Breeze in Malaysia


猫と暮らすマレーシアライフ
by Jasmine
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

卒業試験(IGCSE)終了



f0339434_17080458.jpg

6週間にも及ぶ長かった卒業試験IGCSEがようやく終わり、久しぶりにのんびり気分の週末です。
それにしても長かった〜。
初日のことなど、はるか遠い昔のことのよう。
”這ってでも行くもの”とうわさで聞いたほど、重要で大事な試験。
結果はどうであれ、無事に成し遂げることが出来て良かったです。

親としてはとにかく送迎に明け暮れる日々でした。
この試験中にマレーシアでは総選挙が行われ、まさかまさかの歴史的な政権交代劇がありました。
平日に設定された投票日は休日扱いになり、勝った野党の公約通り、翌日翌々日も臨時の休日となりました。
それでも外部試験は通常通り行われるので、静まり返った学校へ。
予想外の渋滞やデモにも備えて一層早めに家を出たりするなど送迎する親も緊張したものです。
また、ちょうどラマダン(断食)期間中にあたりムスリムの生徒は大事な卒業試験と言えども昼食を摂ることは出来ません。
そんな状況下でも全世界レベルの英国式統一試験は淡々と行われていきました。
本当にみんなお疲れ様〜。


f0339434_17084269.jpg


Additional Mathsが試験日程最終日に設定されていた関係で、これを受験する次男達は最長の受験期間を過ごすことになったのですが、試験終了後にはそのメンバーで”恒例の答え合わせタイム’に加えてお世話になった数学の先生を囲んでの記念撮影もしたりして、試験終了の開放感を味わっていたようです。
このAdditional Maths履修メンバーと先生との相性は抜群で、結束力もとても強かったようでした。
お互い良きライバル同士でもあり、いつも自由な雰囲気の中で学んでいる様子が羨ましくもありました。

その生徒達の今後の進路を聞いてみると、大半の生徒が大学進学準備のためシンガポールやイギリスなど海外のコースへ進学するのだそうです。
中には、中学生の時に中国大陸から英語も不自由なままたった一人で送り込まれて来て、寮生活をしながら学んで来た富裕層の子女も含まれています。
うちは、既に”海外”なもので(笑)、とてもそんな発想はなかったのですが、一部の教育熱心なご家庭はいち早く海外に送り出すことを重要視しているのでしょうね。
先生も来年度からは別の国のインター校への移籍が決まっているそうなので、皆が揃うのはその日が最後なのかも知れません。
それでも感傷的にならずにいられるのは、SNSがある今の時代、いつでもどこにいても連絡を取り合うことが可能だからなのでしょう。
試験最終日に学校の門を出る時に胸が一杯になったのは、母親の私だけのようでしたよ。



[PR]
by JKJasmine | 2018-06-08 17:25 | 息子たちの記録 | Trackback

続 お弁当の定理

あと1項目で卒業試験も終わり。
その後はAレベルに進学予定の次男は別の学校へと移る予定なので、今のインター校でのお弁当作りも終了です。

長男の中高時代を通じて仮説を立てた”お弁当の定理”
果たして、次男のケースにも当てはまったのかしら。。。。

振り返れば、最初の学校には食堂と呼べるような施設もなく、日替わりで販売される食事が辛すぎて食べられなかったという初日の経験がトラウマになり、”毎日お弁当を作って欲しい!’と自らお願いに来たのが始まりでした。

次の学校には学食が完備されていたので時々利用してくれるかな〜と淡い期待を抱いていたのですが、好みのメニューがないことに加え、独特の匂いや衛生状態に抵抗があったようで,こちらも全く興味なし。。。
日本風の食材が思うように手に入らず大したものは作れないけれど、”それでも構わないから毎日持っていきたい!”とまたしても懇願されてしまいました。

3校目にあたる今の学校でも状況は同じ。
ここでもメニューは、毎日同じオリエンタル料理か簡単な洋食系が数種類あるのみ。
よって、最後まで”学食嫌い”を貫き通した次男でした。
日本的な味付け、日本米などにこだわる次男には、マレーシアのスタンダードは相当ハードルが高かったようなんです。
まぁ、正直言って無理もない気もします。
私も一度ラザニアを食べてみたことがありますが、機内食の方がずっと美味しいかな〜というレベルでしたから。笑
私が生徒でも、お弁当の方が嬉しいだろうなぁ。。。

当時はまだ授業についていくのにも必死で精神的にキツイことも多い日々だったようで、毎日疲れ切った様子で帰宅していた次男の姿は時に痛々しいほど。
学校での唯一の楽しみと癒しが家から持参する食べ物と言い張る彼を見ながら、ずっと頭に中にあった”お弁当の定理”
私も応援しなければ。。。
結局通算5年半、毎日お弁当とスナック作りを担当することになった母なのでした。


f0339434_17045636.jpg

早朝のスクールバスに間に合うように暗いうちから始めるお弁当作りは、たとえ簡単なものとはいえ大変に思うこともありました。
でも辛かったかというと、それは違うかな。
なぜなら、日頃から食べることが大好きで味に敏感なタイプの次男ですので、日々反応があったからです。
例えば、同じ唐揚げでも部位や味付けを変えただけでも、ちゃんとコメントが返って来ました!
”今日のお弁当は美味しかったよ〜。あ、いつもだけどね。”
と言ってもらった日などは幸せな気持ちでいっぱいになり、多少の労も報われる思い。
常に感謝の気持ちや感想を、様々な表現で返してくれた次男でした。


英語で学んでいる次男を私が直接サポート出来ることといえばお弁当作りくらいだったのですが、ひとたび学校へ行けば、日本的なものは一切ない中で一人で頑張らなければならなかった彼にとって、このお弁当こそが何より欠かすことのできないものだったようでした。
”思春期の男の子は、お弁当を通じて家庭と精神的に繋がっている”というお弁当の定理。
少なくとも我が家では定説となりました。





[PR]
by JKJasmine | 2018-06-03 17:17 | 息子たちの記録 | Trackback

卒業試験(IGCSE)

目下、次男はIGCSE(International General Certificate of Secondary Education)の試験期間の真っ最中です。

IGCSEというのは、Year 11の学年末に受験するイギリス式の義務教育終了時の統一試験の国際版で、地域性を考量した内容及び選択科目となっています。
相対評価でA+からF段階まで成績がつくのですが、イギリスのイグザムボードに登録される成績は、就職時など後々も生涯に渡って付いてまわるものと言われています。
科目毎にC(=Good)以上が良い成績とされているとか。
とは言うものの、有名大学進学のためのコース(AレベルやIB)へ進むためには、IGCSEの一定以上の履修科目数や高い成績が必要になるので、生徒は一生懸命頑張って好成績を収めるために勉強することになります。

Year11も後半になると、学校でも過去問を解くなどの受験体制をとってくれるのですが、到底学校任せにばかり出来ないのが現実でした。
塾や家庭教師をつけている家庭も多いと思います。

しかも、3月末で学校はExam Leave (自宅学習)期間に突入し授業はなし!
5月から始まる1ヶ月以上にわたる試験終了時まで、ずーっと本人の主体性と自己管理能力に任されてしまうのです。

うちは本人の希望で塾にも行っていなかったので、当然のように親掛りとなってしまっております。
膨大な量の過去問の管理、独自の採点基準を考慮しながらの答案添削、分からないところの解説、そして時にメンターの役割まで、”パパ先生”なる主人が引き受けてくれています。
(受験生の次男より勉強してるかも?!)

統一試験といっても、学習内容は生徒の能力によって様々です。
日程は不規則な上、履修科目の数によっても負担が大きく違って来ます。
次男の場合は多い方でしょうか。(6週間で試験項目が18)
英語もFirst Languageを選択しているので、かなり大変そうです。

次男は小学校高学年でマレーシアに移って来たので”親子の受験”と言われる中学受験を経験していませんが、なんだか長男の時のそれを思い出させるよう。

時々次男の部屋からは親子バトルの声が聞こえてくることもあり気を揉んだりもしましたが、その心配も束の間のこと。
ケンカしてもお互いなんとか気を取り直し、目先の試験科目の勉強に父子揃って仲良く取り組む。
日々、その繰り返しといったところです。
試験も後半に差し掛かり二人の息も合って来たのか、最近では笑い声もよく聞こえて来るようになりました。


確かに主人は過保護かも知れないし、次男も依存心が強いところが悩みでもあります。
でも、海外で教育を受けている日本人家庭として、こうやって自力、なおかつ親子で協力をしていかないと立ち行かないのも事実なのです。
英語で学ぶ上でのつまずきを日本語でカバー出来る人は身近に父親しかいませんし、本人の体調や精神面も考慮してその日のスケジュールを組めるのも家族以外にいません。
今は確かに父親がかりでも、パパ先生が勉強を見てくれたこと、常に献身的にサポートしてくれたこと、どんな時でも見放さずにいてくれたこと。。。
勉強した内容はいつか忘れてしまうかも知れないけれど、父親と一緒に頑張ったことは、きっとずっと彼の記憶の中に残るんじゃないかな。

この卒業試験が、思春期ただ中の次男が父親への信頼感をしっかり確立するイベントとなってくれると良いなぁと思って見守っています。



f0339434_17140671.jpg


[PR]
by JKJasmine | 2018-05-21 17:35 | 息子たちの記録 | Trackback

さあ、夏休み!

夏休みが始まりました。
私がそれを実感するのは、キッチンの引き出しの奥に、そっとお弁当箱をしまう瞬間。
ひそかに安堵の気分に浸れるひと時なんです。


KLでは思うようにお弁当の食材が手に入らないので、たまにでも学食でランチを食べてくれると助かるのですが、その話になるたび決まって顔が曇る次男。
いまだにローカル色の強いものへ抵抗があるようで、”どうしてもお弁当にしてほしい”と。。。

たとえ私のレパートリーが少なくても”いつも感謝してるよ〜!”と言ってくれますが、お弁当の段取りのことがいつも頭の中にあるので、夏休み中は私にとっても開放感があります。




f0339434_21215589.jpeg


パパ先生のおかげで、期末試験の結果が良いものとなったこともあり、初日は豪華に労いのランチに出かけました。
もちろん一応の主役は次男ですが、皆それぞれのカタチで応援して来たので、4人でお茶で乾杯!🍵

インター校では、6月は学年末でもあります。
テストの結果も大事だけれど、各教科の先生が書いて下さるコメントの内容がおしなべて今までで一番良いものになったことが、親としては何よりでした。
”He has grown in confidence over this year and come out of his shell."
特に数学の先生のこのコメント、嬉しかったです!

学校生活においてはいろいろ大変なこともあるようで疲れ切って帰って来る日も多かったけれど、今の環境が辛いとは言わなくなったし、学校生活も楽しんでいる様子。
本当にこの一年間もよく頑張り、成長したね!

夏休みは少しゆっくり過ごそう。
大好きな日本では懐かしいお店を尋ね、一緒に美味しいものをたくさん食べよう。


[PR]
by JKJasmine | 2017-06-27 08:36 | 息子たちの記録 | Trackback

1日オリンピック選手に

学校を1日抜けて、〇〇オリンピックなるイベントに参加した次男。
生物・化学・物理の中から、適当と思われる生徒を学校側がピックアップし、そのうちの一つに”ご招待”を受けたのでした。
といっても、交流イベントの一環のような位置付けでしょうか。
日本のように、全国から精鋭が集結するような規模のものでは全くないようでしたよ。


いくつかのインターナショナルスクールから参加してきた生徒とランダムなチームが組まれ、一緒に課題に取り組むというものだったらしく、日頃、他校の生徒との交流がほとんどない次男なので、とても良い刺激になったようです。

個人としては、それなりに活躍する場面はあったようですが、メダルがもらえるのはチーム単位のみ。
入賞には至らず残念がっていたものの、アジア人の方が計算能力が高そうだとか白人は発想力に長けた人が多いようだとか、わずか1日のオリンピックでも選手同士の国際交流や発見があったようです。

そうそう、せっかく晴れてメダルを取ったというのに、中には参加証が貰えれることの方が嬉しいと言っている生徒もいたそうです。
どうやら、それが大学出願の際の添付資料としても有効なので、たいそう魅力的なんだそう。
まさに、”参加することに意義がある!”って感じですね。


また、開催校の超豪華な設備などを羨ましがる発言もちらり。
特に校庭が、それはそれは広かったんだそうです。
マレーシアでは、一口にインター校といっても、レベルや設備、それに人種構成や費用もまちまちなので、細かい点を言ったらキリがない。
本人も2度の転校の末に行き着いた今の学校をとても気に入ってるはず。。。 
そこで、
”ちなみに一番羨ましいのはどこ?”と聞いてみたら、
”トイレがキレイなこと!”
なんだ、そんなことか。😅
今どき男子の発言だなぁ。



試験期間とも重なり、一時は負担だ〜とか面倒だ〜とかの後ろ向き発言をしていた次男でしたが、
”やはり参加してよかったよ〜。良い経験になった!”とお迎え時の第一声。
このイベントのために臨時送迎をしなければならなかった親としては、満足そうな表情はやはり嬉しいものですね。
当日の参加賞として、Tシャツを頂いて帰ってきました。
これがなかなかにカッコよくて、主人が密かにテニスウエアーとして狙っているようなのですが、それは断固阻止したいと思います。
一応''オリンピック''出場記念品ですからね。😊🇯🇵



f0339434_17093680.jpeg

[PR]
by JKJasmine | 2017-06-08 22:25 | 息子たちの記録 | Trackback

パパ先生は大変。。。Part3

”怒涛”の期末試験が終わりました。
数学は良い評価が出たようですが、あとは結果待ち。
本人の自己申告によると、出来は教科によってまちまちだったようです。
でも、まだ受験はかなり先なので、反省点も含め明日に繋がれば、今はそれで十分だと思っています。


それよりも、今回の試験勉強期間を終えて感じたのは、親子共に成長する良い機会になったということ。

インター校で英語での勉強がどんどん難しくなって行く中、のん気な次男と傍で気を揉む主人。
どちらの気持ちも分かるし、どちらについて良いものやら。。。。
その狭間で、ずーっと悩んでいた私でしたが、
”自立のためにも、ここは一旦、本人の主体性に任せてみるべき”
という態度に決めたのが、今年の前半のことでした。
結果は、以前も書いた通り。
母親を味方に付けたと思ったのか、ラクな方へとなびいてしまったのです。

期末試験が迫り危険信号が点灯してから、手を引いていたパパ先生が再登場してくれ、そのおかげでどうにか乗り切る事が出来ました。
素人なので、ブランクがあった分、主人はさぞ予習が大変だったことでしょう。

さらに次男は
”短期間でここまで挽回したんだから、自分もやればもっと出来るのかも!”と自信までつけて貰いました。
度々反発していた”パパ先生”に対しての評価は、今回の件で一変したのではないかしら。

🗒

以前、長男の中学受験の際に聞いた塾の先生のお話が思い出されました。

”高校受験は、思春期と反抗期とが重なり大変だ。
中学受験は、目標に向けて親子で頑張れる最後の時期です。
上手に乗り切れば、その後の親子関係にも、プラスの効果がありますよ。”

我が家の場合、今回そのどちらも同時に経験した様な感じでしょうか。


📖


受験生としての生活は、まだまだ続きます。
これからもいろいろ大変な局面はあるのでしょうが、もしかしたら反抗期を乗り越えるキッカケになりそうな今回の出来事です。
次男においては自立にはまだ時間がかかりそうですが、日々少しずつ成長しているのも事実。
もうしばらくは、親も忍耐が必要なのかも知れないなぁと思います。
性格も、生きる時代も、学ぶ環境も違う息子と関わることで、私も主人も日々多くのことを学ばせてもらっているんですね。

あと少しすれば気づいてくれるかな。
勉強サボったのは、自分の幼さゆえだったこと。
今の苦労が、のちに自分を支えるチカラになるだろうこと。


f0339434_17091754.jpeg

[PR]
by JKJasmine | 2017-06-07 17:58 | 息子たちの記録 | Trackback

パパ先生は大変。。。

受験学年に突入している次男。
あんまりその自覚がありません。

英語がほぼゼロの状態で来馬しインターナショナル・スクールに通う事になった次男。
いきなり高学年の教科を英語で受けるのは簡単なことではないし、相応の時間も要するので、未だもうひと頑張りが必要な教科もあります。
たとえようやく英語力が付いて来ても、その一方で勉強の内容がどんどん難しくなっていくものだから、辛いところですよね。

日本であれば、塾や家庭教師に頼ったり、時には友人同士で切磋琢磨なんてことも可能なのかもしれませんが、そういう環境も、ここには満足になく。。。
やはり日本語で”カユイところに手が届く”ような授業をしてくれる先生でないと効果が得にくいだろうと思うのです。




f0339434_21031411.jpeg



ここへ来て、得意教科であるはずの理科が苦戦気味になって来てしまいました。
来週の学年末テストは重要な評価対象ということで、本人もどうして良いものやら。。

そんな折、ついに見かねた主人が再度、教師役を買って出てくれています。

大変なのは、主人。
帰国子女でもない彼が、英語で理科3教科を、自分の時間の全てを捧げつつ夜遅くまで頑張って予習をしているんです。
時々辞書を引き、内容を理解し、教え方を考え。。。


親が子の勉強をみるのはオススメしないと、いろいろな方から言われます。
それには我が家も全く同感!
でも、海外ではそんなことも言っていられません。
主人も、早く本人が自立して勉強できるようにと根気よく働きかけを続けているけど、次男は年齢的なこともあるのか、自立心と依存心の間を行ったり来たり。
”パパ先生”に頼りたい気持ちがある反面、時々煙たそうな表情を見せる。
結果、しばしば父子バトルモードになることもあり、その都度、傍で気を揉む私です。119.png


だけど。。。
さすがにこの場に及んでは、もはや”背水の陣”
目下主人と次男は、来週の試験を乗り切るべく、心を一つに頑張って勉強をしております。
パパ先生の奮闘に感謝しつつ、私も微力ながらバックアップしたいと思います。




f0339434_22593471.jpeg


[PR]
by JKJasmine | 2017-06-02 12:12 | 息子たちの記録 | Trackback

最新の記事

寝落ち
at 2018-06-19 15:59
卒業試験(IGCSE)終了
at 2018-06-08 17:25
続 お弁当の定理
at 2018-06-03 17:17
卒業試験(IGCSE)
at 2018-05-21 17:35
本日開店(らしい)パン屋さん..
at 2018-05-18 15:57
桜吹雪
at 2018-04-17 23:41
Happy Chinese ..
at 2018-02-14 17:50
星乃珈琲店オープン!
at 2017-12-15 14:37
1ヶ月振りの更新です。
at 2017-12-12 15:29
帰省のあり方
at 2017-11-10 07:12

検索

ブログジャンル

海外生活
猫