選択しています。
    しかも今回は、弾丸ツアー並みのタイトな日程でしたので、成田が羽田になっただけでなく、さらに往復とも発着時間が昼夜逆転してしまっために、事前のスケジュール調整だけでも結構大変でした。


    LCCは、基本となる料金は座席のみなので、座席指定や機内食、預け入れ荷物等、全てオプションで購入します。
    チケット代はもちろん、一旦支払ったものは一切返金されないシステムです。
    それなのに、既に予約を受けていた路線を、いきなり廃止にするなんて!

    しかも、今回は航空会社の経営上の都合なのに、購入した指定座席は許可なく類似した座席へと振り分けられ、それ以外のオプションも、全て勝手に引き継がれるという大雑把さ。
    呆れてしまいました。。。


    けれども、時間が経つにつれ、ローコストでフライトを提供する航空会社なのだから、"採算が取れなければ潔く撤退するのみ"という思考は当然なのかもしれないと、次第に思えて来ました。
    対価に見合ったサービス、これは仕方のないことなのでしょう。
    そもそも、こういうリスクや不都合も織り込み済みなのがLCCというものなのだと、今回ばかりは痛感しました。



    さて、それぞれが3席ずつ独占出来た私と次男は、早速横になって眠ることが出来ました。
    深夜便では、何より嬉しいことですね。
    昼間の便だからと思って予約した機内食も、深夜便となっては、もはや不要。
    ヘンなタイミングで出て来ないと良いなあ・・とだけ思っていました。

    それなのに、ある時、寝ていた私の足をパンパンと叩くスチュワートのお兄さん。
    時計を見ると、深夜一時過ぎ。
    一体何事かと寝ぼけ眼の私に、
    ”食事ですよ。二人分置いていくからね♪”
    と言って、笑顔でテーブルを出し、機内食と飲み物をそこへ。
    完全に、スチュワートペース!005.gif

    これが、日系航空会社だったら、おそらくそっとしておいてくれるのではないでしょうか。
    以前は、起こさずにメッセージカードを残してくれていました。
    ”お目覚めになったら、お声をかけて下さればお持ちいたします。”
    などと書かれていたように記憶しています。
    かなり違うものですねぇ、サービスって。。。
    日本的な気遣いが、とても懐かしく思い出されました。
    気配りよりも、自分がしたい事、自分の任務を果たすことに主眼が置かれるのは、いかにもマレーシアの航空会社らしいです。


    私は、少しだけ食事を口にしましたが、次男は朝まで爆睡。
    一応、早朝に勧めてみましたが、全く食欲なしでした。
    その上、”機内食は機内でだから食べたいけど、家に帰っての朝ごはんの方が美味しいから要らない”
    と言うし、本人に責任があるわけでもなく、結局そのままに。

    全く、状況を察しないスチュワートは、着陸直前に再びやって来て、
    ”なんでオーダーしておいて食べないの?”という表情を見せつつも、さっさと片づけてくれましたけど・・・。


    良くも悪くも他者との間に距離があり、”人は人”と干渉しあわないドライさは、時にラクであり時に淋しくもありますが、日本を離れてみると、こちらのスタイルの方がむしろ主流な気がします。
    日本に帰ると、日本の感覚に一瞬で戻ってしまうけれど、もっとアバウトであることに慣れ、たくましくあらねば。。。

    その後は、また眠ってしまった私ですが、何度か目覚めるたびに、目に入ってくるテーブルに放置されたままの機内食を眺めながら、ぼんやりと、そんなことを思ったりしました。




    by JKJasmine | 2015-09-02 00:00 | 旅行 | Trackback | Comments(6)